\ ちょっとお知らせでーす /

☆絵本ライブ情報はホームページのイベントじょうほうで。
 依頼と問い合わせもオフィスまけホームページからおねがいします!
 
 みなさま、どうぞよろしく!


2017年07月05日

プロフィールのアイコンをかえましたよ。

絵本ライブのチラシやポスターを作成していただくとき、ホームページやブログのまっさん&けいちゃんの顔アイコンを「つかわせてほしい」と、ときどきいわれます。

ついこのあいだも秋のイベント主催者から「つかいたのですが…」といわれたのですが、けいちゃんの髪がずいぶんながいことと、印刷には荒い解像度の画像しか残っていなかったことから、あらたに描きなおすことにしました。

mk_170705_newprofill.jpg

いま、みなさんが読んでいるブログの左上のアイコンもすでに変更済み。

ホームページもおなじく上の画像のうちの下のまっさん&けいちゃんを使用。

ただし、けいちゃんのTwitterのアイコンは画像上の「筆をふりまわしいるバージョン」で。

まっさんのFacebookは、まにあわなくてまだそのままです。

たぶん、本日中に変更されます。

よかったらのぞいてみてください。

よろしく〜〜〜



posted by オフィスまけ at 08:00| Comment(0) | TrackBack(0) | イベントかんけい | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月04日

図書ボラのみなさんと交流会でおもったこと。

きのうは、三浦市内の図書ボランティアのみなさんがあつまって交流会。

市内8校のうち6校18名が参加。

きまった議題があったわけではありませんが、ざっくばらんにいろいろな話ができてとっても有意義でした。

話のなかでちょっとおもったことがありました。

あたりまえのことだけど、図書ボラのみなさんは、何千何万の絵本のなかからいろいろな気持ちで選書しているんだよね。

学年や季節を考慮するなんで、あたりまえもあたりまえ。

クラスの雰囲気や授業のすすみぐあい。

子どもたちの個々の発達のぐあいを意識して。

ときには、たったひとりの児童のために選書に苦心する。

いっぽうオレらは、自作の数十冊のなかから選ぶだけ。

しかも、絵本ライブではスタッフさんにスクリーン映写のオペレーションをおねがいするので、選書も読む順も本番でかえることはいっさいなし。

子どもたちの反応や会場の雰囲気で、まっさんのMCだけがそのときどきで変化するだけ。

いつもおもっていることだけど、あらためてかんじました。

日ごろの図書ボラさんの活動があって、じぶんたちの活動がなりたっているんだな〜と。

それだけではありませんよ?

(あまりしられてないかもしれないけど、ほんとうはけっこう気分屋の)けいちゃんは…

mk_170703_koryukai.jpg

なかよしのちばちゃんにさくらんぼをもらってごきげんでした〜笑

あ、ちばちゃんのうしろは、三浦市内の図書ボラの中心人物であるかめちゃん。いきなり写真を撮ったらちょっと「残念な顔」になっていたのでぼかしちゃいました。

けいちゃんいわく「かめちゃんは美人さん」なんだそうです。(そうなのか?)

そんなこんなで、全国の図書ボラのみなさんにあらためて感謝です。

ありがとうございますっ!



posted by オフィスまけ at 08:00| Comment(0) | TrackBack(0) | イベントかんけい | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月03日

オフィスまけプロデュースみうらツアーの参加者募集?

海開きしたばかりの週末。三浦海岸はたくさんのひとでにぎわっていました。

みなさんも三浦にあそびにきませんか?

というわけで参加者募集?

mk_170702_miuratabi.jpg

いえいえ、募集はしていませんがオフィスまけプロデュースの「みうらツアー」です。

とある団体さんに「いってもいい?」ときかれて、ただたんに家におまねきするだけではおもしろくないので、京浜急行のみさきまぐろきっぷをつかってのコースを提案させていただきました。

だれでも歓迎しまーす!

とはいえませんが、ふたりがごいっしょしなくていいのであれば、いつでもかってにきてください。

まってるよ〜〜〜



posted by オフィスまけ at 08:00| Comment(0) | TrackBack(0) | イベントかんけい | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月02日

けいちゃんの本格趣味復活〜の初日

昨年の今ごろ、ブログにもかいたけいちゃんの本格趣味復活のこと。

祭りで神輿をかつぐのがだいすきなけいちゃんが、三浦半島の総鎮守である海南神社の例大祭でじつに10年ぶりに神輿復活するのです。

なぜ、どういった経緯で〜って、くわしくはちょっとながいけど、こちらをよんでもらうことにして。

きのうはその練習ってことで、初めての顔あわせにいってきたけいちゃんです。

mk_170701_matsuriren.jpg

白足袋と上下の白ダボ(祭りの衣装)は、初声小学校図書ボランティアじゅげむSさんの娘さんのおさがり。

そして、白の半纏と紫のたすきは、おなじく初声小学校のF校長先生にお借りしたもの。

祭りでは木遣り(歌い手)をつとめるF先生が、なにからなにまで段取りしてくださって、きのうも家をでる数時間まえにわざわざ電話してくだって、

「きょうは衣装はいらないです」とね。

はりきって着ていたけいちゃんは、いっしゅんがくっとしていましたが、でかけるときは満面の笑みで再来週末はいよいよ本番です。

がんばってかついでくるんだよ〜〜!



posted by オフィスまけ at 08:00| Comment(0) | TrackBack(0) | (ま)と(け)のふつうの生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月01日

絵本をもっと読んでほしかったです。

とつぜんですが、絵本ライブで主催者さんがお客さんにアンケートをとってくださることがあります。

でもって、こたえてくださったお客さんの声に、

「絵本をもっと読んでほしかったです。」

というのが、年に1度ぐらいかなあ。ときどきあるのです。

このあいだの武蔵野市立中央図書館でもありました。

この気持ちはね、すごーくわかります。

なんてたって、このあいだの絵本ライブでは90分で6冊

そのなかには、『ぱんつくったよ。』みたいなクイズ形式でストーリーなしとか。

『どんどんめんめん』みたいに会場をまきこんで、ノリだけでつっぱしっちゃうのもふくまれるわけだから。

「絵本をもっと読んでほしかったです。」

はい。ごもっともです。

ただ、どうなんだろう?

ふつうに絵本を読むなら「おうちで読んであげてください」って気持ちもあるし。

図書ボラさんが、図書館や学校で読み聞かせをたくさんしてくれてるし。

あえて、オレらが、絵本ばっかり読んでもなあ〜と、おもうのです。

自作にかぎっても、そこそこ点数はあるよ?

mk_170701_ehonehon.jpg

でも、やっぱり、そのまま読む時間もだいじだけど、まずは「本を好きになるきっかけ」として、じぶんたちにしかできない演出をこころがけて、絵本ライブをしているから。

たぶん、これからも「絵本をいっぱい読んでほしい」ひとには、ものたりないとおもいます。

ホンネをいうと、たんじゅんに絵本を読んでるだけのほうがらくちんです。

あくまでも、じぶんの経験においてですが、小さい子(未就学児ぐらい)はけいちゃんが絵をかいたり、まっさんがトークをしたりするより、ふつうに絵本を読んだほうがしっかり聞いてくれます。

そりゃあ、そのほうがらくちんですよ?

だけど、それじゃあ(おもにオレが)おもしろくないもん。

読み聞かせするだけなら、オレらよりうまいひとがいくらでもいるもん。

というわけで、これからもいままでどおりの絵本ライブでいかせていただきます。

どうぞよろしく〜〜〜


posted by オフィスまけ at 08:00| Comment(0) | TrackBack(0) | イベントかんけい | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月30日

かつてのにぎわいをとりもどしたい三浦海岸の海開きです。

おまたせしました〜!

本日、6月30日は三浦海岸の海開きです。

むかしむかしは、それはもうたいへんなにぎわいだったそうですよ。

三浦海岸海水浴場。

9年まえに引っこしてきた平田さんちなので、それ以前のことはわかりませんが、ネイティブ三浦人のみなさんが、とおーい目をしてかたっているかつての栄華。

アイドル歌手がたくさんやってきて、都会から臨時列車に乗っかって、わんさか若者がやってきたそうです。

mk_170701_miurakaigan_festa.jpg
スクリーンショット@カナコロ|神奈川新聞ニュース

聖子ちゃあ〜ん!

おお〜このひと芸能音痴のオレでもしってますよ。

なんでも昭和の時代に三浦海岸フェスタというイベントがあったらしいです。

レジャーの多様化で、かつてのにぎわいを100%とりもどすのはむりだとしても、いまも関係者のかたがたはがんばっています。

ことしは、夏限定のライブハウス・音霊 OTODAMA SEA STUDIO 2017が逗子海岸から引っ越してきて、こちらも本日オープン。

「聖子ちゃあ〜ん」はきませんが「(稲川)淳二きゃあ〜」と怖い話をするそうです。

電車に乗っかってくるかたは、京急各駅から三浦海岸までの往復きっぷと海の家利用券がついたみうら海水浴きっぷがお得です。

数年まえから登場したこじゃれたかんじの海の家 夏小屋もあります。

手ぶらでBBQができちゃうSAGAMI茶屋なんてのもあります・

それから、三浦海岸以外の三浦市内の海水浴場情報はこちらで、みなさま、ぜひぜひ、あそびにきてください。

まってるよ〜〜!



posted by オフィスまけ at 08:00| Comment(3) | TrackBack(0) | (ま)と(け)のふつうの生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月29日

さいきんめっきりソフらないけいちゃんにかわって?

はい。昨日、武蔵野市立中央図書館絵本ライブレポートをおえたところですが、ちょっとおまけの帰り道。

さいきんめっきりソフらないけいちゃんにかわって、まっさんはどうしてものみたくなっちゃったのです。

ハニーズバーってしってる?

東京人はとうぜんしっているとおもわれますが、神奈川のすみっこのいなか者のふたりは、このあいだはじめてしりましたよ。

まずは新宿駅で山手線から中央線への乗りかえのホームで発見。

ハニーズバー!

大阪でよくみるようなジューススタンドで、

「お、なんかおいしそう〜」と、おもいつつ中央線で三鷹駅。

ホームに降りたつと、またしても目のまえに、ハニーズバー!

でもって、絵本ライブをおえて帰りは吉祥寺駅。

改札口をはいってすぐそこに、ハニーズバー!

なんかもうサブリミナル効果的にまっさんの脳にきざまれて、のまずにはいられませんよ?

でも、ハタチぐらいの若い女性の店員さんに注文するのがアラフィフのおっさんはとてもはずかしくて、

mk_170625_honeysbar.jpg

けいちゃんにおねがいして買ってもらいました!

バナナジュース!

格別においしい〜ってかんじではありませんが、すっごく達成感がありました!

じぶんでかったわけでもないのにね……

ちなみに、けいちゃんはさそっても「のみたくない」と、つれないお返事。

でも、ころんでもただではおきないタイプのけいちゃんなので、パッションフルーツ?かなんかを試飲していましたよ。

絵本ライブの帰りには、ごほうびソフトクリームが定番のけいちゃんですが、さいきんはソフる回数がめっきりへってしまいました。

なんかねえ、えんりょしてるみたいなんだよね。

そんな必要ぜんぜんないのにねえ。

なので、イベント主催者のみなさん、ぜひぜひ、さそってあげてください。

「けいちゃん、ソフろう!」ってね。

どうぞよろしく〜〜〜

そうそう。この数年ぐらいで? いつのまにか東京に増殖していたハニーズバー!

気になったので、帰宅後にしらべてみたら、JR東日本グループの直営だった。

どうりで、あっちこっちの駅構内にあるわけだよ。

以上、うまいこと商売にのせられてしまったまっさんでした…



posted by オフィスまけ at 08:00| Comment(0) | TrackBack(0) | イベントかんけい | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月28日

武蔵野市立中央図書館絵本ライブ!後編はすごいぞ団体貸出

6月25日。武蔵野市立中央図書館の絵本ライブ。

担当Kさんに「終了後は文庫のかたがたと懇親会を〜」と、きいていましたが、

「文庫のかたがた」とは?

全国各地には、おもに児童書をたくさんそろえた私設文庫があります。

本がすきだから。

地域に図書館がないから。

人がつどう場をつくりたいから。

子どもがすきだから。

理由はいろいろあるとおもわれますが、ほとんどのみなさんが私費で本を買いそろえているのは共通しています。

「文庫のかたがた」ですから、武蔵野市内には「たくさんの私設文庫があるんだねえ〜」と、けいちゃんとはなしていたのですが、それがちょっとちがいました。

mk_170625_obento.jpg

おひるのおいしいお弁当をいただきながら、はなしをうかがったところ、武蔵野市立図書館では、一般貸出用図書とは別に団体貸出用の蔵書が約25,000冊もあるそうです!

つまり、場所を提供すれば図書館の蔵書で文庫がひらけるのです。

すばらしい!

もちろん、場所と時間を提供するだけでも、とてもたいへんなことですから、みなさんがらくをしているわけではありませんが、それってすてきな取り組みですねえ。

武蔵野市ではもう何十年もまえから、私設文庫などを対象に団体貸出をしているそうです。

団体貸出。

はじめて知ったことばですが、こういうシステムは全国各地の図書館にけっこうあるのでしょうか?

ごぞんじのかた、ぜひぜひおしえてください。

というわけで、絵本ライブ後の懇親会は、市内で文庫を主催するかたがたの「文庫連」のみなさんといっしょ。

ライブにつづいて、たのしい時間をすごさせていただきました。

武蔵野市すばらしい!

財政破綻寸前の三浦市からみて、

武蔵野市うらやましい!

と、嫉妬にまみれつつレポートはおしまいです。

図書館担当Kさんほかスタッフさん、文庫連のみなさん、そして、あつまってくださったみなさんに感謝です。

ありがとうございましたっ!

次回の絵本ライブは、中央区立日本橋小学校です。

1年生のみんな、まっててね〜〜〜



追記/Facebookにコメントをたくさんいただきあらためて調べたところ、地元三浦市にも「団体貸出」はありました。ただし蔵書は一般書架と同じかつ20冊までの制限あり。自治体によっては一般貸出でも点数制限がないところがあるので名ばかりの「団体貸出」でした。残念。がんばれ三浦!財政破綻するなよ〜!



posted by オフィスまけ at 08:00| Comment(0) | TrackBack(0) | イベントかんけい | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月27日

武蔵野市立中央図書館絵本ライブ!前編は絵本ライブ編

というわけで、きのうのブログにかいたとおり、もとしたいづみさんもきてくださった武蔵野市立中央図書館絵本ライブレポート。

前編は絵本ライブ編です。

6月25日。朝6時すぎ。ちょっと早めの出発。

品川から新宿にでて、中央線に乗りかえて三鷹駅。

そこから図書館までタクシーでいくつもりでしたが、予定より早くついたため路線バスの案内をみていると、都議会選挙で駅前応援演説をしていた三鷹市?武蔵野市?の市議会議員のかたがていねいにおしえてくださいました。

おそわったとおりに、すんなり路線バスにのって料金節約。

市議会議員さんに感謝。

ま、オレら神奈川県民なんだけどね。

すみません…笑

そんなこんなで、政治家のはたらきかけもあって、あっというまにやってきました武蔵野市立中央図書館。

図書館の担当Kさんからは、もともとは国土社の営業シュレックンの推薦をうけての依頼だったのですが、当のシュレックンは7月より国土社を退社してほかの版元に移籍……

はい。児童書業界は、編集さんも営業さんもぐるぐるまわって経験値をあげていく〜みたいなところがあるのです。

もっとも大手出版社のかたはあまり異動しないかんじなので、やっぱり(小声で)給料がいいとふんばるだろうね。

えー、そんな裏事情へ脱線しつつ、10:30より絵本ライブスタート。

90分のセットリストはこんなかんじ〜

1.『どんどんめんめん』
── みんなでかけ声「むさしのうまいもの○○○」
2.『すいかのめいさんち』
── MC「七五調のリズム」
── ライブお絵かき「いるかはさかなじゃないんだよ。」
── てあそび「とんとんとんとんひげじいさん」からの
3.『おとん』
4.『ぱんつくったよ。』
5.『おかんとおとん』
むりやりアンコール
  『おかん』

まいどおなじみ「どんぐりころころ」のメロディにのせて、武蔵野市のうまいもの・いいところは〜

なんだとおもいます?

都内で住みたい街ラインキング連続1位記録をもつ「吉祥寺」は武蔵野市です。

その吉祥寺駅すぐの「井の頭公園」もまた武蔵野市です。

それでは「うまいもの」はなんでしょう?

じつはですねえ…


♪むさしの うまいもの うどうーど〜〜〜


正解は「うど」でした。

「どんぐりころころ」のメロディにのせるために2回くりかえして、


♪むさしの うまいもの うどうーど〜〜〜


それでは、ちょっとすくなめですが、さいごまでおつきあいいただいたお客さんをご紹介〜

mk_170625_okyaku3.jpg

イエ〜イ!

もちろん、もとしたいづみさんもいますよ。

ぜひぜひ、さがしてみてください。

ところで、この日は一般のお客さんのほかに「文庫連」という団体のかたがスタッフとして参加されていました。

文庫連。

これまたなんだとおもいます?

レポートは後編につづく〜〜〜



posted by オフィスまけ at 08:00| Comment(2) | TrackBack(0) | イベントかんけい | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月26日

うわさをすればもとしたいづみさん

とつぜんですが、けいちゃんこと平田景さんは、志茂田景樹さんがテキストをかいてくださったデビュー作『みどりがめゆうゆうのびっくりおさんぽ』以来、まっさんこと平田昌広以外の作家と組んでの絵本や童話はひとつもありません。

(書籍の挿し絵などのピンしごとはあります)

まっさんのことがすきすぎて気がつけばそういう結果に……ではなく、たんに依頼がなかったからそうなっただけです。

それはさておき数日まえ。

ある訃報にふれてけいちゃんがひとこと。

「まっさんが死んだらどうしよう…」 と。

じぶんが死んだあとではなく、あいてが死んだって前提なのがびみょーですが、まっさんはこたえましたよ。

「ん? だれか人気作家にかいてもらったらいいじゃん?」

「え? 人気作家?」

「もとしたいづみさんとか…」

そして、うわさをすれば、きのうの武蔵野市立中央図書館絵本ライブに〜

mk_170625_motosita3kei.jpg

もとしたいづみさんがきてくださいました〜!

わーい。わーい。

じつは先月、とある席で、はじめてもとしたさんにおあいして、

「いつかおしごといっしょにしたいです」

と、けいちゃんは告白していたんですねえ。

まっさんが死んだらこまるから。というわけではありませんが…笑

もちろん、手あたりしだいに声をかけているわけではなく、絵本をメインにされているもとしたさんと、どちらかといえば童話をメインにされている某作家さん。

こころから「いっしょにしごとしたいなあ」と、けいちゃんがおもうふたりに告白。

というわけで、まっさん以外とのコンビで、いつかけいちゃんの絵をおひろめする日がくるように、みなさん、ぜひぜひねがってください。

mk_170625_motosita3omiyage.jpg

もとしたさんには、こんなにすてきなおみやげまでいただいてしまいました。

ありがとうございます!

そんなこんなの武蔵野市立中央図書館で絵本ライブ。

レポートはあしたおとどけします。

おたのしみに〜〜〜



posted by オフィスまけ at 08:00| Comment(0) | TrackBack(0) | イベントかんけい | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする