\ ちょっとお知らせでーす /

☆ことばあそび絵本シリーズ最新刊『いすにすわってたべなさい。』発売!

 3月15日までサイン本販売予約受付中。くわしくはココをみてね〜
 
 みなさま、どうぞよろしく!


2017年01月17日

2016年の〆は和歌山京都で絵本ライブ!の11. ありがとうむっちゃん

はい。和歌山京都レポート再開です。

12月18日。2016年〆の絵本ライブをおえて、えほん館のスタッフよっちゃんにおくってもらって、えほん館むっちゃんといっしょに京都駅へ。

むっちゃんと景さんとはじめて3人だけでお食事です。

まえもって、むっちゃんにおねがいしていたのです。

「絵本ライブの謝礼のかわりにむっちゃんの時間をください」って。

けっきょく、最終的に、ことわりきれなくて謝礼もいただいちゃったけど、とにかくうれしい3人の時間。

mk_161218_1100_uchiage_yasaikei.jpg

駅直結の京都劇場の入口にある京野菜の接方来というお店。

ライブつづきだと野菜不足になるから〜って理由がなくもないけど、むっちゃんといっしょならほんとはどこでもOK!

そして、むっちゃんだけアルコールがはいってるあわあわで〜

mk_161218_1098_uchiage_kei_muccyan.jpg

かんぱーい!

新幹線の時間まで2時間弱ぐらいだったかな。

それが、ほんの一瞬ってかんじですぎさりました。

むっちゃんにききたいこと。はなしたいこと。

まだまだいっぱいあったけど、またこんどにとっておこう。

でも、さいごのさいごに、むっちゃんにきいてほしかった話。

景さんがレオ・レオニにあいにイタリアにいった話はできました。

あっというまにおわかれで、2017年〆の和歌山京都ツアーはそろそろ帰りの時間です。

新幹線の改札口でむっちゃんとおわかれして、さびしくメオトでふたりです。

なんだか急に無口になって、新幹線にのりました。

最終回につづく〜〜〜


posted by オフィスまけ at 08:00| Comment(0) | TrackBack(0) | イベントかんけい | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月16日

小学館「おひさま」にすずちゃんが帰還!!!すずちゃんのスノードーム

はい。和歌山京都レポートはあと2回をのこすのみとなりましたが、本日はちょっとおやすみしておしらせです。

きのう1月15日に全国の書店で発売!

小学館「おひさま」にすずちゃんがかえってきた!

「おひさま」に2010年4月号から2016年2月号まで、じつに6年も連載していたすずちゃんシリーズ。

全国1千万人(オフィスまけ調べ)に愛されていたすずちゃん一家のあったかいストーリー。

あのすずちゃんが「おひさま」の付録「ふゆのプチえほん」の1話としてかえってきました!!!

mk_170115_suzu_chan_snowdome.jpg

裏話をすると……

担当あっこさんから、担当はむさんにかわって依頼をいただいて。

さいしょは、すずちゃんでおはなしをつくるつもりはなかったのですが、かんがえるうちに、すずちゃんがあたまのなかでおどりだして。

「すずをだして! まさひろおじさん、すずをだして!」

と、おねがいされて、いつのまにかすずちゃんになっていました。

すずちゃんとは6年のつきあいだからね。

おじさんは無視できませんでした。

というわけで、小学館「おひさま」にすずちゃん帰還!!!

『すずちゃんのスノードーム』

よろしくね。

でもね。こんどは付録ではなく本誌にすずちゃんをもどしてあげたいです。

その方法は?

あのね。「おひさま」には読書ハガキってのがついてるのね。

それに、みなさんが、

「すずちゃんを復活させてください!」

って、かいていただければ、その声がおおければ、

かならず復活します!!!



どうぞよろしくおねがいします。



posted by オフィスまけ at 08:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 作品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月15日

2016年の〆は和歌山京都で絵本ライブ!の10. えほん館に帰ってきた!

12月18日。2016年〆の絵本ライブをおえて、えほん館へ。

店主むっちゃんの車は荷物でいっぱいだったので、高速道路を170kmでぶっとばすといううわさの絵本ちゃんにおくってもらいました。

高速道路はとおらなかったので、どきどきすることなく到着して、絵本ちゃんとはここでおわかれ。

そして、3年ぶりにえほん館に帰ってきました!

mk_161218_1097_ehonkan.jpg

2012年10月28日にはじめてむっちゃんにあったときがはじめてえほん館にいったとき。

2013年10月5日にいったときが2回めで、それ以来となる2016年の暮れ。

前2回ともにその場にいあわせた元小学校教諭で多くの著書がある大石進先生。

景さんは、大石先生にいただいた巾着袋をいまも絵本ライブの筆入れにつかっているのですが、こんかい大石先生が他界されたことをしって、涙をこぼしていました。

むっちゃんも、スタッフのよっちゃんも、涙をうかべて、でも、笑いながらいろんなおもいで話をして。

「きょうはもう閉店しちゃおう」

と、じゃっかん時間をはやめて店をしめるのは、店主のむっちゃんで。

よっちゃんの車で京都駅までおくってもらって、はじめて、むっちゃんと、景さんと3人で食事をすることになりました。

つづく〜〜〜


posted by オフィスまけ at 08:00| Comment(0) | TrackBack(0) | イベントかんけい | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月14日

2016年の〆は和歌山京都で絵本ライブ!の9. 2016年の絵本ライブおさめ!

はい。和歌山京都レポートは、いよいよ2016年〆の1本。

12月18日。京都文化会館ウエスティ絵本ライブでーす!

京都でのライブは2012年より5年連続で、もっとも遠征回数がおおいところ。

こんかいは、和歌山県有田川町のちいさな駅美術館原画展&絵本ライブのあとに、えほん館店主のむっちゃんにおねがいして、企画していただきました。

ちなみに、和歌山県有田川町は、市町村単位ではいちばんおじゃましているところ。

「帰りに京都で1本いれていいですか?」っておねがいにも、こころよくOKしてくださって感謝です。

というわけで、えほん館主催で、えほん館(来年つまり今年で)30周年&絵本ちゃん(来年つまり今年で)5周年記念もかねての絵本ライブ。

むっちゃんに前座をおねがいするという失礼きわまりない90分セットリストはこんなかんじ〜

0.『おかん』(むっちゃんバージョン)
1.『どんどんめんめん』
── みんなでかけ声「きょうとサイコー○○○がある」
2.『みかんのめいさんち』
── うた「みかんのめいさんち」
── ライブお絵かき「いるかはさかなじゃないんだよ。」
3.『ぱんつくったよ。』(ショートバージョン)
4.『おかんとおとん』(関東弁バージョン)
むりやりアンコール
  ライブお絵かき「かいてんずしだいさくせん」

5年まえに、景さんのTwitterをとおして絵本ちゃんにむっちゃんを紹介してもらって、はじめてえほん館におじゃましたとき。むっちゃんはまじめな顔でいいました。

「こんなんいうのもなんですけど、私、めっちゃ『おかん』売ってますよ」

そのひとことがどんなにうれしかったか。

そして、じぶんたちの絵本ライブのあたまに、むっちゃんに『おかん』を読んでもらうという幸せ。

あーん。写真、撮っておけばよかったなあ。

わすれてしもた。

お礼にもなりませんが、会場のみなさんといっしょにかけ声は、

きょうとサイコー えほんかんがあーる!

きょうとサイコー えほんちゃんがあーる!

いっしょにおおきな声でえほん館&絵本ちゃんのお祝いをしたみなさんは〜

mk_161218_1096_okyaku3.jpg

イエーイ!

たのしかったねえ。

TwitterFacebookでおなじみのかたもいーっぱい。

では、おもいつくままにいってみよう!

ぱやちゃん、ささきさん、ライオンのしげるくんママ、かつみさん、まゆみさん、ゆういちさん、しろくもさん、ムスクさん、にしやまさん、ようこさん、みほさんファミリー、ばぁばまりあさん、いもちゃん…… あと、あと、絵本セラピストのかたもいたはずだなあ…… 記憶が限界です〜笑

あんまりたくさんきてくださったので、お名まえわすれていたらごめんなさい。

他意はありませんのでコメント欄等で「いたよ!」と、自己申告してください。あとで、そうっとつけたしておきます。

絵本もたくさんたくさん買っていただきました。

平田昌広の初長編『ふたりのカミサウルス』もたくさん買っていただきました。

どんなサインにするか? あらかじめかんがえていなかったため、いつも以上にへなちょこサインになってしまってすみません。

それもまた記念とおもってブックオフに持っていかないでくださいね。

いやあ、ほんっとーにたのしかった!

あつまってくださったすべてのみなさん、えほん館むっちゃんとスタッフまきちゃん、照明係のトキラさん、絵本ちゃんに感謝です。

ありがとうございましたっ!

2016年〆の絵本ライブ。

きょうとサイコーでーす!

つづく〜〜〜


posted by オフィスまけ at 08:00| Comment(4) | TrackBack(0) | イベントかんけい | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月13日

2016年の〆は和歌山京都で絵本ライブ!の8. みんぱくパーティー

はい。和歌山京都レポートの再開です。

12月17日。和歌山県有田川町ちいさな駅美術館で絵本ライブをおえて、和歌山ラーメンをたべて、醤油ソフトをたべて、特急くろしおにのっかって、乗りかえ乗りかえでやってきたのは阪急西院駅。

「にしいん」じゃなくて「さいいん」ね。

関西人に2回ほど訂正されてようやく脳みそにインプットされました。

ちなみに京福電鉄の西院駅は「さい」というらしい。

賽の河原(さいのかわら=三途川の河原)の「さい」の起源のひとつとされているらしい。

と、おしえてくださったのは、西院駅までむかえにきてくれたぱやちゃん(ファンといってくださるありがたい存在のひとり。昨年の京都ライブの主催者。くわしくしりたいかたは昨年の京都レポートをみてね。)で、歩いて数分のお宿はというと〜

mk_161218_1094_minpaku_asa.jpg

こんなかんじのところです。

いわゆる民泊。

かっこよくいうとゲストハウス。

といっても、マンションのひと部屋(1室じゃなくて1軒っていえばいいかな)をまるごと借りていて、この日の夜は宴会。

かっこよくいうとパーティーでーす!

mk_161217_1089_minpaku_party.jpg

参加者は、ぱやちゃんが代表の図書ボランティア「わぁのなかま」メンバー、絵本ちゃんと、みんなだいすきえほん館のむっちゃんとスタッフさん。

翌18日の2017年絵本ライブ〆の主催者がむっちゃんで、来年(つまり今年)は、えほん館30周年、絵本ちゃん5周年のお祝いもかねてのパーティー!

すてきにいうと女子会!

1名、女子じゃないのがまじってたけど、そこは真珠まりこさんにオネエ認定をうけているので問題なし。

mk_161217_1091_mutcyan_omemecyan.jpg

むっちゃんの爆笑ネタの「おめめさん」もとびだして、あっというまに夜はふけて。

解散後は、3LDKのゲストハウスに景さんと昌広さんとふたりぼっちで就寝。

いよいよレポートは2017年さいごの絵本ライブへ。

つづく〜〜〜


posted by オフィスまけ at 08:00| Comment(2) | TrackBack(0) | イベントかんけい | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月12日

2017年の絵本ライブ1発め〜絵本セラピストのみなさんといっしょ!後編

はい。2017年の絵本ライブ1発め〜!

1月9日の絵本セラピスト協会フォロー講座レポートは、絵本ライブ編です。

おとなのみ、絵本セラピストのみなさん限定で、トークおおめの60分セットリストは〜

1.『どんどんめんめん』
── フリップネタ&みんなでかけ声「どんぶりたべよう○○○」
2.『みかんのめいさんち』
── トーク「会話文のいかしかた」
── ライブお絵かき「かいてんずしだいさくせん」
3.『ぱんつくったよ。』(紹介のみ)
── トーク「ぎなた読みはいつから?絵本の対象年齢」
4.『しろがくろのパンダです。』
── トーク「読み聞かせへの意識・わたしはわらいます」
5.『おかんとおとん』(関東弁バージョン)
むりやりアンコール
   フリップネタ「とんとんとんとんとんかつくって」

なんだかんだで70分ぐらいになっちゃったかな……

講演+絵本ライブの120分は、かなりのつめこみぐあいで、ところどころ早口すぎてききとれなかったかもです。

でも、ふだんは「しゃべる側」の絵本セラピストのみなさんですから、こちらの状況をやさしくみまもって、笑顔でうけとめてくださいました。

ではでは、絵本セラピストのみなさんをご紹介〜〜

mk_160109_okyaku3_shizuka.jpg

イエーイ!

ん?

じゃっかんノリがわるい?

それじゃあ、もういちど〜〜

mk_160109_genki.jpg

イエーイ! イエーーーイ!

ばっちりです。

ノリのちがいの原因は、2枚の写真をみくらべるとわかります。

はい。1枚めにはいなかった最後列の絵本セラピスト協会代表たっちゃんが、2枚めにはしっかりうつっています。

1枚めで、みなさんの師匠が宅配便の受けとりで玄関にいってしまったから、みなさん気になっていたんですねえ。

たっちゃんは、すばらしく魅力的なひとです。

「絵本で何かをしているひと」にありがちな押しつけがましさとか、他人をかきわけてまえにでるようなところが皆無で、紳士的でやさしくて、だれもが好きになる存在です。

全国で講演をされているたっちゃんですが、話すこと以上に、ひとの話を親身になって受けとめてくださる。そんなふうにかんじました。

うん。ことばどおりの「セラピスト」なんだね。

こんかい、たっちゃんのおてつだいをしていたりこちゃんも、やっぱり魅力的なひとで、ブログでライブのようすをていねいに書いてくださっているので、ぜひぜひ、読んでくださいね。

以上で2017年1発めのメオトよみ絵本ライブレポートはおしまい。

絵本セラピストのみなさんにこころより感謝です。

ありがとうございましたっ!

あしたからは、和歌山京都レポート再開予定です。

おたのしみに〜〜〜



posted by オフィスまけ at 08:00| Comment(0) | TrackBack(0) | イベントかんけい | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月11日

2017年の絵本ライブ1発め〜絵本セラピストのみなさんといっしょ!前編

はい。和歌山京都レポートをおやすみして、本日はおととい1月9日の絵本ライブレポート。

2017年1発めのメオトよみ絵本ライブは〜

絵本セラピスト協会の新年会〜のまえの「フォロー講座」というらしい。

(あたりまえだけど新年会をフォローするって意味じゃないよ)

呼び名はともかく、どーんといってまいりました!

三浦海岸からは都営浅草線直通、人形町駅下車で(80分かかるけど…)乗り換えなし!

はじめておじゃました絵本セラピスト協会のセミナールームはとってもすてきでいいかんじ。

代表のたっちゃんと、事務局?りこちゃんにむかえられて、プロジェクターはつかわないのでリハーサルなし。

ホワイトボードにちゃっちゃと模造紙をはったら準備完了。

近所のコンビニでおにぎりをかってきて、たっちゃんルームでたべていると、偕成社の営業さんがいらっしゃいました。

偕成社とは縁がないので、いまいちわかりませんが、

「ま、出入りの業者みたいなもんです〜」とNさん。

でもって、たっちゃんと、Nさんと、昌広さんとではなしていると、なんでかわかりませんが、景さんがたのしそうに〜

「わーい。絵本男子がおしゃべりしてるぅ」と。

で、なんでかわからないけど、景さんがブログに載せろというので載せました。

mk_160109_ehondanshi.jpg

ちなみに、オレは絵本をつくっているけど、絵本にはあんまりくわしくないので、とてもとても「絵本男子」とはいえませんが、おふたりはまぎれもなく絵本男子(あえて絵本オッサンとはいわない…)ですねえ。

そんなこんなで、ぞくぞくと絵本セラピストのみなさんがあつまってきて、一般公開なし絵本セラピスト限定の120分。

第1部は講演でこんなかんじのことをしゃべりました。

mk_160109_koen_tt.jpg

ざっくり内容とタイムテーブルね。

これ、きむらゆういちさんのゆうゆう絵本講座のゲスト講座でもおはなししてきた「デビューするまで&デビューしてから&どういう思いで創作してるか」みたいなトークね。

モザイクはないしょなので、気になるかたは講演を企画してください。

ただし、じぶんたちのばあい、講演だけで終わらずに、絵本ライブは必須とさせていただいております。

ゆういちさんのところでも15分のミニライブをしたし、絵本セラピスト協会でも第2部はもちろん〜

絵本ライブ編につづく〜〜〜



posted by オフィスまけ at 08:00| Comment(0) | TrackBack(0) | イベントかんけい | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月10日

2016年の〆は和歌山京都で絵本ライブ!の7. 予定変更してラーメン&ソフしました。

さてさて、きのうの絵本セラピスト協会の新年会絵本ライブ。

おおきな子どもたちといっしょにもりあがってきましたよ。

レポートは和歌山京都レポートの途中にさしこみますので、しばらくおまちを。

そして、本日のブログはちいさな駅美術館絵本ライブ終了後のこと。

当初の予定では、和歌山市駅までスタッフさんにおくってもらって、そこから南海電車に乗っかって、大阪・梅田を経由して京都市内で16:00待ちあわせ。

ところが、当日になって京都での待ちあわせを17:00に変更の連絡があり、ちいさな駅美術館が併設されているJR藤並駅より特急くろしおで大阪・天王寺にでることに。

しかーし、関東のいなか者のふたりには、そこからさきのルートがさっぱりわかりません。

こういうとき、スマホとかあると便利だよね。

オフィスまけのふたりは、全国各地をとびまわっていますが、もっているのは景さんのケータイのみ。

それも、通話機能のみのガラケー以下ですから、どうにもこうにもなりません。

というわけで、有田川ライブラリー(ALEC)のスタッフのながっちゃんとこだまっちにしらべてもらいました。

mk_161217_1083x_yoteihenko.jpg

ほーら、几帳面な字で書きだしてもらいましたよ。

ちなみにもう1枚は、遠征時に昌広さんがかならずつくっていく行程表。

「うわ〜こまかい性格だねえ」

なんてことをいわれたこともありますが、目的地が複数のことはしょっちゅうだし、遅刻してイベントに穴をあけるなんてありえないので、こまかい云々じゃなく必須です。

うちの中学1年女子がるすばんしている、ばーば&いとこの家にも、ねんのため行程表をおいてきてるしね。

そんなこんなで、有田川町での滞在時間が1時間ほどふえたので、スタッフあおちゃん&ながっちゃんとお昼をたべにいくことに。

めずらしく景さんにリクエストを許可された昌広さんは和歌山ラーメン!

mk_161217_1081_ramen.jpg

麺dining月乃家(「食べログ」へ)のとんこつ醤油。

おいしかったでーす!

でもって、景さんが昌広さんにリクエスト許可をだしたわけは、昨年の3月にもたべていた湯浅醤油のしょうゆソフトにいく時間を確保したからでーす。

mk_161217_1083_yuasasyoyu.jpg

はい。ごまんえつです。

すっかりみたされたら、そろそろ有田川とはおわかれです。

ことしも秋のでっかいイベントに、またおじゃまできるといいなあ。

なにはともあれ、原画展&絵本ライブにきてくださったみなさま、ALECのスタッフさんに感謝です。

ありがとうございましたっ!

mk_161217_1085_kuroshio_home.jpg

特急くろしおに乗っかって、いざ京都へ。

つづく〜〜〜


posted by オフィスまけ at 08:00| Comment(6) | TrackBack(0) | イベントかんけい | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月09日

2016年の〆は和歌山京都で絵本ライブ!の6. ちいさな駅美術館絵本ライブ!

さてさて、本日はメオトよみ絵本ライブ2017年の1発め!

絵本セラピスト協会の新年会のまえに120分。60分の講演と60分のライブの2部構成。

おおきい子どもたちといっしょにあそんできます!

ブログはひきつづき和歌山京都レポートで、2016年12月17日のちいさな駅美術館にて。

『みかんのめいさんち』原画展絵本ライブで60分のセットリストはこんなかんじ〜〜

1.『すいかのめいさんち』
── ライブお絵かき「いるかはさかなじゃないんだよ。」
── うた「みかんのめいさんち」からの
2.『みかんのめいさんち』
── ライブお絵かき「みかんのかんかんクイズ」
3.『おかんとおとん』
むりやりアンコール
  フリップネタ「とんとんとんとんとんかつくって」

そして、満員御礼のみなさんは〜〜

mk_161217_1078_ekibi_okyaku3.jpg

イエーイ!

いい顔しています。

みかんのめいさんちの和歌山県有田川町で、みかんのめいさんちの原画展で、みかんづくしのセットリストでたのしませていただきました。

サイン会も盛況で、本来予定していたスケジュールではかなりしんどいことになっていたでしょう。

はい。一昨日のブログの新幹線のキップ発券できない事件につづいて、ここでもスケジュール変更あり。

おかげさまで和歌山ラーメンをたべられることに?

つづく〜〜〜



posted by オフィスまけ at 08:00| Comment(0) | TrackBack(0) | イベントかんけい | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月08日

2016年の〆は和歌山京都で絵本ライブ!の5. 湯浅のサバ君ごめんなさい。

12月16日。有田川町立藤並小学校からの、ちいさな駅美術館からの、宿泊先のホテルにとーちゃく。

この日のお宿は、2016年3月の有田川訪問でもおせわになった湯浅温泉 湯浅城です。

有田川町にも、しみず温泉(『みかんのめいさんち』に載ってるよ!さがしてね〜)など、すてきなお宿はあるのですが、町内でもずいぶん離れた山のほうにあるため、5回の有田川訪問のうち4回は近隣の町に泊まっています。

湯浅城は有田川町のおとなり湯浅町。

じつは景さんは、さかのぼること1週間まえ岸和田行きの関西空港で、湯浅町のゆるキャラ「サバくん」と偶然遭遇して、

mk_161209_1036_kix_sabakun.jpg

いっしょに写真を撮ったことがあるんですねえ。

そのときはちょっとしたかんちがいで、写真を撮ったあとに冷たい態度をとってしまった景さんでしたが……

湯浅のサバ君ごめんなさいね。

景さんは、サバがだいすきなんですよ〜!

数日まえのブログにもかいてあったでしょ?

サバ給食に歓喜したって。

そして、和歌山京都ツアー初日の夜の懇親会でも……

mk_161216_1074_aridagawa_kizushi.jpg

景さんを魅了したのは、やっぱりサバでした。

サバの「きずし」は西日本で酢でしめたサバのこと。東日本でいう「しめさば」のことなんだね。

じつはWikipediaを読むまでしらなかったよ。

おさかな好きとしては、おはずかしいかぎりです。

きずしだけでなく、和歌山ではサバをよくたべるんだね。

サバのなれずしのなかでも、発酵をあまりさせない「早なれずし」は「早ずし」といって、ラーメンとセットでたべるのがふつうなんだって。

いちどたべてみたいのお。はやずし。

そんなこんなで、初日の夜がおわって翌朝。

mk_161216_1075_yuasajo_madokara.jpg

湯浅城の窓から海をながめて気分は上々。

おつぎは、ちいさな駅美術館絵本ライブです。

つづく〜〜〜


posted by オフィスまけ at 08:00| Comment(2) | TrackBack(0) | イベントかんけい | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする