\ ちょっとお知らせでーす /

☆絵本ライブ情報はホームページのイベントじょうほうで。
 依頼と問い合わせもオフィスまけホームページからおねがいします!
 
 みなさま、どうぞよろしく!


2017年09月29日

『いぶくろちゃん』では色がついてるライブお絵かきです。

まいど〜『いぶくろちゃん』の宣伝ブログです。

1週間後にせまりました!

『いぶくろちゃん』の発売日。

記念すべき1本めの『いぶくろちゃん』仕様の絵本ライブは、発売当日のこどもの本専門店 ブックハウスカフェにて。

しつこいほどおつたえしている情報ですが、こちらのちら見せ〜はお初ですね……

mk_170603_newliveneta.jpg

はい。

『いぶくろちゃん』仕様のライブお絵かきでは、けいちゃんはスミ1色だけでなく「あか」も使用します。

そのほか、うたやフリップネタもあって所要時間は25分ほど。

10月6日のブックハウスカフェにこられないかたは、10月8日の午前は山手線・大崎駅のイベントで、午後は東急・二子玉川駅は玉川高島屋のキュリオファクトリーで絵本ライブ&サイン会があります。

みなさま、どうぞよろしく〜〜〜



posted by オフィスまけ at 08:00| Comment(0) | イベントかんけい | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月28日

オフィスまけプロデュースくもんの先生のみうらツアーで17名様いらっしゃーい!

きのうはすごかったです……

オフィスまけ史上ぶっちぎりの人数のお客さん。

公文式教室の新宿事務局に所属する先生がたが17名。

京浜急行のみさきまぐろきっぷをつかって、はるばるあそびにきてくださいました。

(ツアー内容はざっくりこちらのブログ記事でね)

三浦半島のさきっちょ三浦市の、そのまたさきっちょの三崎港バス亭で御一行様をおむかえして、

まっさんが案内する「うみのなかわくわくコース」はにじいろさかな号に乗船。

けいちゃんが案内する「みさきわくわくコース」は三浦半島の総鎮守・海南神社や三崎の下町をほんのすこし散策。

お昼はまぐろきっぷの指定店舗のひとつ、紀の代(「食べログ」へ)にて〜

mk_170927_kinodai_torotoro.jpg

まぐろのとろとろ丼。

まぐろのユッケ、漬け、ねぎとろ、とろビンチョウの4種類が味わえるどんぶりに、小鉢がふたつ。

まぐろのつみれの吸い物もついて、おいしくいただきました〜!

ちなみに、こちらの店主は三浦市内で6校かけもちで読み聞かせをしている通称「サムソン」ということで、午後からは市内の図書ボラ軍団の乱入もあって、オフォスまけに集結したのはじつに総勢20人以上!

いまいち売れない絵本作家の狭小住宅はぎっしり満員状態でしたよ。

きっと、みなさん「絵本作家の生活ってこんなにもまずしいのね」と、こころのなかでおもったでしょう……

でもね、もうかってるひとは、目がテンになるほどかせいでいる、夢のあるしごとでもあるので、絵本作家になりたいひとは、ピラミッドの頂点をめざしてがんばってください。

いやあ、オレ、けっこうゆるゆるしていたつもりだけど、あんがい気持ちはぴりっとしてたのかなあ。

三崎の地魚をあつかう魚屋で撮ったきのうの写真。

あらためて、みると……

mk_170927_urari_himono.jpg

イサキも、コショウダイも、4枚で300円ってお買い得じゃないですかっ!

なのに、きのうは、ぜんぜん値段まで目がいってなくて「買おう」って感覚がなかったもんなあ。

都会からいらしたたくさんのお客さんをまえに、じぶんでおもっている以上にいっぱいいっぱいだったのかもしれません。

みなさま、たのしんでいただけたでしょうか?

絵本は30冊以上のお買いあげでこころより感謝です。

ありがとうございましたっ!

というわけで、第1回オフィスまけプロデュースみうらツアーは終了です。

第2回はたぶんありません……

どうしても「きたい!」ってかたは、とりあえずご相談ください。

どうぞよろしく〜〜〜



posted by オフィスまけ at 08:00| Comment(13) | イベントかんけい | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月27日

『いぶくろちゃん』は貼り絵です〜っていってなかったっけ?

はいどーも。

『いぶくろちゃん』の宣伝ブログです。

mk_170901_livehon_ibukurochan.jpg

ところで、『いぶくろちゃん』は貼り絵です〜ってこと。すでにおつたえしてましたっけ?

たいせつなことをすっかりわすれていました。

そうなんです!

『いぶくろちゃん』は、けいちゃん初の貼り絵なのです!

……と、おつたえしてましたっけ?

mk_170925_harihari_ill.jpg

じゃじゃじゃーん!

どうよ?

こまかく切って貼ってるでしょ?

ここにいたるまで、けっこう紆余曲折がありました。

なにをどうやって貼るか?

ふたりで、あーでもない、こーでもない。

たとえば……

mk_170925_harihari_ill_NP.jpg

こんなだったり。

はたまた……

mk_170925_harihari_ill_washi.jpg

こんなだったりね。

そんなこんなの制作秘話を10月6日のこどもの本専門店 ブックハウスカフェトークライブをおはなしするつもりです。

あとにも、さきにも、これっきりになる可能性がたかい『いぶくろちゃん』の制作トークです。

要予約の定員35名が、な、な、なんと!

……まだ、よゆうがあるようです。

だいじょうぶか?

オレたちはこんなんで、やっていけるのか?

たかだか35名をうめられないとは、武道館への道のりははるか遠いなあ。

下北シェルターもまだまだだなあ。

みなさま、ぜひぜひ、ご予約ください。

10月6日。まってるよ〜〜〜



posted by オフィスまけ at 08:00| Comment(0) | 制作中のはなし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月26日

覆面レスラーとしてデビューしたナイロンたわしくん

はい。おまたせしました〜

みのまわりのモノや場所が「かお」にみえてしまう。FIP(Faces in Places)のコーナーです。

家事は完全交代制のオフィスまけ。

まっさんが晩ごはんのしたくをしていると、なにやらかんじるするどい視線。

mk_170923_fukumen_tawashi.jpg

やややーー!

な、なんと、ナイロンたわしくんが覆面レスラーとしてデビューしたもよう。

いきなり勝負をいどんできましたが、まっさんはふわりと身をかわし、ひとあわふかせてやりました。

あなたのまわりに、F・I・P ←ほーらここにも顔がある。

みんなもさがしてみてね〜〜〜

↓バックナンバー?
ビルの谷間のうめざわくんはいったいどこにいるでしょーか?
このドクロはいったいなんのドクロでしょーか?
壁野石男くんはどこにいるでしょうか?
地球侵略をもくろむスペースバードくんです。
福岡行きSFJ47便の翼にイエローフロッグくん
シュモクザメ似のダイソン2世です。
尻にしかれるイスノウラオくん
しかくい顔の一卵性双生児くん?
目から空き缶をたべるカエルです。
S・O・S だれかたすけて〜ヘルプくん
おひさまぽっかぽかのあかぱーかーちゃん
新幹線にえきべんくーかい
にこにこわらうよ。びにるぼーや ^ ^
それいけ!だいこんくん
これがうわさの鍋底小僧!
ほっぺたこけたカエルくん
こいつはオオカミか? それともドラゴンか?
恐怖!すのこ男あらわる。
ほどよい あまさの まんじゅうくん
それいけ!ホームベースくん



posted by オフィスまけ at 08:00| Comment(0) | イベントかんけい | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月25日

翻訳絵本の絵のなかの文字はどうなってるの?

半月ほどまえだったかな。

『すいかのめいさんち』の中国版と韓国版を紹介したとき(その前編その後編まっさんのFacebookで、

「絵のなかの文字は翻訳されるときにどうなるの?」

と、質問がありました。

上のリンクさきをみてもらえればわかるとおり、『すいかのめいさんち』で絵のなかにちりばめられた、けいちゃんの描き文字は、中国語でも韓国語でもフォント(デジタル書体)におきかえられていました。

ばあいによっては、絵のなかの文字は修正されずにもとの言語のままということもあるでしょうし、



『ねこのピート』のように、原著をさらにパワーアップさせるがごとく、すごーい作家さんが描き文字のみをてがけることもあります。

(ピートのばあいは、いわずとしれた長谷川義史さんね)

ところで、まっさん作の『おとうさんはしょうぼうし』の中国版および台湾版では、鈴木まもるさんの世界観そのままに描き文字が中国語におきかえられています。

まずはオリジナル版。

mk_170921_chinayaku_papaF_1.jpg

出版元である「佼成出版社」

右上の「ラーメン平田(笑)」

左上の「ヨガ指圧」

そのビル1階の「イタリアンピザ」

これら4つに注目しつつ台湾版。

mk_170921_chinayaku_papaF_2.jpg

「佼成出版社」が「東方出版社」でこれは台湾での版元。

「ラーメン平田」は「日本料理」に。

「ヨガ指圧」はヨガがぬけて「指壓」って「圧」の難しい字?

さいごの「イタリアンピザ」は想定外の「Pizza」横文字に!

こんどは中国版。

mk_170921_chinayaku_papaF_3.jpg

「佼成出版社」に敬意を表して?「佼成出版社」ってそのまんま、

「ラーメン平田」は、なんてかいてあるか解読できませんが「平田」は健在です。

「ヨガ指圧」はびっくり!

やっぱり社名をいれたかったようで「接力出版社」って現地版元名〜笑

さいごに「イタリアンピザ」は……

あれまあ、文字が消えてしまいました。

いずれにしても、鈴木まもるさん本人が描いたような職人技!

いいしごとをしていますねえ。

というわけで、翻訳絵本の絵のなかの文字は、それぞれいろいろあるわけです。

ただいま某作品のインドネシア語版が進行中ですので、うちにとどいたら紹介しましょう。

おたのしみに〜〜〜




posted by オフィスまけ at 08:00| Comment(0) | 作品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月24日

祐天寺に三浦のお店があって来年4月からいっそうがんばるぞ〜の巻

きのうは、きむらゆういち顧問のゆうゆう絵本講座「童話・絵本の文クラス」全3回の最終回でした。

いやあ、講座生のみなさんは、作品づくりと向かいあう姿勢がとっても純粋で、すっかりうすよごれちまったまっさんには、とっても刺激になりました。

これでおしまいはさびしいな〜と、おもうまもなく、来年4月から同じクラスを3回でくぎらずに受けもたせてもらうことになって、ますますたのしくなりそうです。

はい。たいせつなのは「講座生がたのしい」でなはくて「オレがたのしい」ってことなんですねえ〜笑

絵本ライブも、基本的にはそういう気持ちでやってます。

不愉快にかんじたかたは、ごめんなさい。

ところで、講座のあとは、講座生のみなさんといっしょに昼食にでるのがおきまりでしたが、その途中ですごーいお店が発見されました!

mk_170924_yutenji_miuraya.jpg

じゃじゃじゃーん!

な、なんとおしゃれですてきな祐天寺に、地元・三浦市のお店なの?

まぐろ食堂 みうら屋。

9月26日ってもうすぐじゃないですかっ!

いやあ、縁をかんじずにはいられません。

4月からいっそうがんばりますよ。

詳細はあらためますので、ぜひぜひ受講してください。

どうぞよろしく〜〜〜


posted by オフィスまけ at 08:00| Comment(3) | イベントかんけい | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月23日

『いぶくろちゃん』動画撮影でセッシュしました!

おとといの『いぶくろちゃん』の動画撮影。

編集Oさん(伏せ字は発売とともにあかされる)の指導のもと、学研のスタジオでフリーのカメラマンさんに撮っていただきました。

mk_170923_dogadori_oonishi3shido.jpg

『いぶくろちゃん』の編集Oさんの指導をうけるけいちゃん。

まっさんの役まわりは、さいしょとさいごのMCだけで、基本的に『いぶくろちゃん』はメオトよみではなく、けいちゃんのひとりよみです。

本番では、さいしょとさいごのMCを撮ってからの本編の読み聞かせで、撮影はこんなかんじ〜

mk_170923_dogadori_futaridori.jpg

ところで、ふたりの身長差はごらんのとおりの約20センチ。

いっしょにフレームにおさめるには、けっこう引きぎみとなってしまうため、けいちゃんは台にのることに。

そのときカメラマンさんがいったのです。

「セッシュしましょう!」

その名はセッシュ。

なんだかわかりますか?

もと映画マニア(いまはほとんど観ない)のまっさんは、感激してしまいました〜!

セッシュ(「Wikipedia」へ)というのは、身長差のうめあわせに、低いほうのひとが台にのること。

20世紀初頭に日本からアメリカにわたって、ハリウッドスターとなった早川雪洲(「Wikipedia」へ)が語源なんですねえ。

のっぽなアメリカの女優さんとならぶと、バランスがわるいため「雪洲さんを台にのせて」撮っていたことから、

「せっしゅうする」

「セッシュする」

と、なったのです! うんちく!

まさか撮影現場で生の「セッシュしましょう」がきけるなんて、まっさんはほんと感激でしたよ!

そんなこんなで、撮影はぶじにおわって、出版社の編集さんから、映像会社の編集さんに素材がわたって来週ぐらいには完成するでしょう。

どんなかんじになるかなあ。

わくわくするなあ。

mk_170923_dogadori_otsukare_kuromitsu.jpg

終了後は、学研のカフェでおいしいものをごちそうになって、緊張からときはなたれたけいちゃんはごきげんでしたよ。

動画アップは、発売日とおなじ10月6日です。

おたのしみに〜〜〜

さてさて、本日はきむらゆういち顧問ゆうゆうえほん講座「絵本の文クラス」の最終回です。

感動のあまり、オレ、泣いちゃうかも。(100%うそ)

ではでは、いってきまーーす!


posted by オフィスまけ at 08:00| Comment(0) | 制作中のはなし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月22日

『いぶくろちゃん』トーク&えほんライブの予約はすんでますか?

きのうは、学研のスタジオで『いぶくろちゃん』の動画撮影。

なんてたって「ライブえほん」だからね。

読み聞かせそのものをみてもらわないと、つたわらないであろうところがあるわけです。

もちろん、じっさいにみてもらうのがいちばんで、記念すべき1発めのいぶくろちゃんライブは〜

mk_171006_livehonlive.jpg

はい。こどもの本専門店 ブックハウスカフェでーす!

というわけで、撮影のまえによって、打ちあわせしてきました。

当日は、カフェスペースをつかって、ステージ側はんぶんはイスのみ。

うしろのはんぶんはテーブルをのこして、のみながら、たべながらでもたのしんでいただけます。

18:30スタートだからね。

お酒をのみながらでも、もちろんOK!

mk_170922_bhc_currypan.jpg

こちらはさくさくカレーパン。

ポテトサラダとミニトマトがついて400えん。

本の町、神保町は、カレーの町でもあるからね。

ブックハウスカフェのカレーパンは、はやくも人気急上昇中!

ところで、担当ちのさんに予約状況を確認したところ、

「いくよ!」と参加表明してくださっているかたの数と、予約人数にけっこうへだたりがあるようです。

いきなりいらしても、おことわりすることはないとおもいますが、ねんのため予約してくださったほうが確実です。

みなさま、どうぞよろしく。

あしたのブログでは、動画撮影のようすをちら見せ〜しますよ。

おたのしみに〜〜〜



posted by オフィスまけ at 08:00| Comment(0) | イベントかんけい | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月21日

『いぶくろちゃん』には「からだ新聞」がついています!

な、な、なんと!

『いぶくろちゃん』には……

mk_170924_karadaNP.jpg

「からだ新聞」がついています!!!

なーんて、はじめて告白しました〜みたいなかきかただけど、



Amazonの内容紹介にもかいてあります。

というわけで、まだまだつづくよ『いぶくろちゃん』の宣伝ちゃん。

本日は、学研のスタジオで、いよいよ動画撮影です。

絵本ナビの全ページためしよみどころではありません。

作者みずからの読み聞かせがなんどでも無条件でみられちゃう!!!

動画は10月6日の発売日に公開です。

さいきんYouTubeのアカウントをとったばかりのまっさんとけいちゃんのどーがにもアップできるかなあ。

おたのしみに〜〜〜



posted by オフィスまけ at 08:00| Comment(0) | 制作中のはなし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月20日

『いぶくろちゃん』はカバーと表紙がちがいます!

学研より10月6日刊行の『いぶくろちゃん』

連日の宣伝でしつれいいたします。

さてさて、すでにAmazonでは表紙画像がアップされていますが、



正確には、こちらは「表紙」ではなく「カバー」なのです。

読み聞かせをされているかたのほとんどは、カバーをとってつかっているとおもいます。

それを利用して「カバーで紙バッグをつくる」なんてワークショップもありますよね。

おおくの絵本は、カバーの絵は基本的に表紙とおなじです。

mk_170920_ibukurochan_hyo1kara1.jpg

きのうのブログにでてきた「みかんちゃん」と「バナナちゃん」もいますねえ。

それでは、カバーをとってみましょう。

mk_170920_ibukurochan_hyo1kara2.jpg

あれ?

あれれ?

いぶくろちゃんがよこをむいてしまいました。

みかんちゃんと、バナナちゃんはいませんねえ。

どうしたんでしょうか?

みかんちゃんと、バナナちゃんは本屋さんでめだつように「にぎやかし」として、カバーにあしらわれていただけですが、いぶくろちゃんが横をむいたわけは?

mk_170920_ibukurochan_hyo1kara3.jpg

はい。

すでにごぞんじのかたもおおいとおもわれますが、『いぶくろちゃん』は縦にひらいてよむ絵本なのです!

mk_170920_ibukurochan_hyo1kara4.jpg

ここでちょっと疑問。

それじゃあカバーも縦にすればよかったじゃん?

たしかにそれでも問題ありませんが、そうすると本屋さんがあつかいにくいため、このような仕様になったんですねえ。

ここでちょっと問題。

図書館では、カバーごと保護フィルムを貼っているところがおおいですが、『いぶくろちゃん』はカバーをとってフィルムを貼ってほしいのです。

これね、けっこうたいせつなことなんだけど、どうやってつたえたらいいのかねえ。

とりあえずTRCにでも連絡する?

図書館員のみなさま、知恵をかしてください〜〜〜



posted by オフィスまけ at 08:00| Comment(0) | 制作中のはなし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする