\ ちょっとお知らせでーす /

☆絵本ライブ情報はホームページのイベントじょうほうで。
 依頼と問い合わせもオフィスまけホームページからおねがいします!
 
 みなさま、どうぞよろしく!


2022年01月13日

ダイカットを知って編集さんの発想力に感心する

たびたび、おつたえしていますが、2022年度から某月刊保育絵本の食育ページの構成をレギュラーでさせていただきます。

でもって、ただいま7月号の進行中なのですが、まったくなれない保育絵本の世界なので、編集さんにいろいろ指導してもらっています。

構成にこまかく、いろいろ、意見をしてくださって......


mk_220113_kansinakaji.jpg


え? ダイカットってなに???

じつは、はずかしながら知らなくて、しらべてしまいました。


ダイカット【die cut】 厚紙や金属板を、型(ダイ)を用いてさまざまな形に打ち抜くこと。また、その打ち抜いたもの。

「goo 辞書」より



なるほど〜!!!

ここで、ダイカットをつかって構成するって、まったく想像もしなかったなあ〜

担当編集さんは、オレの姪っ子と同い年なのですが、オレにとっては指導者的なところがあってたのもしいです。

その発想力に感心しつつ、勉強させてもらっています。

いやあ、たのしくて、勉強になって、原稿料までいただけて笑

オレ、もってるなあ〜!




posted by オフィスまけ at 08:00| Comment(0) | 制作中のはなし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年01月12日

性格の血液型判断はいっさい信用していませんがO型はコロナ感染しにくいらしいです。

日常の雑談において、性格を血液型で判断することがよくありますよね。

ぶっちゃけオレは、まったくぜんぜん血液型判断を信用していないのですが、おとなとして、反論することもなく、「なるほど〜」「たしかに!」と、はなしをあわせています笑

ちなみに、オレはB型で、けいちゃんと娘はA型なのですが、むしろ、反対に予想されることがおおかったりします。


mk_220111_gatagata.jpg


というわけで、性格の血液型判断はいっさい信用していませんが、どうやらO型はコロナ感染しにくいらしいですよ?

これはいちおう都市伝説のたぐいではなく、それなりの統計結果からの考察らしいです。


なぜ「O型は重症化しづらい」と言われるのか(「東洋経済オンライン」へ)


感染しにくいうえに、重症化しづらいんだそうです。

オミクロンによる第6波が爆発しつつあるからね。

O型のかた、ラッキーですね〜〜〜





posted by オフィスまけ at 08:00| Comment(0) | まっさんとけいちゃんの日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年01月11日

何十年ぶりにヒヨドリの恩返しが再現されるかもしれないと......

「ヒヨドリの恩返し」って、きいたことはありますか?

あるわけないですよね......



それは、オレが中学3年のちょうどいまごろのできごとです。

生まれそだった神奈川県綾瀬市の家には、ちいさな池がありました。

高校受験直前で、いちおう、それなりに受験勉強をしていたところ、そとから「バシャバシャ」と音がきこえてきたのです。

2階の部屋の窓をあけてそとをみると、なんとまあ、池で鳥がおぼれています。

正義感がすくない残酷な少年でしたが、さすがに無視もできないので、釣り用の網で救出することにしました。

それは、庭の柿をよくたべにきていたヒヨドリでした。

しかし、羽がぬれて重くなったせいか飛びたつことができません。

そこで、ドライヤーをもちだし、延長コードで庭へのばし、ヒヨドリの羽をかわかしました。

10分ぐらいだったでしょうか。

羽がかわいたヒヨドリは、元気に飛びたっていったのでした。

その後、先生に「可能性は非常に低い」と、進路指導で投げだされていた高校を受験。

定員547名中529位というぎりぎりのところで合格したのでした。

これはきっと「ヒヨドリの恩返し」にちがいない。

中学3年のオレは、そう思ったのでした

(おしまい)



でもって、きのうのことですが、オフィスまけのちいさな庭のスイレン鉢に、ずーっとヒヨドリがとまっているのです。


mk_220111_hiyodori.jpg


羽がぼさぼさで、あまり健康状態がよさそうではないヒヨドリ。

足をすべらせて、おっこちたら......

そのときは救出しないとなあ〜

いや、でも、うちにはドライヤーがないよなあ〜

あるいて5分の母&妹一家までいって、借りてくればいいかあ〜

そんなことをかんがえているあいだも、ヒヨドリは飛びたつこともなく、ときおり、きょろきょろ、あたりをみまわしています。

おそらく30分ぐらいは、とどまっていたのではないでしょうか?

おっこちて、おぼれることもなく、いつのまに、きえていました。

なにごともなくてよかったものの、何十年ぶりに「ヒヨドリの恩返し」が再現されるかもしれないと、ちょっとだけ期待してしまったのでした......





posted by オフィスまけ at 08:00| Comment(0) | まっさんとけいちゃんの日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年01月10日

「ことばあそび」を売りにする作戦を強引におしつける作戦

国土社の「ことばあそびえほんシリーズ」第1作『ぱんつくったよ。』の刊行が2013年。

その前年に、だじゃれの絵本、はやくちことばの写真絵本を刊行したので、ちょうど10年ですね。

「ことばあそび」を売りにする作戦がだんだん浸透している?

いえいえ、浸透するっていうより、強引におしつけて、ひろめてきたってかんじですが......


mk_220109_ohanashikotobaasobi.jpg


2022年度の某月刊保育絵本でも、2本のおはなしをかかせていただきます。

1本は昨年中にすでに原稿アップしていて、ただいま、2本めとなるおはなしを......

かこうかなあ〜ってところです。

編集さんが、すばらしいアイデアを提供してくれたので、それをベースにする予定。

がんばるぞー

おーーーっ!!!


posted by オフィスまけ at 08:00| Comment(0) | 作品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年01月09日

出版契約書に送られてくるタイミングがかわってきている?

さいきんは、各種雑誌でも、原稿料等が記載された契約書をかわすことがあります。

単行本となれば、それは印税契約でもあるので必須ですね。

とはいえ、以前は、出版されてから、ゆるゆるっと契約書をおくってくる版元もありました。

さすがに、いまは、ないかなあ?

でもって、先週ブログにもかいた、雪がまう日に打ちあわせにいった出版社は、地下鉄有楽町線の護国寺にあったわけですが、護国寺の出版社といえば......


mk_220110_pooookeiyakusho.jpg


はい。来月刊行予定の『うんちってえいごでなんていうの?』の契約書がとどきました。

住所氏名をかいて、ハンコおして、編集さんにもどします。

売れるといいなあ......



posted by オフィスまけ at 08:00| Comment(0) | 制作中のはなし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年01月08日

駆逐できたのだろうか恐怖のミカンハダニ

2016年に銀座からやってきたシークワーサーのタネからそだった実生のシークワーサー。

2016年生まれでまもなく6才の小学1年生になります。

温暖な三浦においても、屋外での越冬はきびしいため、鉢植えで室内にあるのですが、冬期以外は、ときどき、そとにだしています。

それが、わるかったんですね〜

これまで、アゲハ類の幼虫にくわれることはありましたが、昨年はとんでもないやつに寄生されてしまいました。

そいつの名はミカンハダニ。

ナミアゲハ、クロアゲハ等の幼虫とおなじで、ミカン科の葉っぱにつくのです。

はい。いわずもがなシークワーサーもミカンのなかまというわけです。

ミカンハダニに寄生されると、葉っぱは白くなり、やがて落葉してしまいます。

なんども農薬を散布したのですが、なかなか完全駆逐できません。

1か月ほどまえにも、完全駆逐したとおもって、そとにだしたところ、あっけなくダニ発生!

(そもそも、そとにだすなってはなしですが......)

年末も数日おきに農薬散布をして......


mk_220108_mikanhadani.jpg


わかりますか?

白く変色している、下のほうの葉っぱはダニにやられて、このさき死にゆく葉っぱです。

上のほうのあたらしい葉っぱは、いまのところげんきそうですが......

はたして駆逐できたのでしょうか?

恐怖のミカンハダニ〜!!!



posted by オフィスまけ at 08:00| Comment(0) | まっさんとけいちゃんの日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年01月07日

雪がまう護国寺のまえの出版社はK談社ではありません。

きのうは、めずらしくメオトセットで東京へ。B社で幼年童話の打ちあわせです。

はじめておあいする編集さんだったのですが、ビジョンが明快でわかりやすく、もやもやすることなく改稿できそうです。

というわけで、方向性がかたまってからのランチタイム。


mk_220107_lunch.jpg


3人で雑談をして、そとへでると、ぱらついていた雪がうっすら積もるほどになっていました。

ここは地下鉄有楽町線の護国寺駅。あたりまえですが、護国寺があるところです。


mk_220107_gokukujisnow.jpg


(ハトが1わいるよ。わかるかな?)

ところで、護国寺といえばK談社ですが、進行中の幼年童話はB社です。

ちなみに、K談社からは来月あたり絵本がでるのでどうぞよろしく〜!!!



posted by オフィスまけ at 08:00| Comment(0) | 制作中のはなし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年01月06日

あなたがみている「さ」と「き」は切れていますか? つながっていますか?

いま、みなさんがみているスマホやタブレット、パソコンでは、どう表示されているでしょうか?

「さ」と「き」の切れているところです。

なにをいっているのか、ほとんどのかたは意味不明とおもわれますので図解します。


mk_220106_sakisaki.jpg


上の「さ」と「き」のあかまるのところ。

みなさんがみている「さ」と「き」は、上のようにつながっていますか?

それとも下のように切れていますか?

おそらく「つながっている」かたのほうがおおいのではないでしょうか?

しかし、じっさいに文字をかくときは、ほとんどのかたが「切れている」状態の「さ」と「き」ではないでしょうか?

ちなみに、文部科学省は「切れている」「さ」と「き」で指導していて、もちろん、教科書もそれにしたがっています。

なぜ、いま、このようなはなしをしているかというと、そういう、ひらがなの特徴を題材としたおはなしをかくからなんですねえ。

まえおきがめちゃくちゃながかったわりに、それ以上のことはおつたえできないんですけどねー

とりあえず、がんばります!!!




posted by オフィスまけ at 08:00| Comment(0) | 制作中のはなし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年01月05日

あしたの打ちあわせにそなえて幼年童話の原稿を復習します。

あしたの天気予報が極寒でおそろしいのですが、あしたは打ちあわせで、めずらしくメオトセットで東京行きです。

企画は絵本ではなく幼年童話で、B社の編集さんからとどいていた赤字を打ちあわせのまえに復習します。


mk_220105_wakuwakugenko.jpg


ふむふむ。なるほど〜〜

デビューして10年ぐらいまでは、なにかと編集さんと衝突していましたが、いまは、ほぼほぼ編集さんの赤字にしたがって改稿しています。

50才をすぎて、ますます、まるくなりつつあります!!!

幼年童話は、A社の編集さんにもみてもらっているところ。

絵本をやめるつもりはありませんが、間口をひろげていきますよ。

オレ、がんばれ〜!!!



posted by オフィスまけ at 08:00| Comment(0) | 制作中のはなし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年01月04日

領収書や支払明細書の処分をしているとなつかしくなったりします。

ぶっちゃけ年末年始は、とくに各種行事は、あまり好きではありません。

にぎやかで、はれやかで、たのしかったりするのはわかりますが、「めんどくせー」という気持ちがさきにきてしまうのです......

というわけで、最低の最低の最低限のことしかしないのですが、しごととして、年末年始にやらなければならないこともありますよね。

たとえば......


mk_220104_meisaiohisama.jpg


保管期間をすぎた年の領収書や支払明細書を束ねていたクリップをはずす作業!

個人情報が記載されているものは、びりびりセルフシュレッダーをしたりしてね。

でもって、そのころに購入したもの、いった場所などなど、当時の記憶がほりおこされたりして、なつかしくなったりします。

上の画像の支払明細書は、休刊となってしまった小学館「おひさま」に連載していたおはなしの原稿料ですね。

(しらないかたはこちらをチェックしてね→2014年の小学館「おひさま」連載『きょうのごはんなに?』

じぶんでいうのもなんですが、なかなかたのしい連載でした。

そんなこんなで、タイムカプセルみたいな年に一度の作業なのでした〜〜



posted by オフィスまけ at 08:00| Comment(0) | 制作中のはなし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする