\ ちょっとお知らせでーす /

☆絵本ライブ情報はホームページのイベントじょうほうで。
 依頼と問い合わせもオフィスまけホームページからおねがいします!
 
 みなさま、どうぞよろしく!


2017年04月21日

私はいったいどこへむかっているのでしょうか?

とつぜんですが、いま、こんなしごとをしています。


mk_170618_kokakurui.jpg


こんなしごとって、どんなしごとでしょうか?

潮だまりの甲殻類の解説?

私はいったいどこへむかっているのでしょうか?

これでも、いちおう絵本とかんけいあります。

写真にモザイクがかかっているのは、ナイショの企画だからってことではなく、ネットのどこかからの無断借用だからです。

企画がとおって出版されるときには、ちゃんとお金をはらって借用することになるでしょう。

でも、それはそれでもったいないので、できるだけじぶんで撮ろうかなあ〜とおもってるけど、まだ本決まりじゃないもんでね……

さてさて、あしたは、1か月ぶりの絵本ライブ。

座間市立図書館へいきますよ!

たのしみたのしみ〜〜〜


posted by オフィスまけ at 08:00| Comment(4) | TrackBack(0) | 制作中のはなし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月20日

桜の花びらはいったいどこへいくのでしょうか?

オフィスまけ所在地・神奈川県三浦市のソメイヨシノ開花問題からかれこれ半月ほどたちまして、桜はすっかり散ってしまったわけですが。

桜の花びらはいったいどこへいくのでしょうか?

これね、まいとし不思議におもっているのです。

桜の花びら。ひらひら散って、地面をピンクのまだらもようにして、1か月もしないうちに、いつのまにか消えちゃうよね。

mk_170418_hanabira.jpg

雨がふって、側溝から川へ、川から海へ。

旅する花びらもあるだろうけど、茂みやくぼみに落ちて水にも風にもながされない花びらだって、5月の連休あけぐらいには、すっかり消えさってるよね。

秋の落ち葉は、ほうっておいても消えません。

掃いて、集めて、袋にいれてゴミにだすとか。

落ち葉たきで焼き芋とか。

人の手によらなければ、分解されて腐葉土になるまでに1年以上かかるというのに。

桜の花びらはあっというまにどこへ消えてしまうのでしょうか?

うーん。なぞだなあ。

ま、かんがえてるうちにすっかり消えて、かんがえていたこともわすれちゃうんだけどね。

桜の花びらのなぞ。

解明したいです。



posted by オフィスまけ at 08:00| Comment(0) | TrackBack(0) | (ま)と(け)のふつうの生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月19日

ど〜んとお知らせ!!こどもの本専門店・ブックハウスカフェ〜こどもの日にオープン!!

昨日の情報解禁とともに、またたくまにSNSで拡散されていったため、すでにたくさんのかたがごぞんじとおもわれます。

2月に惜しまれつつ閉店した本の町、神田神保町の児童書専門店・ブックハウス神保町の再開です!

あらたにカフェを併設して、こどもの本専門店 ブックハウスカフェとして5月5日(金)のこどもの日にオープンです。

mk_170419_bhc.jpg

それにさきがけて、4月22日(土)プレオープンとして超人気絵本作家4人(ツペラツペラの亀山さん、石井聖岳さん、鈴木のりたけさん、高畠那生さん)によるイベントが。

オープン初日には、われらが真珠まりこさん率いる "BOOKBAND" がかえってきます!

閉店のときのおわかれライブでは欠席されていたギター担当のいりやまさとしさんも、こんかいは参加されます。

平田昌広と平田景はお客さんとして!!!参加します…笑

いまのところスタートは閉店後を予定していますが、なんと一般のかたの参加もOK〜!

プレオープンも、オープン初日のイベントもお店のホームページから直接お申し込みください。

ちなみにメールアドレスは book@bookhousecafe.jp です。

あ、どうでもいい情報ですが、BOOKBANDライブには、うちの中学2年女子もつれていきますよ。

ついでにプレオープンの22日は、平田昌広と平田景は座間市立図書館で絵本ライブです。

超人気絵本作家4人とどちらが魅力的かは、だれがどうかんがえてもおなじ結果になるとおもわれますが…… メオト絵本ライブもよろしくね。

そして、もうひとつおまけの情報。

5月3日、4日は上野の森・親子フェスタでも絵本ライブ&サイン会しまーす!

(真珠さんも3日にいらっしゃるそうです)

くわしくは、後日あらためて。

みなさま、どうぞよろしく〜〜〜



posted by オフィスまけ at 08:00| Comment(0) | TrackBack(0) | イベントかんけい | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月18日

三浦の新名物「海そうめん」ですよ〜!

こんにちは〜

きょうは地元・三浦の新名物を紹介しまーす!

新鮮な海の幸。

しゃきっとした食感に、口いっぱいにひろがる潮のかおり。

その名はずばり〜

mk_170412_umisomen.jpg

はい。「海そうめん」ですよ〜

えー、じつは、これは貝の親戚。アメフラシ(「市場魚貝類図鑑」へ)の卵なのです。

見ためが麺のようなので、「海そうめん」といわれていますが、じっさいには食べられません。

それどころか毒素をもっている(この情報は裏をとってないです)ともいわれています。

アメフラシそのものは、ごく一部の地域で食用にもされていますが、まず、食べるひとはいないでしょう。

三浦の新名物ではありません。

うそです。うそです。ごめんなさい。

ところで、食用とされている海藻にウミゾウメン(「市場魚貝類図鑑」へ)というのがありまして、名称がおなじためアメフラシの卵が食べられるとかんちがいされるかたがときどきいます。

けっして食べないでくださいねえ。

以前、TVのバラエティ番組かなんかで、海藻のウミゾウメンを食べているにもかかわらず、アメフラシの映像がながれて…

「これはアメフラシ(←かなりグロい生物)の卵なんです!」

「キャーッ!」

という演出がされていましたが、あれは本気でまちがえていたのか。ディレクターがうそつきなのか。どっちだったのかなあ…

アメフラシの「海そうめん」でしたら、三浦の潮だまりでいくらでもみられますよ。

ぜひぜひ、みなさん、あそびきてね〜〜〜



posted by オフィスまけ at 08:00| Comment(0) | TrackBack(0) | (ま)と(け)のふつうの生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月17日

マルコメ君がでてくるマルコメ味噌のCMしってる?

えー、懐かしのCMネタってわけではありません。

とつぜんですが、マルカメムシって、見ためは甲虫っぽい5mmぐらいのカメムシがいるのです。

都市部にもおおいつる草のクズに寄生するので、あっちこっち出没します。

(気になるかたはマルカメムシ@虫知識.COMへどうぞ)

マルカメムシは、どういうわけか洗濯物にくっつくので、はっきりいって不快です。

春うらら〜ってころにあらわれて、洗濯物をとりこむたびに部屋に侵入。ああ不快。

マルカメ君。

まじでかんべんしてください。

ん?

マルカメ君?

というわけで、CMソングがあたまにうかんで…




♪マルカメ マルカメ マルカメ マルカメ マルカ〜メむし!


なーんて、ゆううつな気分をCMソングでごまかしていたら、うちの中学2年女子がいったのです。

「とうちゃん、その歌なに?」

「え? しらないの?」


mk_160417_marukome.jpg
スクリーンショット@マルコメ君の歴史|マルコメ


マルコメ味噌とマルコメ君の説明をひとしきりして、そういやさいきんCMをみてないなあ〜とネットでしらべたら、平成20年の14代目のマルコメ君以降、マルコメ君とCMはおわっていたのでした。

中学2年の娘は平成15年生まれなので、CMをみたことはあるとおもわれますが、小さすぎて記憶がのこらなかったんですねえ。

あんなに印象的なCMソングなのにねえ〜


♪マルカメ マルカメ マルカメ マルカメ マルカ〜メむし!


みなさん、マルコメ君がでてくるマルコメ味噌のCM。

しってますか?

ひょっとして全国放送じゃなかったりするのかなあ。

味噌は地域性がけっこうあるしね。

なんにしても……

マルカメムシにうんざりです。



posted by オフィスまけ at 08:00| Comment(2) | TrackBack(0) | (ま)と(け)のふつうの生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月16日

となりの教会から聖歌がきこえてきた夜

きのうの夜のこと。

あしたのブログ(つまりこの記事)のネタがないなあ〜と、かんがえていると、となりのカトリック教会から聖歌がきこえてきました。

ん?

きょうはなんの日だっけ?

4月中旬といえば?

イースター?

と、しらべてみたら正解でした。

正確には、きのうではなく、きのうの時点でのあした、つまり本日がイースターです。

クリスマスとちがって、日付が年によってちがうので、まいとし聖歌がきこえてくるまで気がつきません。

というわけで、ブログネタとして便乗させてもらって〜

mk_170416_egg.jpg

イースターエッグ?

いえいえ、さすがに油性ペンでらくがきするのは気がひけたので、やめておきます…。



posted by オフィスまけ at 08:00| Comment(0) | TrackBack(0) | (ま)と(け)のふつうの生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月15日

鳥はむりな体勢を強いられて全長を計測されます。

こつこつしごとをしています。

おもに絵本のテキストをかくのがしごとですが、どうじにビジュアルイメージがとてもたいせつなしごとでもあるので、こんな図版をつくったりして、テキストのイメージをふくらませます。

mk_170415_bird_zencho.jpg

鳥の全長。

くちばしをぴーんとのばして、しっぽもぴーんとのばして計測するんだね。

自然界ではありえないような、むりな体勢を強いられるんだね鳥さんは。

そういや、ブログでカブトムシの全長についてかいたことがあったなあ〜と、さかのぼると半年ぐらいまえにもおなじようなことをやっていたのがわかります。

半年ものあいだ、いったりきたりしてるんですねえ。

ま、これはこれでけっこうたのしいんだけどね。

↑ テキストをかくという、そのものずばりなしごとからの現実逃避でもある…



posted by オフィスまけ at 08:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 制作中のはなし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月14日

海辺のおじぞうさんのくびかざり

だいすきな絵本屋さん。京都のえほん館が5月に移転します。

連絡してくださった店主のむっちゃんは、

「(京都弁に脳内変換してよむこと)お店のまえのおじぞうさんがめっちゃかわいくて。ひとめぼれしてしまいましたあ」とね。




そんなこんなで、近所のおじぞうさんがなんとなーく気になって、海のすぐそば交差点。

かわいいくびかざりをしていたおじぞうさんに、写真を撮らせてもらいました。


mk_170414_jizosama.jpg

海辺のおじぞうさんらしく、貝がらでできたくびかざり。

浜によくうちあげられているナミマガシワ(たぶんね)の貝がらです。

ちょっと汚れていますが、あたまにまいたタオルもとっても親近感があってね。

ボウズあたまにタオルまき。

なんだかよくみる気がします。

鏡のなかで?

あ、おじぞうさんのあたまが「ぼうずあたま」という認識でいいのかどうか。

そこらへんはちょっとわからないけどね。

まいにちまいにち、交差点の安全をみまもっている。

海辺のおじぞうさんでした。


posted by オフィスまけ at 08:00| Comment(0) | TrackBack(0) | (ま)と(け)のふつうの生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月13日

横須賀の菜のごちそうで「すかなごっそ」らしいです。

オフィスまけ所在地の三浦は、農業がさかんで年中おいしい野菜がたべられます。

三浦のとなりの横須賀は、全国的には「軍港の町」として知られているとおもわれますが、農地もけっこうあるのです。

そのまたとなりの葉山町と共同でJAよこすか葉山 すかなごっそというでっかい直売所があって、休日は観光客のかたがいっぱいです。

mk_170314_sukanagosso.jpg

「横須賀の菜のごちそう」を省略して「すかなごっそ」だとか。

三浦だったら「うらなごっそ」

横浜だったら「はまなごっそ」

土佐の豪快な男は「いごっそ…う」です。

横須賀のすかなごっそは水曜日が定休日。

はい。

きのう、所用の帰りによったらお休みでした。

……チーン。



posted by オフィスまけ at 08:00| Comment(6) | TrackBack(0) | (ま)と(け)のふつうの生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月12日

白亜(はくあ)くんという名まえの男の子

どこできいたかわすれてしまいましたが、白亜(はくあ)くんという名まえの男の子がいるそうです。

どうしてその名になったのか?

かってにいろいろ想像すると……

恐竜がすきなおとうさんが、なかでもいちばんすきなティラサウルスがいきていた白亜紀にちなんで白亜くんと命名。

mk_170412_t_rex.jpg
                  @pixabay

強く。たくましく。そだってくれ。と。

まちがっても、絶滅するなよ〜とは、おもわなかったかもしれないけど、白亜くん。

それで、ふとおもったのですが、白亜くんがいるなら「ジュラちゃん(くん)」もいるんじゃない?

さっそくみんなの名前辞典ってのでしらべてみると……

 ?

 ?

 ?

いました。いました。

じゅらちゃーーん!

寿楽、寿羅、樹來、珠蘭……

すごいねえ。

いるもんだねえ。

さすがにカタカナで「ジュラちゃん」はでてこなかったけどねえ。

それではって、こんどは、白亜紀、ジュラ紀とさかのぼって、おなじく中生代の三畳紀!

もしかして三畳くんもいる?

 ?

 ?

 ?

いやいやいや、さすがに三畳くんはみつかりませんでしたが、日本中をさがしたら、ひょっとするとどこかにいるかもね。

でもって、白亜くんも、じゅらちゃんも、いるかわからないけど三畳くんも、みんなみんな恐竜だいすきな子どもになって……

『ふたりのカミサウルス』をよんでね!

以上、本日の宣伝おしまい。


posted by オフィスまけ at 08:00| Comment(4) | TrackBack(0) | (ま)のひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする