\ ちょっとお知らせでーす /

☆絵本ライブ情報はホームページのイベントじょうほうで。
 依頼と問い合わせもオフィスまけホームページからおねがいします!
 
 みなさま、どうぞよろしく!


2020年03月31日

不要不急の外出はひとりぼっちの夜の海

きのうは不要不急の夜の海へいきました。

けいちゃんと、高校1年女子におるすばんをさせて......

不要不急の外出禁止?

「不要」と「不急」のどっちもかぶってる外出だね。

でもね、要じゃなくても用があったんです。

春を告げるおさかな。メバルにね。

あいにくメバルちゃんは外出中だったようなので、かわりにたくさんの〜


mk_200331_wakamekabu.jpg


ワカメをひろってきました。

もちろんメカブつきです。

(ちなみにワカメは漁業権が設定されているので「採取」は基本ダメです。浜に打ちあげられて翌日にはゴミと化すワカメを「拾って」います。ねんのため。)

それはさておき、きのうは志村けんが天国にいってしまって、とてもとてもがっくりしました。

ぶっちゃけ「ひょうきん族」がはじまったら、なんの迷いもなく「全員集合」とはおわかれをした男です。

(同世代にしかわからないネタ。そして家庭用にビデオデッキが普及していない時代でした。)

とはいえ、60年代、70年代生まれの、いまはおおきな子どもたちに、ドリフに、志村けんに、まったく影響をうけていないひとなんて、ほとんどいないのではないでしょうか。

そのぐらいの存在でしたね。

さらにぶっちゃけていえば、新型コロナウイルスが原因でなかったら、ここまでずーんとおもたく、こころにはひびかなかったとおもいます。

「不謹慎だ!」

そういわれてもかまいません。

だって、ほんとうにそうおもっているから。

志村けんは命とひきかえに、いまの状況のコトの重大さをつたえた〜なんて、きれいごとをいうつもりもありません。

でも、これで新型コロナウイルスの真の脅威を認識したひとが、たくさんたくさんいるのではないでしょうか。

はい。オレもそのひとりです。

ほんと、たいへんなことになってきました。

オレには想像もつきませんが終息するまでに年単位での時間がかかるかもしれません。

そんな状況で、

「不要不急の外出はひかえましょう」

これは、このさきほんっとうにしんどいでしょう。

だからね、夜のメバル釣りみたいに、家をでてから帰宅するまで、ほぼひととすれちがうことがないような外出だったら、たとえ不要不急でも、これからは気分転換にとっても必要になるとおもうのです。

いいわけではなく、どれだけ時間がかかるかわからない以上、その時間をすこしでもストレスをなくす方法を個人個人でかんがえたほういいとおもうのです。

もちろん都会の真ん中に住んでいるかたは、そうかんたんなことではないだろうけどね。

とにかく、時間のすごしかたをちゃんとかんがえたいですね。

ブログにかくのもなんだけど、ネットを遮断する時間もあえてつくったほうがいいかもね。

じぶんより家族を、ほかのひとを優先してかんがえなければな〜と、おもいました。

(それなら釣りにいくな!笑)

おしまい。






posted by オフィスまけ at 08:00| Comment(0) | まっさんのひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月11日

あたまがちょっといたくて、くしゃみとせきがでるのですが、もしかするとこれは......

さいきん、あたまがちょっといたくて、くしゃみとせきがでるのです。

もしかするとこれは、新型コロナ......

いえいえいえ、まいとし恒例の花粉症ですね。

ところで、みなさん、しってますか?

どこもかしこも、もうおなかいっぱいってぐらいコロナ情報だらけだし、だいたい想像つくとはおもいますが。

ウイルスと、PM2.5とよばれる微小粒子状物質と、まいとし恒例のうんざりスギ花粉。

おおきい順にならべるとどうなるでしょう?

かんたんすぎるかな。

でも、そのサイズ比がどのぐらいかは、ピンとこないかもしれないですね。

というわけで図示しましょう。


mk_200310_kafuntohikakaku.jpg


おおきすぎてはいらない、きみどりがスギ花粉(30〜40マイクロメートル)、オレンジがPM2.5(2.5マイクロメートル以下)、そしてピンクがウイルス(0.1マイクロメートル以下)ですよ。

(それぞれ最大値で比較、マイクロメートルはミリメートル(mm)の1,000分の1)

こんなにでっかいスギ花粉の排除だってろくにできないのに、ウイルスにどうやって立ちむかうんだよね〜

ちなみに、市販のサージカルマスクの目は5マイクロメートルぐらいなんだそうです。

つまり、ここではスギ花粉しかシャットアウトできないわけね。

もっとも、飛沫感染するウイルスは、せきやくしゃみで飛んでくる粒子にはいっているわけで、その粒子が5マイクロメートルらしいので、とりあえずはふせげるのか?

でも、いったんマスクの表面についたとしても、呼吸とともにウイルスだけ侵入しそうだけどね。

ま、素人かんがえだけどね〜

それで、けっきょく、なにがいいたいかっていうと、

オレには、新型コロナウイルスより、まいとし恒例のスギ花粉のほうが、はるかにゆううつのタネですよ〜〜〜

きょうは3月11日。

9年まえは、花粉のことを意識するよゆうすらなかった気がするから、いまはそのときのこころもちより、だいぶいいのかなあ。

いや、ほんと、わからないことばかりだけど......






posted by オフィスまけ at 08:00| Comment(0) | まっさんのひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月30日

電子申告じゃないと青色申告65万円控除がうけられないなんて聞いてないよ〜!!!

まいとし1月の中旬に確定申告書書類一式が税務署からとどきます。

でもって、とたんにゆううつな気持ちになるオフィスまけ経理部長のまっさんですが、ことしはそのかわりに「(コスト削減のため)とどきません」というハガキが税務署からとどいたのです。

電子申告のかたがふえているからって理由ですが、オフィスまけはまだまだアナログなので、税務署に電話して書類一式をおくってもらったのです。

ところがですよ?


mk_200130_aoiro_kokuchi.jpg


なんとまあ、ことしから電子申告じゃないと青色申告の特別控除65万円がうけられないという驚愕のお知らせ。

じょうだんじゃないよ!

聞いてないよ〜!!

ふざけんなーー!!!

だいたいですよ?

昨年までは、額は数千円だったとおもいますが、電子申告で税金がちょっぴり免除される?だったかで、数年まえに、いちどしらべたことがあったのです。

ところが、国税庁の e-Tax なるソフトはWindowsしか使用できないという、中途半端なお役所しごと。

Macユーザーは少数派とはいえ、たしか全体の1割以上はいるはずですよ?

ほんきで電子申告をすすめようとおもっているのか??

だいたい、そのソフトだってMacユーザももれなく払っている税金で開発してるんだよ???

とにかく、そんなわけで、昨年までの怒りがふつふつとこみあげてきて、クレームをいれたところで、事実がくつがえされるとは、まったくおもってはいないのだけど、まあ、いっぱつ、税務署に文句をいってやろうかと。

いらっとしながら、あらためて国税庁のホームページをみると、 e-Tax はあいかわらずWindowsオンリーなものの、「確定申告書等作成コーナー」という陳腐な名まえのWEBページなら、Macintoshでも電子申告ができることが判明?

え?

まえから、Macもつかえたのか??

と、しらべてみると、なんてことはない。

昨年の確定申告からつかえるようになったばかりでした。

でもって、確定申告書等作成コーナーから申告するには、税務署での本人登録が必要ということで、きのうは横須賀税務署へいってまいりました。


mk_200130_aoiro_toroku.jpg


はあ......

ぶじに、登録することができました。

はたして、これで電子申告ができるのでしょうか?

青色申告の65万円控除はゲットできるのでしょうか??

結果は後日おしらせしましょう。

いやあ、書類作成するまえから、つかれちまったよ。


mk_200130_aoiro_fune.jpg


税務署のうらの横須賀新港をながめつつ、気持ちをおちつけるのでした。

おしまい。




posted by オフィスまけ at 08:00| Comment(0) | まっさんのひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月27日

とうちゃんはあたまがいたくてこんなかおになりました。

先週の金曜日ぐらいから、あたまがとてもいたくなりまして。

頭痛はどきどきあるのですが、くすりをのんで、しずかにしていれば、まあ1日ぐらいでなんとかなります。

でも、数か月にいちどぐらい、くすりをのんでも、しずかにしていても、ぜんぜんよくならないときがあるのです。

そんなときは、きっと、こんなかおをしているとおもいます。


mk_191127_zutsupapa.jpg


かあちゃん(=けいちゃん)がたらこくちびるだし、現高校1年女子の鼻からエクトプラズムがでちゃってるし、とうちゃんは、あたまがいたくて呆然自失です。

はなしをもどして、ぜんぜんよくならない頭痛のときは、だいたい、右の目の裏あたりから、右側頭部と頸部、そして右肩がずきずきといたみ、2日ぐらいで、それがそのまんま、左に移動してずきずきいたむのです。

おもしろいことに、右から左へ移動するときは、からだの中心部をいたみがとおりぬけるのではなく、いきなり、瞬間移動のように、気がついたら左がいたくなっているんですねえ。

だれか、お医者さん、このしくみを解明してください笑

なにはともあれ、きのうの夜にはおおよそよくなって、いまはげんきではたらいています。

オレ、よくがんばりました〜〜〜






posted by オフィスまけ at 08:00| Comment(0) | まっさんのひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月07日

成人男性(50才)の自然治癒力はそれなりなのか?

ちょうど1週間まえ。先週の月曜日にちょっとした失態で、右手の親指の腹をちょこっとえぐってしまいまして、皮だけでなく肉部分も少し切ってしまったのです。

まったくたいしたことはないのですが、直接ふれると痛いため「箸をもつ」などの作業は、ばんそうこうがないとしんどいのでした。

というわけで、「1週間ぐらいはめんどうだなあ〜」と、おもっていたのですが、あんがいなおるのがはやくて、4日ぐらいでばんそうこうは不要に、きのう(6日目)の時点で、こんなかんじになりました〜〜


mk_191007_oyayubi.jpg


加齢とともに、自然治癒力はおちていくようですが、成人男性(50才)の体もまだまだがんばっているようです。

でも、小学生ぐらいだったら、2日ぐらいでなおっちゃうのかなあ......





posted by オフィスまけ at 08:00| Comment(0) | まっさんのひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月17日

基本的にインプットを休止しているまっさんですが『進撃の巨人』にうっかりはまりました。

とつぜんですが、いろいろおもうところがあって、作家デビューしてからは、小説や映画など、物語性があるエンターテイメントはからだのなかにいれないようにしています。

絵本作家をめざすみなさんには、あらゆる創作をインプットすることがとても重要とおつたえしているので、とんでもない矛盾ではあるのですが、理由はめんどうなので、ここでははなしません。

とにかく、そういうわけで、基本的にインプットを休止しているまっさんですが、うっかりはまってしまいました......


mk_190917_shingekimanga.jpg
『進撃の巨人』連載10周年感謝企画 最終回まで一緒に読もう!キャンペーン(「BookLive」スクリーンショット)


タイトルぐらいはだれもがしっているであろう超ヒット作なので、無料につられて「どんなもんなのかなあ」と、かるーい気分でね。

1巻だけのつもりが、すっかりはまってしまった『進撃の巨人』です。

それにしても太っ腹です。28巻が無料で、最新刊の29巻が3日間限定で108円。

よみはじめたのが1週間まえぐらいだったので、あせりましたよ〜

だって、無料期間はあした9月18日までなのです。

どうにかまにあったものの、かなりハイペースでよんだため、目がつかれるとともに、首と肩が痛くてたまりません。

けいちゃんに理由をはなさずに、マッサージしてもらったのですが、首と肩はだいぶよくなったものの、こころがちょっと痛んだので、

「じつは、ずーっとスマホでマンガよんでて」

と、いったところ「あほか!」と、いわれてしまいましたよ。

よんだことがないというみなさんも、いかがですか?

ま、あしたまでなので、無休で1時間1冊ペースぐらいじゃないとよみおわらないけどね〜〜



posted by オフィスまけ at 08:00| Comment(0) | まっさんのひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月07日

さて、このすてきなクリームソーダはどこで飲めるのでしょうか?

きのうは、三浦海岸のおとなり津久井浜までふらふらいってきました。

いや、散チャリ(自転車でおさんぽ)コースなので、しょっちゅうふらふらしているのですが、ふだんはお店にはいって、こんなにすてきなクリームソーダをいただくことはありません。


mk_190907_yokosukawingbulue.jpg


さて、きのう、まっさんがいってきたところはどこでしょうか?

正解は〜

 ・

 ・

 ・

 ・

 ・

 ・

 ・

 ・

 ・

 ・

 ・

 ・

 ・

 ・

うみべのえほんやツバメ号でした〜!

ものすごーくひさしぶりです。

4年半ぶりぐらいかな?

でも、以前とかわらないすてきなお店でした。

しばらく、とおざかっていましたが、また、ときどきのぞきにいこうとおもいます。

そんな日でした。




posted by オフィスまけ at 08:00| Comment(0) | まっさんのひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月04日

海中にさく花はいったい何のなかまでしょう?

はい。きのうのブログのおまけです。

写真におさめたかったいきもの3種ではありませんが、潮間帯下部の海中にこーんな花がさいていましたよ。


mk_190904_keyarimushi.jpg


いえいえ、花ではありません。

これは、植物ではなく、いわゆる「いきもの」です。

「ケヤリムシ」という名まえなのですが、いったい何のなかまでしょう?


1.環形動物(ミミズ、ゴカイなど)

2.節足動物(昆虫、甲殻類など)

3.棘皮動物(ヒトデ、ウニなど)


正解は......

 ・


 ・


 ・


 ・


 ・


 ・


 ・


 ・


 ・


 ・


1の「環形動物」でした〜!!!


え?

どうでもいい?

いきものの分類って、けっこうすきで、絵本ライブのネタにもよくとりいれてるんだけどね。

ま、どうでもいいひとには、どうでもいいよね〜〜〜






posted by オフィスまけ at 00:08| Comment(0) | まっさんのひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月05日

せきがとまらないのは花粉症ではなく.... まさかの風邪ですか?

はい。花粉症のまっさんです。

症状は、目のかゆみ7・肌(顔など)のかゆみ1・くしゃみ1・鼻水1〜ってなかんじです。

花粉症でせきがでるってひとも、なかにはいるでしょ?

きのうは、朝からせきがとまらなかったので、あらたな症状に「せき」もくわわったのかとおもったのですが......


mk_190304_sekiseki.jpg


もしや、まさかの風邪ですか???

もう何年も風邪で寝こむようなことはありませんが、せきがしばらくつづくことは2年に1度ぐらいあります。

もしや、まさかの風邪ですか???

いやだなあ。

それなら花粉症のほうがいいなあ......


posted by オフィスまけ at 08:00| Comment(0) | まっさんのひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月21日

しかたがないからそろそろ手をつけますかねえ〜


はい。ことしもメンドくさい時期がやってきましたね〜〜



mk_190221_iyaiyakakutei.jpg



3月15日までだね。


しかたがないからそろそろ手をつけますかねえ〜


はあ......


メンドくさいなあ......



posted by オフィスまけ at 08:00| Comment(0) | まっさんのひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月19日

平和をねがって名がついた平和島です。

10月13日の美奈見ここわ保育園絵本ライブ&ワークショップ。

JR大森駅にむかう帰り道で巨大なニセゴイシウツボに遭遇したわけですが、行きは京浜急行の平和島駅からタクシーでした。

ところで、帰宅後にちょっと気になったのは「平和島」という地名の由来。

競艇場があることで、東京と近郊にすんでいるかたなら、どこかで耳にしたことがある地名だとおもわれます。

でも、その名の由来をしるかたは、あんがいすくないのではないでしょうか?

わたくしが、みなさんにおおしえしましょう!!!

(なぜか上から目線)


mk_181016_heiwajima.jpg


東京は大田区の平和島。

いまは地つづきになっていますが、もともとは戦前に埋め立てがはじまった人工の島なんだそうです。

つまり、古くからの地名ではないわけですが、なぜ「平和」と?

戦前に埋め立てがはじまった人工の島。

戦時中は捕虜を収容所があったそうです。

そして、戦後は戦犯の収容所にもなっていたことから、二度と戦争がないように祈りを込めて「平和島」とよばれるようになったそうです。

そんな歴史があったとは。

平和島。

かなしくもすてきな地名なのでした......



posted by オフィスまけ at 08:00| Comment(0) | まっさんのひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月27日

絵本のデジタル化についてまじめにかんがえ......ない? その5

絵本のデジタル化について「まじめに」ではないけれど、個人的にちょっとかんがえてみた最終回です。

(未読のかたは、その1その2その3その4をよんでからもどってきてください。)

YouTubeにあがっている「絵本の動画」

それが面出ししている「読み聞かせ」ならいいのですが、絵本を机などにおいて真上に固定したカメラでとらえた動画はいただけません。

これは文字どおり「動画」であって「読み聞かせ」ではありません。

とはいえ、YouTubeにたすけられている、おかあさんやおとうさんはたくさんいるはずです。

スマホやタブレットの動画は、おとなが「かまえない時間」に子どもがひとりですごす方法として完全に認知されています。

それを「わるい」というひともいるでしょう。

絵本は動画ではなく「じっさいに子どもとむかいあってよむべきだ」というひともいるでしょう。

はたしてどうでしょうか?

育児の「ワンオペ」が問題になる時代に、それを正当性のある意見と本気でいえるでしょうか?

議論するつもりはありませんが「テレビはいいの?」「兄弟がいたらいいのに…」「木のおもちゃにかぎる!」みたいにそれぞれの主張は平行線をたどるだけでないでしょうか?

そもそも、おかあさんやおとうさんが、育児をなまけたくてスマホやタブレットにたよっているのでしょうか?

未就学児、未就園児がひとりでスマホやタブレットにじっとみている場になんどかいあわせましたが、そのときのおかあさんは仕事中であり手がはなせない状況でした。

くわえていえば、そのおかあさんがたはじぶんの知人であり、いずれも「絵本がだいすきなひと」であることをしっています。

このように、おとなが子どもをみられない時間に限定すれば、子どもがスマホやタブレットですごすことは、個人的には賛成です。

ただ、そのときに、もしも卓上に絵本をおいて、真上から固定したカメラで撮影したような「絵本の動画」をみているのであれば、それはちょっとかんがえてほしいです。

いちど再生したら、おわりまでそのまま。

モニターでみる絵本であっても「本であること」をもうすこしかんじてほしいです。

そういう意味では、その2その3にかいた絵本ナビプレミアムforスゴ得は、じふんの手で、じぶんのタイミングでページをめくれるので「本であること」をおもいださせてくれるでしょう。

このプログラムには残念ながら音声は収録されていませんが、もしもページごとに読み聞かせの音声がつけば、おとなが「かまえない時間」に子どもがひとりですごすための「デジタルの絵本」として、とてもすぐれているとかんがえています。

つけくわえると、たとえ「デジタルの絵本」であっても、子どもにとってかけがいのない1冊がきっとみつかるはずですから、そのときはあらためて「紙の絵本」を購入して、その子にとって世界に1冊の「じぶんの絵本」にしてほしいです。

絵本のデジタル化。

既刊絵本でもデジタル化にむいているもの、そうでないもの。画面のトリミングやときには構成に手をくわえたほうがいいときもあるとおもいますが、著者と出版社の協力のもとに、ていねいにすすめていってほしいです。

おとなが「かまえない時間」に子どもがひとりですごすための手段としては、とても可能性をかんじます。

また、おとなにとっても「デジタルの絵本」が「紙の絵本」をえらぶための選択手段としてなら、とても有効だと思います。

じぶんの才能ではむずかしそうですが、すぐれた絵本作家であれば、こんかいこの記事の発端である東村アキコのマンガのように、さいしょからデジタル前提のすばらしい作品ができるのではないでしょうか。

その2のさいごにかきましたが、デジタルのみで発表の絵本サイトや専用アプリもありますが、残念ながらそのクオリティは現状では既刊のデジタル化にとおくおよばない気がします。)

そして、はじまりが「デジタルの絵本」であっても、評判が評判をよび「紙の絵本」となって出版されるときがくるかもしれませんし、ほぼそれと同義のことがすでにオンデマンド印刷でおこなわれています。

いかがでしょうか?

うまいことまとめられず、ただながいだけの記事になってしまいましたが、絵本のデジタル化についてまじめにかんがえ......


mk_180927_ma2013.jpg


ました!!!

おしまい。




追記/あらためて全回をよみかえしたら、まあひどい書きっぱなしぶりでびっくりしましたが、それもこみでのオレなのでこのままにしておきます......




posted by オフィスまけ at 08:00| Comment(0) | まっさんのひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月26日

絵本のデジタル化についてまじめにかんがえ......ない? その4

絵本のデジタル化について「まじめに」ではないけれど、個人的にちょっとかんがえてみたわけです。

(未読のかたは、その1その2その3をよんでからもどってきてください。)

スマホやタブレットでみる動画。

紙の絵本の読み聞かせ動画もある意味、絵本のデジタル化といえるでしょう。

YouTubeを「絵本+読み聞かせ」で検索すると、じつにたくさんの動画がでてきます。

なかには講談社のようにオフィシャルで公開している動画もありますが、個人があきらかに無許可でアップしているものもすくなくありません。

これはひじょうに問題です。

アップしているかたを問いただせば、おそらくは、

「営利目的じゃないからいいじゃん」

と、こたえるのではないでしょうか?

いえいえ、YouTubeは再生回数によって広告収入がはいるように設定できますから、たとえ利益がわずかでもそんないいのがれは通用しません。

そもそも、かりに非営利であったとしても著者・出版社に無許可で「全ページをだれもがみられる状態」にすることは違法です。

「絵本のデジタル化についてまじめにかんがえ......ない? 」

まず、本格的なデジタル化のまえに、これらの違法アップロードをなんとかするべきです。

以前、出版社をとおしてYouTubeの動画を削除してもらったことがありますが、現状ではほぼ野放しです。

なぜ、児童書出版社のうごきがわるいのか?

いまいち理解できませんが、きかいがあったら日本児童書出版協会のえらいひとにきいてみようとおもいます。

そして、許可の有無にかかわらず「絵本の動画」は平田昌広個人的に好感はもっていません。

とくに絵本を卓上において真上に固定したカメラでとらえた動画はいただけません。

これは文字どおり「動画」であって「読み聞かせ」ではありません。

たとえばオフィスまけ作品の『いぶくろちゃん』のように、


mk_180926_171006_bhc.jpg
いぶくろちゃんライブ@YouTube


読み聞かせを前提にしている絵本の「読み聞かせをしているところ」であれば、それほど気になりませんし(無許可でOKという意味ではない)、事実『いぶくろちゃん』の帯では動画を「アップしてね〜」とコメントすらしています。

読み手が面出しして、いわゆる「読み聞かせをしているところ」であれば、それはそれでいいとおもいます。

かりに、その動画を子どもがみたとしても「読み聞かせされている」と認識するとおもわれるからです。

いよいよ最終話にむけて結論にちかづきます。

その1のさいごにかいたとおり、平田昌広個人的には絵本のデジタル化は「あり」だとおもっています。

ただし「あり」といえるのは基本的にはただひとつのシチュエーションです。

それは、子どもが「ひとり」でスマホやタブレットをみているときです。

おとなといっしょにみているのではなく、おとなが「かまえない時間」に子どもがひとりですごす方法のひとつとしての「デジタルの絵本」です。

最終話。その5へつづく〜〜〜

posted by オフィスまけ at 08:00| Comment(0) | まっさんのひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月25日

絵本のデジタル化についてまじめにかんがえ......ない? その3

絵本のデジタル化について「まじめに」ではないけれど、個人的にちょっとかんがえてみたわけです。

未読のかたは、その1その2をよんでからもどってきてください。

そんなこんなで、マンガとくらべるとだいぶゆっくりですが、絵本のデジタル化も着々とすすんでいます。

きのう紹介した絵本ナビとdocomoが運営している絵本ナビプレミアムforスゴ得は、紙の絵本を意識して(左開きの絵本では)右ページのすみをタップすると「あたかもページをめくっているような演出」でつぎのページにすすむようにプログラムされています。


mk_161022_aeon_kasukabe_keiyomi.jpg
△2年まえ絵本ナビ×docomoのイベントで絵本ライブをしました(該当ブログ


誠意をもってデジタル化していることがよくわかりますが、絵本好きのほとんどのかたはやっぱり違和感をもっていうでしょう。

「やっぱり紙じゃないとねえ」

「判型や紙の質感、重み、ぜーんぶこみでの絵本だから」

個人の感想はいろいろあるでしょうが、はたしてデジタルの絵本の需要はあるのでしょうか?

前出の「docomo スゴ得」にはオフィスまけ作品は『どんどんめんめん』が収録されています。

わずかですが使用料の振り込みがあるので、よむひとはそれなりにいるのでしょう。

人気作品となれば、かなりのアクセス数あるかもしれません。

とはいえ、このようなデジタルの絵本をよんでいる光景に日常のなかで遭遇したことはいちどもありません。

しかし、絵本から視点をすこしずらすと、これまで何度も目にした光景があります。

未就学児、未就園児がひとりでスマホやタブレットでYouTubeなどの動画をみているところです。

そして、YouTubeには絵本の読み聞かせ動画も多数あがっています。

(ためしにYouTubeで「絵本+読み聞かせ」で検索してみてください。)

問題はこれらの動画のおおくが無許可であることです。

また許可の有無にかかわらず「絵本の動画」にかんしては、平田昌広個人的にはあまり好感がもてません。

それはなぜか?

その4へつづく〜〜〜



posted by オフィスまけ at 08:00| Comment(0) | まっさんのひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月24日

絵本のデジタル化についてまじめにかんがえ......ない? その2

きっかけは絵本ではなくマンガ。

超売れっ子のマンガ家、東村アキコの試みをしって絵本のデジタル化についてかんがえてみたわけです。

(くわしくはきのうのブログで)

ところで、オフィスまけ作品もすでにデジタル化されています。

たとえば、絵本ナビで作品リストをみると40タイトル中13タイトルが「全ページ試しよみ」できます。

会員向けサービスですが、会員になるのは無料なので実質無料で絵本がよめるわけです。

(ただしこのサービスは1タイトルにつき1回のみ)

その絵本ナビとdocomoが運営している絵本ナビプレミアムforスゴ得では、月額380円で収録されている全タイトルが読み放題です。

こちらは絵本ナビとおなじプログラムをつかっているようで、(左開きの絵本では)右ページのすみをタップすると「あたかもページをめくっているような演出」でつぎのページにすすみます。

紙の絵本とデジタルの絵本。

どちらがすぐれているかという議論をするつもりはさらさらありませんが、すくなくとも誠意をもってデジタル化されていることはよくわかります。

ちなみにオフィスまけ作品は、


mk_180924_donmen.jpg


『どんどんめんめん』が収録されていますが、そのほかの作家の作品も基本的には紙媒体の絵本をデジタル化したもので、きのうのブログの東村アキコのマンガのように、デジタル媒体のためにかきおろされた作品はほとんどないとおもわれます。

とはいえ、メジャーなタイトルも相当数ふくまれていて、しらないひとがおおいなかで着々とすすんでいますよ。

絵本のデジタル化。

なかには、もとからデジタル媒体(ネット専用)に発表された絵本作品がまとめてみられるサイトもありますが、しょうじきいってこれらは(ざっとみるかぎり)かなりクオリティがひくいです。

おそらくは商業出版したくてもできないかたが、発表の場としてネットに活路をみいだそうとしているとおもわれますが、きのうのブログのウエブマンガサイト「XOY」のような成功例は現時点ではなさそうです。

いずれにしても、すべての作品は作家が同意して(もちろんオレらも全作品了承済み)デジタル化しているわけですが、こまったことにネットの世界では野放しになっているところもあるのです。

はい。YouTubeなどの動画サイトですね。

その3へつづく〜〜〜



posted by オフィスまけ at 08:00| Comment(0) | まっさんのひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月23日

絵本のデジタル化についてまじめにかんがえ......ない? その1

絵本のデジタル化について「まじめに」ではありませんがかんがえてみました。

きっかけは絵本ではなくマンガです。

すこしまえに朝日新聞に載った「ガラパゴス化していく日本マンガ」という記事。

よむのがめんどう〜ってひとに、かいつまんで説明すると、超売れっ子のマンガ家、東村アキコのはなしで、デジタル化がすすむマンガへの危機感からはじめたあらたな試みのこと。

東村アキコは中学校での講演で、ほとんどの中学生が紙媒体のマンガをしらない現実をみて、「これはまずい」と自らデジタル化をはじめたそうです。

ここでいう、デジタル化はもちろん発表の場であって制作方法ではありません。

とはいえ、制作方法(というかマンガそのものの構成)も紙媒体とはちがっていて、スマホでよみやすいように1コマずつ下へながれる縦スクロール。そしてフルカラー。

こうしてかきおろしの新作マンガが発表されたのが「XOY」という無料のウェブマンガサイト。

東村アキコのマンガは、

mk_180923_yukihanatora.jpg
『雪花の虎』(小学館「ビッグコミックスピリッツ」より)

毎週かっているマンガ誌でよくしっていたので、どんなもんかなあ〜と、そのサイトをのぞいてみたのです。

『偽装不倫』東村アキコ(XOY)

いや、もう、びっくりです。

あえて、ふだんつかっているMacではなくスマホでよんでみると、フルカラーがとても新鮮で、紙媒体ならすかすかの背景もスマホではまったく気にならずむしろすっきりここちよく、なによりストーリーがよくてあっというまに最新話までたどりついたのでした。

しかも......

このクオリティで無料!!!

これを超売れっ子の東村アキコが、自ら実験的に挑戦しているのがまたすごいです。

それでは絵本は?

超売れっ子のマンガ家が挑戦しているのに、生活するのがやっとの絵本作家がスルーできませんよ?

なーんて、じっさいに絵本のデジタル化にとりくむつもりはありませんが、ちょっとかんがえてみたわけです。

紙ではない絵本。

スマホやタブレットでよむ絵本。

いま、ほとんどの絵本好きがイヤなかおをしたでしょう。

ではでは、平田昌広個人的なかんがえを数日にわたっておとどけしますが、あらかじめおつたえすると、絵本のデジタル化も「あり」と結論しています。

というわけで「その2」へつづく〜〜〜



posted by オフィスまけ at 08:00| Comment(0) | まっさんのひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月21日

その名のとおりとはいえカッコウナマズの生態に驚愕したまっさんです。

カッコウナマズ。

じつはナショナルジオグラフィックの記事をよむまでしりませんでした。

おさかながだいすきな自称さかなクソ(さかなくんではない)のまっさんですが、まったくその存在をしりませんでした。

その名のとおり、カッコウのような生態のナマズです。

カッコウのこそだて。みなさん、ごぞんじですか?


mk_180921_irokosobaby.jpg


『いろんなこそだてずかん』(左上)にもいますね。

しらないかたのために説明すると、カッコウはほかの鳥の巣に卵をうんで放置。その巣の親鳥にこそだてをさせるのです。

これは「托卵」という生態で、本来の親鳥のヒナよりはやくうまれたカッコウのヒナは、ほかの卵を巣から蹴おとして親鳥を独占するのです。

この生態によくにたカッコウナマズですが、そもそもほとんどの魚は卵をうみっぱなしですから「托卵」のしようがありません。

そこで登場するのが〜


mk_180921_irokosobaby.jpg


こんどは右下です。

これはカワスズメのなかまで、観賞魚としては「シクリッド」という名まえでしられています。

カワスズメの生態でもっとも特徴的なのは「口内保育」といわれるこそだて。

カワスズメは産卵した卵を口にいれて、口のなかで孵化させて、そのまま仔魚をそだでるのです(種によってそだてかたはことなる)。

そこにあらわれるのがカッコウナマズですよ!

カッコウナマズは、カワスズメが産卵した瞬間に巧妙に卵をすりかえるのです!!!

ナショナルジオグラフィックの記事の驚愕の動画あり)

いやあ、びっくりだなあ。

カワスズメの口のなかに、ひげづらのナマズの仔魚がいる画像は、なんだか寒気すらかんじます。

ほんと、いきものはおもしろいなあ。

ま、いちばんおかしなのは、まちがいなくヒトだけどね。

きのうは、そのなかでも究極クラスにおかしいのに、もう何年も某国の代表をしちゃっているヒトが......(以下略)

そして、本日はこれまたおかしないきものの取材で上野動物園にいきますよ。

たのしみだなあ。

どんな絵本になるかって?

それはまだまだないしょです。

おたのしみに〜〜〜



posted by オフィスまけ at 08:00| Comment(0) | まっさんのひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月15日

世のなかには注意してくれるひとがいないとダメだよね〜

はい。お盆やすみということで、三浦海岸はたくさんのお客さんでにぎわっています。

強い南風の影響でやや波があるので、きのうは遊泳注意の黄いろい旗がばさばさとはげしくなびいていました。


mk_180815_yuei_cyui.jpg


ライフセーバーのみなさんが目をみはらせていて、ちょっと沖にでているひとがいると「注意してください」とアナウンスしていました。

海水浴場にはもちろん、世のなかには注意してくれるひとがいないとダメだよね〜

と、おもったのは、きのうの読売新聞の社説です。

自民党の総裁選にかんする内容で、安倍政権について......

「大きな失政はなく、一定の支持率を維持している」

と、論じているのです。

ほほお。

大きな失政はない......と。

一定の支持率を維持している......と。

政権広報紙とやゆされる読売新聞とはいえ、ここまでヨイショするかねえ。

そんなに官邸がすきなら、あえてきびしく意見しよう〜とかないのかねえ読売新聞。

そうはいっても、朝日や毎日の論調もつねに尻きれとんぼ感がいっぱいで、けっきょく、官邸に、安倍総理に、注意できるひともマスコミもすっかりいなくなって、裸の王様に拍車がかかって総裁選では3選するんだろうね。

そんなふうにはなりたくないので、もしも、オレがおかしなことをしていたら、みなさん、注意してくださいね。

ってか、絵本業界で裸の王様になれるような権力はもってないんだけどね............




posted by オフィスまけ at 08:00| Comment(0) | まっさんのひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月16日

加齢臭が加速するかもしれない猛暑です。

まいにち暑いですねえ。

海風のおかげで、内陸よりは気温があがらない三浦ですが、連日30℃をこえています。

ちょっとそとにでて帰宅すると、Tシャツが汗でぐっしょり。

クーラーの部屋でかわいたころに、なにげなくにおいをかぐと......

うーん、汗くさいです。

ん? え?

なんとなく、においがちがう気がします。

もしや、これは......


mk_180716_currysyu.jpg


カレー臭?

いやいや、加齢臭?

そうなの???

おっさんは...... いやいや、まっさんは来年50才だからね。

もしかしてもしかすると加齢臭なの???

なんか気になるなあ。

いまさら女性にもてたいとはおもいませんが、子どもたちに、

「おっさん、くせーよ!」

と、いわれてしまうのはさけたいです。

絵本ライブでは、そこそこ人気者だからね。

ねんにはねんをいれて、デオドラントしますかね〜〜〜




posted by オフィスまけ at 08:00| Comment(0) | まっさんのひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月28日

FacebookとTwitterでX氏をブロックしたのは苦渋の選択...だったのかなあ

もう2か月ぐらいになるでしょうか。

けいちゃんのTwitterまっさんのFacebookでX氏をブロックしたのは....

このブログにはブロック機能がありませんが、さすがにもうのぞいてないだろうし、ほかのみなさんにも知ってほしいし、覚え書きもかねてかいちゃおうかなあ〜と。

(ちなみにブログへのコメント投稿はIP指定でブロックできる仕様もちろんブロック済み)

えーと、ありがたいことに、オフィスまけファン(まっさん&けいちゃんファン)といってくださるかたが、世のなかにはそれなりにいるのですが、X氏は最古参のひとりでした。

じっさいに、なんども絵本ライブにきてくださったし、三浦海岸まであそびにいらしたこともありました。

なのに、なんでブロックなの???


mk_180528_boooorock.jpg


ごもっともです。

なんていうかね。

ボタンのかけちがいとでもいいましょうか。

どこかでかけちがえちゃったんですねえ。

いちばんさいしょの「あれ?」は、よーくおぼえています。

Facebookでは、他人のタイムラインにも投稿ができるのです。

(できない設定もあるけど絵本関係の投稿はうれしいのでオールOKにしてる)

あえて、たとえるなら、このブログにこの記事をかけるのは、オレだけじゃなくて、ほかのひともOK〜とでもいいましょうか。

とはいえ、分別のあるおとなが絵本とは無関係のことをかくわけもなく(Facebookはいちおう本名登録だしね)、平穏な日々がつづいていたのです。

はい。X氏がおもむろに投稿をはじめるまでは...

1年ほどまえだったとおもいます。

まっさんFacebookのタイムラインにとつぜんX氏からの投稿。

「あ、地震。けっこう揺れた。とりあえずここに書き込む」

ん?

え?

とりあえず?

なんでオレのタイムラインに書きこむの?

ちなみにX氏の移住地と、神奈川県三浦市のオフィスまけは遠くはなれていて、X氏の移住地で地震があったことはネットニュースで知っていましたが、どうじに「三浦がまったく揺れていない」こともX氏は知っているはずなのです。

つまり、オレらを心配して〜でないことはあきらか。

なのに、なぜ、オレのタイムラインに、

「あ、地震。けっこう揺れた。とりあえずここに書き込む」

ん?

え?

まったく意味がわからなくて、素の状態でコメントを返しました。

「え? なんでここに投稿したのですか?」

「えーと、なんとなく...」

なんとなくなら、じぶんのタイムラインに投稿すればいいわけで、オレのところに投稿する意味がさっぱりわかりません。

とはいえ、しつこくきいてもしかたがないので、このときはそのままスルー。

ところが、このあとも、たびたび無関係のことを、オレのタイムラインに投稿するX氏。

しかたがないので「絵本等に無関係の投稿をオレのタイムラインにしないでください」と、おねがいしました。

すると、こんどはオレの投稿にコメントするかたちで、投稿内容とは無関係のことをかきはじめたのです。

たとえば...

「きょうは○×に行ってラーメンを食べた」みたいな内容。

ひとりごとっていうか日記???

オレ、X氏がラーメン食べたなんてどうでもいいし。

ラーメンの情報なんてもとめてないし。

これは、いわゆる「かまってちゃん」という存在になってしまったのでしょうか?

もともとX氏は、まとはずれなコメントがおおかったのですが、それも本題からいつのまにかずれて〜みたいな内容でした。

それがなぞの地震速報以来「はじめっからずれている」内容となってしまったのです。

なんども「やめてほしい」とつたえました。

でも、「すみません」とこたえながらも、数日から1週間ぐらい間をあけて、こりずに再開される日々。

そのうち、オレの投稿へのコメントだけでなく、なぞの地震速報とおなじく、オレのタイムラインに直接投稿をはじめる始末。

もう、どうにもなりませんでした。

さいごのほうは、オレもすこし感情的でした。

本来ならかるくながせるようなコメントでも、つっかかっていたこともありました。

だけど、どうすればいいの???

あるとき、かなりきびしく返事をした直後に、けいちゃんにDMで、

「まっさんを抹殺する」って...

いや、文脈からそれがじょーだんなのはわかりましたが、けいちゃんは純粋なので泣きだしちゃって...

とうとうがまんできず、けいちゃんTwitterとまっさんFacebookでX氏をブロックしたのでした。

苦渋の選択...っていうとおおげさなかんじですが、オレなりにすごくかんがえました。

もっとうまくいなせたかもしれないけど。

ファンっていってくれた最古参のひとりX氏。

とてもとても残念です。

ファンっていったいなんなんだろう?

ただひたすらにありがたい存在っておもっていたけど、こんなこともあるんだよね。

オレらみたいに、たいして売れてない作家でもかんじることだから、超売れっ子の作家さんはたいへんだろうね。

それどころか、ミュージシャンとか芸人とか、支持者のケタ数が、ひとつ、ふたつ、ゼロみっつぐらいちがうようなひとは、ほんとたいへんだろうなあ。

なーんてことをかんがえたのでした。

ながくなってすみません。

平田昌広のひとりごとです。

それでもやっぱり「ファン」っていってもらえると、すごーくうれしいので、これからもよろしくおねがいしまーす!!!




posted by オフィスまけ at 08:00| Comment(0) | まっさんのひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする