\ ちょっとお知らせでーす /

☆絵本ライブ情報はホームページのイベントじょうほうで。
 依頼と問い合わせもオフィスまけホームページからおねがいします!
 
 みなさま、どうぞよろしく!


2020年06月30日

天然のダメージジーンズはもう処分してもいいでしょうか?

基本的にジーンズしかはかないまっさんは、だいたい1年と数か月に1本の割合で、ひざやおしりに穴があき、泣く泣くおわかれしているのですが、いま現在ふだんばきにしているのは、すでに1年半をこえていて〜


mk_200630_hizaboroboro.jpg


こーんな状態になっています。

天然のダメージジーンズ的な?

さすがにそろそろ処分しようかと、かんがえているところです。

というか、まいかいはくときに、つまさきがひざの穴からとびだしそうになって、ついでにころびそうになります。

ころんであたまをうつまえに、おわかれしますかね〜〜




posted by オフィスまけ at 08:00| Comment(0) | 作品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月25日

とうとつにおもいだしたボツになったアゲハのはやくちことば

きのうのブログをかいていて、とうとつにおもいだしました。

「あ〜そういやキアゲハがでてくる、はやくちことばがあったなあ」

というのは、まだまだ新刊の『はやくちことばのさんぽみち』ではありません。

そのもととなった、いまは絶版の写真絵本『みぢかなしぜんではやくちことば/むしのまき』に載っていたはやくちことばです。


mk_200625_hayakuchiageha.jpg


あれは あげはか きあげはか

あっちは あおすじあげはかな


七五調で、けっこう気にいっていたのですが『はやくちことばのさんぽみち』には載せていません。

なんでだったかなあ?

なんで載せなかったのか、ちょっと記憶がありません。

基本は見開きに、はやくちことば1コなので、単純に構成上のつごうであって、はやくちことばそのものの問題ではなかったとおもいます。

続編だしたいなあ。

売れてくれないかなあ。

コロナで新刊営業ぜんぜんできなかったからなあ。

続編だしたいなあ。

売れてくれないかなあ......




posted by オフィスまけ at 08:00| Comment(0) | 作品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月23日

ずらーっと見開きをならべてぼんやりながめて思案する。

シリーズKTの進行に(まっさんのみ)よゆうがでてきたので、そのあとにでる絵本の構成をかんがえているところ。

本文32ページの15画面。

Adobe Illustratorで見開きをならべてぼんやりながめて、おもいついたことをかきこみます。


mk_200623_mihirakinarabe.jpg


見開きがグレーのところは、表と裏の見返し。その前後に表1(表紙)と表4(裏表紙)。

片面のみグレーのところは、扉(1ページ)と32ページです。

おぼえたところで、そんなにとくはありませんが、絵本講座でもさらっとおつたえてしています。

用語としては、しらなくても問題ありませんが、画面を意識して絵本のテキストをかくのは必須です。

見開きをならべてぼんやりながめていると、いいことおもいつくかもね〜〜




posted by オフィスまけ at 08:00| Comment(0) | 作品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月19日

4刷になってついにプロフィールのなぞが解きあかされる???

『すいかのめいさんち』が4刷になりました。

ところで、とつぜんですが『すいかのめいさんち』の初版に載っているプロフィールをよんでください。


mk_200618_suikaprof1.jpg


なんなのその自己主張は?

と、おもったかたがいるかもしれませんね。

「ちなみに結婚式は挙げていない」って、とうとつになんなの???

じつはですね、この「とうとつ」には、ちゃんとわけがあるのです。

『すいかのめいさんち』は、もともとは幼稚園・保育園へ直販の月刊絵本で、そのときは巻末に童謡『すいかのめいさんち』の楽譜と歌詞がついていまして。


♪とーもだちがー でーきーたー

 すいかの めーさんちーー


ってな、うたですよ。

でもって、そのなかで「けっこんしきをあげよう」って歌詞があるのをうけて、プロフィールのイラストが「花嫁花婿のけいちゃんまっさん」であるのをうけての〜


mk_200618_suikaprof2.jpg


「ちなみに結婚式は挙げていない」という自己紹介なのでした。

歌詞も、イラストもないプロフィールでは「とうとつだよなあ」とおもいつつ、修正してもらうのをわすれたまま市販化。そのまま3刷。

こんかい4刷になるにあたって、ようやくおかしなプロフィールを修正してもらうことになりましたとさ、

めでたしめでたし〜〜〜




posted by オフィスまけ at 08:00| Comment(0) | 作品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月27日

いよいよ給食がはじまるかな〜ってことで『ありがとう!きゅうしょく』のライブ配信だよ!

はい。緊急事態宣言が解除されたからね。

分散登校だった三浦の子どもたちも、来週からすこしずつ通常授業になのかな。

もうね、国の指針がまるでないからね。自治体に丸投げだからね。

こうなってくると、けっきょくしわよせがいくには、子どもをはじめとるする立場のよわいひとたちだもん。

ま、ここでグチっても意味ないのでライブ配信のお知らせでーす!

通常授業がもどってきたら、いよいよ給食もはじまりますね〜

小学校新1年生は、はじめての給食だね〜〜

というわけで、いってみよう!


mk_200531_masaLIVE011.jpg


5月31日の日曜日。

15:00から約40分のライブ配信は、『ありがとう!きゅうしょく』でーす!!!

チャットで参加は、全国のご当地給食クイズだよ。

みなさま、どうぞよろしく〜〜


**まっさんのえほんライブはいしんアーカイブ**
だい0かい『そもそもなんで「まっさん」っていうの?』
だい1かい『ひものでございっ!』
だい2かい『なっちゃんのほくろスイッチ』
だい3かい『ぽんこつドライブ』
だい4かい『リクエストでいこう!(おとん)』
だい5かい『それいけ!ぼくのなまえ』
だい6かい『みかんのめいさんち』
だい7かい『ねえ、ほんとにたすけてくれる?』
だい8かい『のりおのふしぎなぼうえんきょう』
だい9かい『だんごうおです。』
だい10かい『いるかはさかなじゃないんだよ。』
だい11かい『ありがとう!きゅうしょく』




posted by オフィスまけ at 08:00| Comment(2) | 作品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月26日

「とっきょきょかきょく」のアクセントがホトトギスはちがうのです。

はい。きのうのブログからつづいています。

おとといオフィスまけで初鳴きが確認されたホトトギス。

その聞きなしは「とっきょきょかきょく」で、『はやくちことばのさんぽみち』にも載っています。

ところがですね、これには監修の先生の物言いがついていたんですねえ。

みなさん、ホトトギスの鳴き声ってきいたことがありますか?

それが「ホトトギスである」ってことは知らなくても、きいたことがあるかたがおおいとおもいます。

YouTubeをホトトギス+鳴き声で検索するとでてくるでしょう。

知らないかたは、じっさいにきいてもらえると、以下の説明がよくわかります。

監修の先生は、ホトトギスの「とっきょきょかきょく」は、にんげんが既存のはやくちことば「(とうきょう)とっきょきょかきょく」をいうときのアクセントはちがうといったのです。

たしかにそれはおっしゃるとおりで、以下の図のように、はやくちことばの「とうきょう)とっきょきょかきょく」は、「きょか」のあたりにアクセントがきますが、


mk_200526_kyokakyoku.jpg


ホトトギスの鳴き声は、とくにアクセントはなくフラットな「とっきょきょかきょく」なんですね〜

先生に指摘されるまでもなく、もちろん、それはわかっていたことですし、それは先生の専門分野(そもそも監修の先生は植物が専門だけど)ではなく、日本語の問題なのでスルーさせてもらって、そのまま掲載したのでした。

これは絵本にかぎらず、監修者がつく本のむずかしい判断です。

それが、図鑑やら実用書やらのノンフィクションであれば、基本的には監修者の指摘どおりなおすべきですが、フィクションでの判断は、作者や編集者の主観によるところも多々あります。

だって、リアルにかちかちになりすぎちゃったら、おもしろくないもんね。

もちろん、ウソをまことにするつもりはありませんが、ウソよりのまことだったり、あえて多数派じゃなくて少数派をえらんだり、たのしさを優先して創作しています。

ほんとこれねえ、科学絵本のすごーくむずかしいところ。

オレがいつまでたっても売れないのは、このへんの判断がゆるいからかなあ〜っておもったりもしています。

ま、いっか!

というわけで、さいごにはやくちことば、いってみよう!


とっきょきょかきょく ほととぎす


こえにだして、できるだけはやくいってみよう。

じょうずにいえたら、3かいくりかえしていってみよう。

『はやくちことばのさんぽみち』

どうぞよろしく〜〜〜





posted by オフィスまけ at 08:00| Comment(0) | 作品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月25日

真夜中に特許許可局ホトトギスの初鳴きをききました。

はい。きのうのライブ配信に参加してくださったみなさま、まことにありがとうございます。

ひとつ、だいじなお知らせです。

きのうのメインの絵本。『いるかはさかなじゃないんだよ。』ですが、トークのなかで「品切れ重版未定かなあ」といってしまいましたが、まだまだ在庫があるそうです。

ほしいかも!と、おもわれたかたは、ぜひぜひ、おちかくの本屋さんに注文してくださいね。

次回のライブ配信は5月31日の日曜日。15:00から40分の配信予定です。

みなさま、どうぞよろしく〜〜

ところで、季節は初夏まっさかりというかんじですが、おとといの深夜、ふと目をさますときこえてきましたよ。


とっきょきょかきょく(特許許可局)


という鳴き声です。

これはですね、夏鳥のホトトギスの「聞きなし」です。

聞きなしというのは、ウグイスの鳴き声を「法法華経(ほーほけきょう)」のように、ひとのことばにおきかえることで、ホトトギスは「てっぺんかけたか」と、むかしからいわれています。

でも、オレの感覚では子ども時代からホトトギスは「とっきょきょかきょく」で、『はやくちことばのさんぽみち』にも、はやくちことばをいれたわけです。


mk_200525_hototogisu.jpg


とっきょきょかきょく ほととぎす


(3回くりかえしていってみてね)

ところがですよ?

ちょっとまえにブログにもかきましたがカタバミのはやくちことばに監修の先生の指導がはいってしまったように、このはやくちことばにも教育的指導がはいってしまったのです。

ながくなってきたので、あしたへつづく〜〜〜




posted by オフィスまけ at 08:00| Comment(0) | 作品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月09日

じつはアカカタバミは俗称であってカタバミの1品種にすぎません。

はい。本日は「まっさんのえほんライブはいしん」でーす。


だい8かい『のりおのふしぎなぼうえんきょう』


15:00から約40分の配信予定。

みなさま、ぜひぜひ、いらしてください!

ではでは、きのうのブログからつづいている、新刊『はやくちことばのさんぽみち』の裏話ですよ。

というわけで、2冊の写真絵本『みぢかなしぜんではやくちことば/くさばなのまき』『みぢかなしぜんではやくちことば/むしのまき』がもとになっている『はやくちことばのさんぽみち』ですが、さらにその写真絵本のもととなったエピソードがきのうのブログでした。

当時小学1年生の娘と庭のすみっこのちいさなきいろい花がはじまりとなったはやくちことば、


あかかたばみ

むらさきかたばみ

ただの かたばみ



ところがです。

すべてのきっかけであり、はやくちことばとしても気にいっていたため、『はやくちことばのさんぽみち』にもそのまま掲載するつもりでしたが、監修の先生にいわれてしまったのです。

「アカカタバミは俗称であってカタバミの1品種にすぎません」

え?

え?

どゆこと?

だって、当時小学1年生(だったかな?)の娘といっしょに図鑑で確認したんだよ?


mk_200507_neokatabami.jpg


ほーら、ちゃんと載ってるでしょ?

これは小学館の『NEO』という図鑑。

現行は大幅改訂のあとなので、いま現在「アカカタバミ」が載っているかはちょっとわからないのですが、


mk_200507_neokatabami_okuduke.jpg


2002年度版にはまちがいなく載っていたんですねえ。

どうして載っていたかは、当時の編集者にでも確認しないとわかりません。

もしかすると当時は、上の画像の「カタバミ」と「アカカタバミ」は別種か亜種のかんけいだったのかもしれません。

たしかに、じっさいに見ると、葉の色がまるでちがうし、ちがう種類といわれてもまったく違和感がありません。

でも、さいきんは、種の分類を形状などで判断しないで、DNAによって区別するのが主流らしく、植物にかぎらず、むかしの図鑑とはけっこう分類がかわっていたりします。

たとえば、おなじく『NEO』の「さかな」では、2002年度版では「メバル」は1種になっていますが、現行では「クロメバル」「シロメバル」「アカメバル」の3種に分類されています。

現在も「アカカタバミ」という呼びかたはされていますが、「カタバミ」という1種のなかの1品種にすぎないようです。

さらにいえば、通常の分類では、「種」の下の「亜種」まではみとめられているものの、「亜種」の下位にあたる「品種」は基本的にはみとめられていないそうで、もはや「アカカタバミ」は絶滅?したといっても過言ではないようですね。

うーん。うんちくはどうでもいいけど、けっきょくのところさあ〜


あかかたばみ

むらさきかたばみ

ただの かたばみ



このはやくちことばはどうなったの?

えーと、これはですねえ〜

『はやくちことばのさんぽみち』ではですねえ〜


むらさきかたばみ

おおきばなかたばみ

ただの かたばみ



と、なったのでした〜〜〜

それでは、みなさん、ごいっしょに〜〜


むらさきかたばみ

おおきばなかたばみ

ただの かたばみ



『はやくちことばのさんぽみち』

どうぞよろしく〜〜〜




posted by オフィスまけ at 08:00| Comment(0) | 作品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月08日

「アカカタバミ ムラサキカタバミ ただの カタバミ」というはやくちことばは消滅しました。

ちょっとまえのブログでもかきましたが、横浜の絵本屋さん「子どもの本・クーベルチップ」で5月31日まで開催中の『はやくちことばのさんぽみち』原画展。

新刊『はやくちことばのさんぽみち』が絶版になってしまった2冊の写真絵本をもとにしてできたこともブログにかきました。

さらにさかのぼって、その写真絵本ができるきっかけ、つまり、すべてのおおもとは「アカカタバミ」という、ちいさなきいろい花だったんですねえ。

10年ほどまえ、うちの庭にさいているのを、当時小学1年生(だったかな?)の娘が、

「とうちゃん、これ、なんてはな?」

「えーと、カタバミ.... 何カタバミだったかな?」

と、図鑑で確認したところ「アカカタバミ」とあり、

「ただのカタバミじゃなくてアカカタバミ」

と、いおうしたら、もろにかんでしまって、

「あっ、はやくちことばじゃーん」

と、そこからすべてがはじまったのでした。

いまも、あいかわらず庭にさいています。


mk_200506_akakatabami.jpg


そんな、記念すべき、ありがたい花なのですが、まあ、しょうじきいって、うちでは「雑草あつかい」されているので、みつけるたびにひっこぬいているのですが、

それはそれはすごい生命力で、ちょっとみないあいだに、ちいさなきいろい花があっちこっちでさいています。

それでは、みなさん、はやくちことばをごいっしょに〜〜


あかかたばみ

むらさきかたばみ

ただの かたばみ


ところがです。

このはやくちことばは、新刊『はやくちことばのさんぽみち』には、わけあって載っていないんですねえ。

もっと正確にいうと、ちょっと修正されているんですねえ。

それって、いったいどういうこと?

ながくなってきたので、あしたへ、つづく〜〜〜





posted by オフィスまけ at 08:00| Comment(0) | 作品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月02日

きょうは「きょうはなんのひ?」的に絵本を紹介する日。

はい。きょうはなんのひでしょーか?

きょうはね、忌野清志郎の命日です。

2009年にいなくなってしまって、ことしで11回忌です。

母の日に『おかん』みたいに「きょうはなんのひ?」的に絵本を紹介することはあんまりしないんだけど、きょうだけは宣伝しちゃいましょう。


mk_180301shurikenpapa.jpg


偉大なる忌野清志郎画伯が絵を描いた『しゅりけんとうちゃん』です。

それでは、作者の寿金之輔とは?

プロフィールはこんなかんじです。


寿金之輔(ことぶききんのすけ)
雨あがりのお月さまがのぞいてる夜。悪い予感のかけらもないパパとママのもとに生まれる。授業をさぼって屋上で寝ころんでいた高校時代を経て、やる気がしねえと仕事をさぼって、山のふもとで犬と暮らしていた。いつの日どこかに落ち着くことができると夢のような事ばかりしながら、子供たちのうわさをNOTEに書きとめたのが本作品である。


なぞの作家ですが、うわさによるときょうが誕生日らしいです。

命日と誕生日。

まいとしまいとし、なんとも複雑な気持ちになりますね......




posted by オフィスまけ at 08:00| Comment(2) | 作品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月01日

小学校の建設が終了しました〜!

はい。きのうにつづいて、はりきって進行中のシリーズKT制作記です。

(シリーズKT制作記のまとめよみはコチラからね)

というわけで、きのうのブログにかいたとおり、ネットにあふれる写真を参考にして、音楽でいえば「サンプリング」みたいなノリで、がしがしコンテを作成中。

あたまのなかには、電気グルーヴの『マイアミ天国』が「Everybody sampling!」ってかんじでながれています。





きのうは、S社の編集Kちゃんから、第2作のテキスト&コンテがほぼOKがでたので、まっさんは本格的に第3作に突入するところ。

でもって、きのうは1時間ほどかけて、小学校の建設が終了しました〜!


mk_200501_KTschool.jpg


もちろん「こどもしょうがっこう」というのは仮名ですよ。

とはいえ、小学校がでてくることにかわりはなく、さらにいえば、対象読者は小学校低学年をメインにしているわけです。

ぶっちゃけ、めちゃくちゃおもしろいよ?

オレ、50代に突入して、ついにとうとう天才が開花したかも?

なーんてことはないけれど、あしたで51才でーす。


posted by オフィスまけ at 08:00| Comment(0) | 作品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年04月29日

上野の森親子ブックフェスタで絵本ライブする予定だったけどおうちでライブ配信するよ〜

はい。本日は15:00から約30分。

「まっさんのえほんライブはいしん」ですよ〜

あのね、初回からずーっと「まだこない」っていっていたWEBカメラがとどいたのですが、なんとまあ不良品でした〜!!!

おいおい、なんてこったい笑


だい6かい『みかんのめいさんち』


お時間あるかたは、ぜひぜひ、リアルタイムでみてやってください。

やっぱりね、一発勝負のライブ感がたいせつ。

チャットで参加コーナーでは、読み聞かせでつかえるフリップネタをやるからね。

フリーダウンロードなので、コロナパニックのあとの世界で読み聞かせにつかっておくれ。

そ・し・て〜〜

次回は5月3日の15:00に、けってーい!


mk_200429_masaLIVE007.jpg


5月3日(日)15:00から約30分の配信。

だい7かい『ねえ、ほんとにたすけてくれる?』



5月3日。ほんとうなら、上野の森親子ブックフェスタでアリス館&国土社主催の絵本ライブをする予定でした。

もちろん、サイン会もね。

まいとし、ものすごーい、ひと、ひと、ひとの上野公園だけど、ことしは閑散としてるんだろうね。

ってか閑散としてないと、やばいよね。

サイン会をたのしみにしているかたもおおいので、ライブ配信でオンラインサイン会をしようかな〜と、おもってます。

というわけで、そのときに、けいちゃんが初登場!の予定。日にちは未定。

みなさま、おたのしみに〜〜〜



**まっさんのえほんライブはいしんアーカイブ**
だい0かい『そもそもなんで「まっさん」っていうの?』
だい1かい『ひものでございっ!』
だい2かい『なっちゃんのほくろスイッチ』
だい3かい『ぽんこつドライブ』
だい4かい『リクエストでいこう!』
だい5かい『それいけ!ぼくのなまえ』
だい6かい『みかんのめいさんち』
だい7かい『ねえ、ほんとにたすけてくれる?』
posted by オフィスまけ at 08:00| Comment(0) | 作品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年04月04日

この花はいったいなにの花でしょーか?

とつぜんですが問題です。


mk_200330_nanihana.jpg


この花はいったいなにの花でしょーか?

やさいだよ?

正解は〜〜

 ・

 ・

 ・

 ・

 ・

 ・

 ・

 ・

 ・

 ・

 ・

 ・

ブロッコリーでした〜!

なのはなとおなじ、アブラナのなかまです。

アブラナ科のやさいは、だいこん、キャベツ、はくさい、こまつななどなど、

『はやくちことばのさんぽみち』にでてくるはやくちことば。


このはな なのはな

またのな あぶらな


はやくちことばでもりあがったら、「あぶらなのなかまやさいクイズ」に挑戦してね〜!

というか、おそらくほとんどのところでおやすみ中のおはなし会が、はやく復活しますように〜〜





posted by オフィスまけ at 08:00| Comment(0) | 作品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月21日

はまだいこんをさがせ!って巻末にクイズもついてる『はやくちことばのさんぽみち』です。

はい。そろそろ書店にはならぶころとおもわれますが、『はやくちことばのさんぽみち』を宣伝するブログです。

とにかく、はやくちことばがたのしいっ!ってだけでなく、ほかにもたのしい要素をつめこみました。

巻末には、本編をふりかえってたのしめるクイズがついています。

きのうの三浦海岸にさいていた、この花〜〜


mk_200320hamadaikon.jpg


はまだいこんをさがせ! とかね。

ちなみに、はまだいこんはこの絵本のなかの2か所にでてきます。

ぜひぜひ、さがしてみてね〜〜〜

そして、本日はゆうゆう絵本講座・おはなし創りクラスです。

ではでは、いってきまーす!!!



posted by オフィスまけ at 08:00| Comment(0) | 作品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月19日

あぶらなのなかまやさいクイズでもりあがろう!(ぬりえにもなるよ〜)

まだ書店にはならんでいないとおもわれますが、『はやくちことばのさんぽみち』を宣伝するブログです。

さてさて、「はやくちことば」なので、じっさいに声にださないことには、おもしろさがはんぶんもつたわりません。

つまり、読み聞かせで子どもたちが参加できる絵本です。

はやくちことばは、見開きごとに1つか2つが載っています。

おおきめの書体なので、すこしはなれたところでも、子どもたちにはよめるはずです。

そして、よみおえたあとに挑戦してほしいのが〜〜


mk_200318_yasai_quiz.jpg


こちらでーす!!!

『はやくちことばのさんぽみち』のもととなった写真絵本が品切れになるまでは、絵本ライブでも定番のネタだったクイズ。

本文のはやくちことばとセットになっているんですねえ。

ぜひぜひ↓↓↓こちらを〜〜


フリップの使いかた&ダウンロードページ


チェックしてくださいね〜〜

ほんと、もりあがることまちがいなしですからっ!!!





posted by オフィスまけ at 08:00| Comment(0) | 作品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月16日

読み聞かせで超もりあがる〜あの『はやくちことば』がかえってきたーーーっ!!!

アリス館より、いよいよ刊行です!!!

はやければ今週末には書店にならぶでしょう!!!

かつて、けっこう評判がよかった写真絵本。

絵本ライブでも定番になっていた、超もりあがるネタ。

それは、『みぢかなしぜんではやくちことば/くさばなのまき』『みぢかなしぜんではやくちことば/むしのまき』の2冊です。

残念ながら品切れ重版未定となってしまったので、アリス館の編集さやか姫に〜

「全面改訂してださない?」と、もちかけたのが4年まえ。2016年の夏。

もともと、さやか姫がこの写真絵本を気にいってくれていたのをしっていたので、勝算ありでもちかけたんですね。

というわけで、企画はけっこうすんなりとおったのですが、そのあともなんやかんやで時間がかかって、ようやく刊行です!!!


mk_200316_hayakuchi_sanpo.jpg


広野多珂子さんの絵がすばらしすぎるのです。

長期にわたる自然観察をかさねて描かれた絵はみているだけでしあわせになります。

そして、読み聞かせをすれば、もりあがることまちがいなし!!!

それでは、はやくちことばにチャレンジだ〜〜

声にだして、できるだけはやくいってみよう。

じょうずにいえたら、3回くりかえすよ。

いくよ?




むらさきかたばみ 

おおきばなかたばみ 

ただの かたばみ





あめんぼの あめ なんの あめ

あまい においの あめの あめ





イエ〜イ!!!

みなさま、どうぞよろしく〜〜〜









**Amazonでオフィスまけ作品リスト**





posted by オフィスまけ at 08:00| Comment(0) | 作品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月17日

岩手県は一関から帰還!けいちゃんのピン絵本ライブは大成功だったのかな?

はい。きのうは、けいちゃん初のピン絵本ライブ。初の岩手県から、げんきいっぱいでかえってきました〜!!!

昨年の秋田県の絵本ライブにもきてくださった花巻在住のちえこさんが、けいちゃんの激励に?きてくださいましたよ〜


mk_200216_keipin.jpg


貴重なけいちゃんのピン写真も撮ってくださいました。

そのほか動画もアップしてくださっているので、ぜひぜひ、まっさんFacebookをのぞいてみてください。

けいちゃん、おつかれさまでした。

後日あらためて、けいちゃんの「旅の絵日記」もアップしますね。

おたのしみに〜〜〜





posted by オフィスまけ at 08:00| Comment(0) | 作品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月10日

3月刊行の『○○○○○○○の さんぽみち』ははやくも予約受付中!

はい。とつぜんですがタイトルの発表です。

アリス館より3月刊行の絵本は、

『○○○○○○○の さんぽみち』

○○○○○○○は、いったいなんでしょう?

正解は......

 ・

 ・

 ・

 ・

 ・

 ・

 ・

 ・

 ・

 ・

 ・

 ・

 ・

 ・

 ・

 ・


mk_200210_hayasan.jpg


『はやくちことばのさんぽみち』でした〜!!!

ほーら、Amazonでも予約を受付中ですよ。

さてさて、ここでマニアックなオフィスまけファンのかたなら、ピンとくるかもしれません。

かつて講談社より刊行された平田昌広の写真絵本のタイトルは、

『みぢかなしぜんではやくちことば/くさばなのまき』

『みぢかなしぜんではやくちことば/むしのまき』

そうなんですね〜

2冊の写真絵本が重版がかからないままきえてしまったので、一部のはやくちことばを流用または修正して、さらにたくさんの書きおろしのはやくちことばをくわえて、写真を絵にかえて、ふたたびもどってきたのです!!!

すばらしいですね〜

ありがたいですね〜

絵は、広野多珂子さんが自然観察をかさねて描いてくださいました。

本文に掲載のはやくちことばは、おおきくみやすいサイズで、読み聞かせにもぴったりですよ。

くわしい内容は、もうしばらくおまちください。

おたのしみに〜〜〜




posted by オフィスまけ at 08:00| Comment(0) | 作品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月09日

三浦海岸桜まつりはもりあがってますよ〜!

きのう、ちょっと用事があってオフィスまけ最寄駅の三浦海岸駅へむかう途中。

2月5日にはじまったばかりの三浦海岸桜まつりの露店の列をぬけていくと、桜まつり仕様の駅看板をバックに、みおぼえがあるメンツがなんかやっていました。


mk_200209_sakuramatsurikamisibai.jpg


なんとオフィスまけ制作の紙芝居『みうらのさくらのものがたり』をやっているではありませんか!

そういや、桜まつりがはじまって最初の週末にお迎え式ってイベントがあって、そのなかで紙芝居もやるってきいていましたよ。

いやあ、たまたまぐうぜん、じぶんが脚本をかいた紙芝居にであうと、なんかへんなきぶんです。

読んでいるのは、三浦市の読み聞かせサークル「えほんの海をおよぐ」のメンバーです。

ちなみにスタッフTシャツのデザインもオフィスまけですよ。

平田昌広と平田景のTシャツ屋さんで販売しているので、よかったらのぞいてみてください。

みなさま、ぜひぜひ、三浦海岸桜まつりにあそびにきてね〜〜〜





posted by オフィスまけ at 08:00| Comment(6) | 作品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月08日

きむらゆういちさんに絵を描いてもらった『パパトラ』ができちゃいました〜!!!

きのうは『パパトラ』完成おめでとうの食事会でした。

アリス館の編集さやかさん、デザイナーさん、そして、絵を描いてくださったきむらゆういちさんと4人。

ゆういちさんの事務所(そして絵本講座の教室)がある祐天寺にて。

いやあ、とうとうできちゃいましたね〜!!!


mk_200208_paptora.jpg


さいしょにテキストをかいたのは10年以上まえ。

アリス館に持ちこんだのは5年まえ。

絵描きさんがきまらなくて、こまっていた3年まえ。

そのころ、ひょんなことから絵本講座の講師をつとめることになり、ゆういちさんの自宅に出入りしていたところ。

かざってあったゆういちさんの絵にびびびびびーっ!

きむらゆういち作の絵本は何百冊とありますが、それらとは絵のタッチがまるでちがうのです。

それで、ぜひぜひ「(このタッチで)描いてください!」と、あたまを床にこすりつけて(うそ笑)おねがいしたのです。

いやあ、とうとうできちゃいましたね〜!!!

書店むけのチラシにかかれた、ゆういちさんのメッセージが、これまたすばらしくてしびれるので、そのまんま転載します。


下絵をチェックしてもらい、それをなぞって仕上げるような絵は絵じゃなくて図だ。そう思って一度線描きまで終わった絵を全部捨てて一から描き直してみました。美大を卒業してからずっと本来の自分の絵のイメージの絵が描けていない。そんな心の奥でくすぶっていた思いを今回ぶつけてみました。まだまだ道半ばですが少なくとも第一歩は踏み出せたと思っています。この作品の魅力のひとつになってくれたら幸いです。


ついでにオレのも〜


10年以上前のことです。小学校で読み聞かせをされているかたに「お父さんと離れて暮らしている子がいると絵本の選択に気をつかう」と聞きました。事情はどうあれ、お父さんがいなければ子どもは生まれません。そのことを子どもたちに伝えたくて、嘘ではないおはなしを書きたいと思いました。このおはなしはトラの生態からヒントを得たフィクションです。トラの親子に託した私のメッセージが子どもたちにとどきますように。


『パパトラ』

とにかく、いちど、手にとってください。





そして、3月16日の夜。

ブックハウスカフェにて、きむらゆういちさんとトークショーしちゃいます。

ゆういちさんの講演会にいったことがあるかたは、けっこういるとおもいますが、こんかいは「画家きむらゆういち」に、いろいろきいちゃおうとおもいます。

オレ、司会進行させていただきます。

くわしくは後日あらためて。

とにかく、とにかく、

『パパトラ』をどうぞよろしく〜〜〜






posted by オフィスまけ at 08:00| Comment(0) | 作品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする