\ ちょっとお知らせでーす /

☆絵本ライブ情報はホームページのイベントじょうほうで。
 依頼と問い合わせもオフィスまけホームページからおねがいします!
 
 みなさま、どうぞよろしく!


2012年04月13日

「生活科えほん」ができるまで〜おひさしぶり

mk_1204_DSE_box.JPG

3冊専用の箱がとどいたよ!

というわけで、箱買い(おとな買いともいう?)希望のかたは、いますぐ本屋さんへ…… いや、残念ながら図書館ルートでないと入手できない貴重な箱みたい。

うちへも、出版社からでなくて、倉庫から直接とどいたもん。すげーなー箱。

さいきん、このブログへたどりついたってひとは、ぜひぜひ「生活科えほん」制作日記もよろしく〜〜〜

posted by オフィスまけ at 10:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 「生活科えほん」制作日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月09日

「生活科えほん」ができるまで〜のあとがき

ちょいとおまけで「あとがき」だよ。各巻共通の投げこみに書いた作家メッセージを紹介させてもらおうかなあって。

前半をばっさりカットして、後半をざっくりとね。

 うれしくて、楽しくて、いままで以上のプレッシャーのなかで、ふたりでもめたり、笑ったりしながらつくった絵本です。
 絵本には、かぎられた情報しかもりこめません。でも、絵本を読むことでうまれる好奇心や想像力は、授業や家庭学習、たくさんの情報・体験にせっするまえに、かならず役にたつとしんじています。
 先生やお母さん、お父さんへ。はじまりは絵本から。そこからうまれる力は、毎日の生活や学習にきっとつながります。そして、絵本は子どもとおとなをきっとつなげてくれるはずです。


mk_1203_DSElast_nagekomi.jpg

......というわけで、それでは、みなさん、さよーならーーー

ざんねんながらブログはおわりません! あはは〜〜〜

posted by オフィスまけ at 08:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 「生活科えほん」制作日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月07日

「生活科えほん」ができるまで〜の34

なんとまあ、「生活科えほん」制作日記はその34まできてしまったよ。のべ1か月以上のすばらしい(自画自賛)連載になったね!

というわけで、本日で終了なのです。

前回までの「川小生活新聞」では、たのしい要素をかんがえてます。みたいなことを書いてきたわけで、たとえば、もうすぐ発売の『チャレンジ!どんぐりクッキー』では、おはなし本文では、マテバシイとコナラの2種のドングリしかだせなかったので、「川小生活新聞」では、補足説明として、ほかのドングリも紹介したよ。

mk_1203_DSE_kknpakudon.jpg

でも、ただ紹介するだけではおもしろくないので、クイズ形式にしたんだ。どんなクイズかしりたい?

はい。しりたいひとは、近日発売の『チャレンジ!どんぐりクッキー』でよろしく〜〜〜

posted by オフィスまけ at 08:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 「生活科えほん」制作日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月06日

「生活科えほん」ができるまで〜の33

補足説明としてつくられた「川小生活新聞」だけど、かたくるしい内容にはしたくないから、導入部はおはなし本文とリンクするように......

mk_1203_DSE_kknpikumama.jpg

たとえば、これは平田昌広がつくったコンテで、主人公のいくみが、おはなし本文で「おなかをすかせて電池ぎれになりそう」だった理由を、いくみのお母さんに電話インタビューするって設定の記事。

でもって、ここから食べものの栄養についての補足説明にもっていくってわけ。

ほかにも、たのしい要素をかんがえて、次回へ〜〜〜

posted by オフィスまけ at 08:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 「生活科えほん」制作日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月05日

「生活科えほん」ができるまで〜の32

さてさて、「生活科えほん」制作日記は、そろそろおしまいだよ。

『ありがとう!きゅうしょく』『そだてておいしい!ピーナッツ』と、すでに2冊発売されてるから、「みたよ」ってひとがいるかもしれないね。

まだ「みてない」とか「みるつもりがない」ってひとのために説明すると、このシリーズは、本文32ページのうち、1〜27ページが、基本的に1つの題材を中心にしたストーリーで、28〜32ページがその題材をふくむ補足説明をかねた学級新聞じたての構成なんだ。

でもね、じつはいちばんさいしょは、複数の題材をもとにそれぞれのストーリーを展開させて、数話収録のオムニバス形式にするつもりだったんだ。

そのへんのことは、「生活科えほん」制作日記の4、5らへんに書いてあるので省略して。

題材をひとつにしぼるかわりに、補足説明としてつくったのが「川小生活新聞」です!

mk_1203_DSE_kknptitle.jpg

川北小学校の校章もはいって、なかみはっていうと、次回へ〜〜〜

posted by オフィスまけ at 08:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 「生活科えほん」制作日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月28日

「生活科えほん」ができるまで〜の31

そんなこんなで、どんぐり取材というか、オリジナルレシピづくりが完成して、テキスト第1稿があがったのが2011年10月中旬。

mk_1202_DSE20_dontxt.jpg

あーだこーだいろいろあって、11月下旬に平田景は、ひたすら描きまくってたんだねえ。

そして、3冊めの原画を平田景が描きつづけているあいだに、平田昌広は各巻末にある「川小生活新聞」の構成にとりかかってたんだな。

「川小」っていうのは、おはなしの舞台「川北小学校」のこと。この制作日記のはじめのころに書いたけど、本文おはなしの補足説明を学校新聞じたてのページですることにしたんだ。

次回からはいよいよ最終章(?)の「川小生活新聞」を紹介するよ〜〜〜

posted by オフィスまけ at 08:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 「生活科えほん」制作日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月27日

「生活科えほん」ができるまで〜の30

さてさて、みなさんもいっしょに秋になったら、チャレンジ!どんぐりクッキーしてみてください。

mk_1202_DSE19_donck.jpg

なんどもなんども、どんぐりを粉にして、まぜて、焼いて、食べて...... 平田昌広と平田景が「おいしい」とかんじたレシピは、もうすぐ発売の『チャレンジ!どんぐりクッキー』にのってるよ。

小麦粉なし。どんぐり粉100%にこだわりました!

ほんと、たくさん食べたよなあ〜〜〜

posted by オフィスまけ at 08:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 「生活科えほん」制作日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月23日

「生活科えほん」ができるまで〜の29

フライパンで炒っただけのマテバシイ。

mk_1202_DSE18_iridon.jpg

タンニンの含有量0.4%(「鳥取県産業技術センターレポート」より)のマテバシイは、そのまま食べてもうまいっ!

これ、ほんとだよ。「えーっ、ほんとにどんぐり?」ってかんじのおいしいナッツだよ。

ただし、マテバシイとよくにたコナラのどんぐりに注意。じっさいに、秘密のマテバシイポイントのすぐそばに、コナラのどんぐりが、ころころころがってたからね。コナラちゃんはタンニン3.5%です。

というわけで、マテバシイをばっちり収穫して、虫くいなどを選別して、フライパンで炒って、ミキサーで粉にして......

いよいよどんぐりクッキーに! 次回へ〜〜〜

posted by オフィスまけ at 08:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 「生活科えほん」制作日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月22日

「生活科えほん」ができるまで〜の28

じゃじゃじゃ〜ん。

mk_1109_DonG_0918_3.jpg

565コ。ドングリいっぱいでにっこりの平田景。

さてさて本題。日本には約20種のどんぐり(ようするにブナ科の実)があるんだけど、そのほとんどはアクがつよくて、そのまま食べるにはちょっとつらい。

でも、よく見るどんぐりなかで、しぶくて、えぐいアクの主成分・タンニンの含有量が1%をきるのが2種あってね。1つは、

mk_1110_sudazee.jpg

このスダジイで、こいつはかぎりなくタンニンがないものの、粒が小さくて、あつかいにくいし、クッキーにするだけの量をとるのもたいへん。

そこで、こんかいの主役にえらばれたのがマテバシイってわけ。ふっくら育ちがよくて、とってきたばかりのマテバシイをフライパンで炒ると...... 次回へ〜〜〜

posted by オフィスまけ at 08:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 「生活科えほん」制作日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月21日

「生活科えほん」ができるまで〜の27

さてさて、すでに『ありがとう!きゅうしょく』『そだてておいしい!ピーナッツ』が発売済みで、いまさら感がつよい「生活科えほん」制作日記だけど、のこりの1冊『チャレンジ!どんぐりクッキー』取材編だよ。

去年の9月のこと。どんぐりモード突入まえの平田昌広は、こんなことがあって、おおあわて。あせりまくり。

でもって、近所をさがしまわって見つけたのが、秘密のマテバシイポイント。

色つやよし。育ちもふっくらでばっちり。主役のどんぐり、マテバシイを見つけたところで平田昌広は、いったんおやすみ。こつこつ地道な作業は相棒におまかせだよ......

mk_1109_DonG_0918_1.jpg

そんなこんなで、たくさん、たくさん、ひろったマテバシイ。ぜんぶで何コだとおもう?

こたえは次回へ〜〜〜

posted by オフィスまけ at 08:00| Comment(4) | TrackBack(0) | 「生活科えほん」制作日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月11日

「生活科えほん」ができるまで〜の26

ところで、表紙のはなしだけど、有能な絵本作家は、いちばんさいしょから、表紙をふくめてすべてのイメージをもって絵本をつくってるんだろうね。

でもまあ、うちはそこまで才能がないから、まずは本編のおはなしそのものを構成することでいっぱいで、なかなか表紙まで、あたまがまわらないんだよね。

しかーし、企画が進行していくなかで、さいしょにもとめられるのは表紙だったりするんだな。

なんでかっていうと、刊行されるまえの営業には表紙がつかわれるから。チラシにしたり、いろいろね。

mk_1201_DSE08_shoc01k.jpgmk_1201_DSE08_pea01.jpg
mk_1201DSE_08_don01.jpg

そんなわけで、とうとつに「表紙が必要!」っていわれて、あたふたするのがいつものパターンなんだけど、こんかいは、ちょっとちがった。

だって、何か月もこの企画にかかりっきりだもん。あいまに、「おひさま」連載をいれたり、イベントにでかけたり、ほかの企画にちょっと頭をつかったりしても、基本は「生活科えほん」にかかりっきり。だから、表紙もいがいににすんなりできたんだ。

ただし、『チャレンジ!どんぐりクッキー』だけは迷いがあった。まえの2作は、「表紙が必要!」っていわれたときには、内容がしっかりかたまってたし、イメージもできていた。

でも、『チャレンジ!どんぐりクッキー』のどんぐり取材は、いちばんさいごだから、イメージがおいつかなかったんだ。

というわけで、『チャレンジ!どんぐりクッキー』の表紙の評価はみなさんにゆだねて、次回は3作さいごの取材編。どんぐりクッキーだよ〜〜〜

posted by オフィスまけ at 08:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 「生活科えほん」制作日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月09日

「生活科えほん」ができるまで〜の25

さてさて、緊急速報をはさんで再開。原画の分解のはなし。

ところで、分解っていっても、原画をびりびりにやぶいて、ぐちゃぐちゃにするわけじゃないよ。

ようするにスキャナーでデータ化するってことだね。

mk_1202_DSE16scan.jpg

これは、うちのスキャナーで、とりこめるのはA4サイズまで。うえの足は「だいち先生」でなにが「禁止」かは秘密。

印刷所のスキャナーは見たことないけど、そうとうでっかい原画でも一発でとりこめるのかな。くわしいことはわかりません。

でもって、むかしは、「ここに絵がはいって、ここにテキストがはいって…」って、1まいの指定紙といっしょにすべての原稿を印刷所に入稿していたわけだけど、いまは印刷所で分解した絵や写真はデータとして出版社にかえってくるそうだよ。でもって、それをデザイナーにわたしてレイアウト・デザインをするのが主流らしい。

そんなこんなで、デザイナーさんがだしてくれたのが「できるまで〜の11」あたりにある表紙だったりするんだ。

ところで、この表紙がけっこうクセ者でね。なんでかっていうと、それは、次回へ〜〜〜

posted by オフィスまけ at 08:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 「生活科えほん」制作日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月08日

「生活科えほん」ができるまで〜緊急速報

きのう、暴風雨のなか、
クロネコヤマトのおにいさんがとどけてくれたよ!

mk_1202_DSE17_9shokmihon.jpg

『ありがとう!きゅうしょく』の見本と、各巻共通の投げこみ(生活科の先生の推薦文と、そのうらに作家メッセージ)と、書店むけチラシの3点だよ。

いやあ......  よかった。よくできたっ!

みなさま、よろしく〜〜〜

posted by オフィスまけ at 08:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 「生活科えほん」制作日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月07日

「生活科えほん」ができるまで〜の24

試し刷りってのは、その名のとおり。

とりあえず、あがった原画を2、3まい。印刷所で試しに刷ってもらうんだ。絵本をつくるうえで、かならず行う作業ではないけど、いきなり本刷りするより、安心できるってことかね。

印刷所からでてきたのは......

mk_1112_seikathu_4c.jpg

こんなかんじ。すみっこにある4色の「色だま」がポイント。絵の具を何種類も、10色、20色つかったとしても、印刷に使うのは基本的に4色だけ。

とうぜん、だせる色はかぎられてるから、印刷所の刷りにかんしては、平田景も平田昌広も、それほど意見しないよ。

「原画に忠実にしろ!」って、きびしい作家もいるみたいだけど、4色しかつかってないんだから、どうやったって、だせない色はだせないよね。もちろん、だせる範囲では、しっかりだしてほしいけど。

というわけで、意見はしないけど試し刷りをおえたら、つぎは原画の分解だよ〜〜〜

posted by オフィスまけ at 08:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 「生活科えほん」制作日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月06日

「生活科えほん」ができるまで〜の23

きのうにつづいて、『ありがとう!きゅうしょく』の最終ラフから......

mk_1202_DSE15.jpg

もちろん、こんかいもサイズアップしてるのでクリックしてみてね。

でもって、これはA4サイズの紙に、あらかじめテキストレイアウトを印刷して、そこに平田景がラフを描きこんでるんだ。

このへんのながれは「できるまで〜の17」あたりに、くわしく書いてあるよ。

そして、これをコンビニでA3サイズに拡大コピーしたのを水彩紙にトレース下描きして、着彩してるってわけ。

ぜんかい書いたとおり、着彩してる写真はないけど、あがった原画はとりあえず印刷所へ。まずは試し刷り。つづきは、次回へ〜〜〜

posted by オフィスまけ at 08:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 「生活科えほん」制作日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月05日

「生活科えほん」ができるまで〜の22

さてさて再開。「生活科えほん」制作日記はだらだら22までつづいてるけど、じつは1冊めの『ありがとう!きゅうしょく』がそろそろできるんだよね。2月6日、つまり、あしたには版元にとどくそうだから、たぶん翌日にはうちにとどいて、書店配本が10日ごろらしい。

ほんとは、この制作日記が終了したところで、「いよいよ発売!」ってなる予定だったんだけど、しっぱいしっぱい。あはははは。

でもって、前回で「ピーナッツ取材」がおわって、つぎは『チャレンジ!どんぐりクッキー』の取材になるんだけど、作業は平行してすすんでいて、うちの庭でピーナッツが育っているころ。2011年の8月の下旬ごろから、平田景はゆるゆる1冊めの作画・着彩にとりかかったんだ。

mk_1202_DSE14.jpg

とはいえ、着彩してるところの写真はまったくないので、最終ラフでごめんよ。そのかわり、こんかいは奮発して画像サイズをあげました!

いつもはブログ容量をケチって、画像は左右216ピクセルに統一してたんだけど、こんかいはクリックすると拡大しちゃいます。

平田景ワールドをどうぞ〜〜〜

posted by オフィスまけ at 08:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 「生活科えほん」制作日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月28日

「生活科えほん」ができるまで〜の21

『そだてておいしい!ピーナッツ』だからね。「おいしくたべた」ところで、取材も本編のおはなしも終了だよ。

ほりたて新鮮のピーナッツは、サイコーにおいしいよ。「乾燥させる」って作業をぬいてるわけだから、ゆでるだけでうまいっ!

mk_1201_111010_yudeta_pea.JPG

うちのレシピは、絵本にもしっかり載っているので、みなさまどうぞよろしく。「生活科えほん」制作日記。次回は...... ん? なんだっけ?

posted by オフィスまけ at 08:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 「生活科えほん」制作日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月27日

「生活科えほん」ができるまで〜の20

とったどーーー

mk_1201_111010_hotta_pea.JPG

なんて、どっかのバラエティ番組できいたようなセリフがきこえる? ちなみに、「とった」のはマサキくん。うちの小学2年生(となりの短パン)の同級生のおとうとくん。

ここでブログ担当・平田昌広から平田景に業務連絡。うちのピーナッツが何粒あって、平均的なピーナッツの収穫量が何粒ぐらいか。コメント欄にかきこんでちょうだい。ひかえてなかったです。ごめん。

それから、もうひとつ。貴重な資料のピーナッツ。子どもたちにとらせるよゆうがあったのは、この日、10日10日の2日まえに、イベントでおじゃました島根県吉賀町の教育課・フカガワさんに、自宅で栽培していたピーナッツをとらせてもらっていたから。写真もスケッチもばっちりね。

というわけで、絵本づくりは、たくさんのひとにささえられています。ただただ感謝しつつ、もっともっとたくさんのひとに、ささえてもらいたいなあ。なんてね〜〜〜

posted by オフィスまけ at 08:00| Comment(1) | TrackBack(0) | 「生活科えほん」制作日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月26日

「生活科えほん」ができるまで〜の19

地元の下里ファームから、うちのせまーい庭にラチカンキンされてきたピーナッツ。

ガチガチの土にいまいちな陽あたり。うまくそだつか心配で、まいにちようすをうかがっていたけど......

mk_1107_peahana.jpg

どうにかこうにかつぼみをつけて、こんなことがあったり、あんなことがあったり、いろいろ勉強したりして、8月、9月、そして10月。収穫なり〜〜〜

posted by オフィスまけ at 08:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 「生活科えほん」制作日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月25日

「生活科えほん」ができるまで〜の18

大日本図書の「生活科えほん」シリーズ。3冊を制作順にならべると『ありがとう!きゅうしょく』『そだてておいしい!ピーナッツ』『チャレンジ!どんぐりクッキー』で、そうなったわけは、「できるまで〜の13」にかいたとおり。

準備に時間がかかるのは、じっさいに「そだてる」つもりのピーナッツで、題材3つがきまった昨年6月の打ちあわせのすぐあとに、『すいかのめいさんち』でおせわになった下里ファームにいったんだ。

とはいえ、ピーナッツのたねまきは、神奈川県三浦市では、だいたい5月ごろ。すでに時期はおそく、苗すら売っていない状況だったからね。いやあ、たすかった。

下里ファームでは、ピーナッツ=ラッカセイは、出荷用に育てているわけじゃなくて、あるじの下里さんは、「やったことねえなあ」って。ところが、お客さんの収穫体験用の畑にね、お手伝いさんがピーナッツをうえてたんだ。

mk_1201_110621_peanut.JPG

すくすくそだっていたピーナッツをいただいて、うちのせまーい庭に移植したのだ〜〜〜

posted by オフィスまけ at 08:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 「生活科えほん」制作日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする