\ ちょっとお知らせでーす /

☆絵本ライブ情報はホームページのイベントじょうほうで。
 依頼と問い合わせもオフィスまけホームページからおねがいします!
 
 みなさま、どうぞよろしく!


2022年01月11日

何十年ぶりにヒヨドリの恩返しが再現されるかもしれないと......

「ヒヨドリの恩返し」って、きいたことはありますか?

あるわけないですよね......



それは、オレが中学3年のちょうどいまごろのできごとです。

生まれそだった神奈川県綾瀬市の家には、ちいさな池がありました。

高校受験直前で、いちおう、それなりに受験勉強をしていたところ、そとから「バシャバシャ」と音がきこえてきたのです。

2階の部屋の窓をあけてそとをみると、なんとまあ、池で鳥がおぼれています。

正義感がすくない残酷な少年でしたが、さすがに無視もできないので、釣り用の網で救出することにしました。

それは、庭の柿をよくたべにきていたヒヨドリでした。

しかし、羽がぬれて重くなったせいか飛びたつことができません。

そこで、ドライヤーをもちだし、延長コードで庭へのばし、ヒヨドリの羽をかわかしました。

10分ぐらいだったでしょうか。

羽がかわいたヒヨドリは、元気に飛びたっていったのでした。

その後、先生に「可能性は非常に低い」と、進路指導で投げだされていた高校を受験。

定員547名中529位というぎりぎりのところで合格したのでした。

これはきっと「ヒヨドリの恩返し」にちがいない。

中学3年のオレは、そう思ったのでした

(おしまい)



でもって、きのうのことですが、オフィスまけのちいさな庭のスイレン鉢に、ずーっとヒヨドリがとまっているのです。


mk_220111_hiyodori.jpg


羽がぼさぼさで、あまり健康状態がよさそうではないヒヨドリ。

足をすべらせて、おっこちたら......

そのときは救出しないとなあ〜

いや、でも、うちにはドライヤーがないよなあ〜

あるいて5分の母&妹一家までいって、借りてくればいいかあ〜

そんなことをかんがえているあいだも、ヒヨドリは飛びたつこともなく、ときおり、きょろきょろ、あたりをみまわしています。

おそらく30分ぐらいは、とどまっていたのではないでしょうか?

おっこちて、おぼれることもなく、いつのまに、きえていました。

なにごともなくてよかったものの、何十年ぶりに「ヒヨドリの恩返し」が再現されるかもしれないと、ちょっとだけ期待してしまったのでした......







posted by オフィスまけ at 08:00| Comment(0) | オフィスまけと三浦海岸の生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: