\ ちょっとお知らせでーす /

☆絵本ライブ情報はホームページのイベントじょうほうで。
 依頼と問い合わせもオフィスまけホームページからおねがいします!
 
 みなさま、どうぞよろしく!


2020年04月06日

オフィスまけは本日よりロックダウンします。

えー、はじめにあやまります。

半月ぐらいまえは、新型コロナウイルスの猛威にも、どこかで他人事のようなことをいっていたかもしれません。

高齢者や持病のあるかたでなければ、つまり、じぶんたちにはあまりかんけいないような、そんなかんじだったかもしれません。

えー、たいへんもうしわけありません!

オフィスまけは本日よりロックダウンします。


mk_200406_ettanill.jpg


このかわいいまっさん&けいちゃんを描いてくださった、宮本えつよしおぢさんは、ずいぶんまえから引きこもり宣言をしていましたが、いまさらですがみならいます。

さてさて、ここからさきは、しっかりしたエビナマンじゃない、エビデンスがあるわけではないので、てきとうによみながしてください。

2月から3月の中旬ごろ、中国からはいってきた新型コロナウイルス(COVID-19)に日本の対応は後手後手ではあったものの、感染の拡大スピードはそれほどではなかったですよね。

ところがこの10日ほどの感染拡大スピードは、いまパニックになっているニューヨーク州を中心としたアメリカのグラフとほぼおなじ...と。

なんでこんなにいきなりに?

くりかえしですが、ほんとうにしっかりしたエビデンスがあるわけではないので、よみながしてほしいのですが、ここにきていきなりの感染拡大のスピードアップは、2月に中国から直できたCOVID-19ではなく、3月中旬ごろから欧州(または欧州経由のアメリカ)を経由してきた、もしかすると変異しているかもしれないCOVID-19がもとになっているかもしれない...と。

なるほど〜それなら納得できます。

なんかBCGワクチン打ってるからとか、東アジア人は抗体あるかもとか、感染拡大のスピードがおそかった理由が都市伝説のようにいろいろでていますが、欧州型のCOVID-19でスピードアップなら、オレ個人的にはすごーく腑におちます。

しかもですよ。

仮にCOVID-19が変異して欧州型がうまれているとしたら、COVID-19がうまれた中国よりも、人口あたりの死亡者数は欧州各地のほうがおおいのも、あきらかに若年層の感染や死亡が増えているのも納得です。

ちなみに、WHOは「COVID-19の遺伝子変異はない」ときっぱりいってるので、欧州型なんて、それこそ都市伝説みたいなかんじですが、オレとけいちゃんは、サル目ヒト科ヒトとして、生物として「やばい」と直感しているので、ノックダウンされるまえに宣言します。

えー、オフィスまけは本日よりロックダウンします。

とうぶんのあいだ日用品の買い物以外の外出はしません。

(ま、すでに半月ぐらいはそうしてたんだけど、あえての宣言ね)

えー、関係者に業務連絡です。

しばらくは打ちあわせはメールと電話でおねがいします。

あとね、これはまずまちがいなく、問題ない外出とおもわれますが、わたくし、釣りにもいきませーん泣

以上おしまい。

あ、ほんと、みなさんはこんなざれごとに左右されてはいけませんよ。

じぶんのこと、家族のことは、それぞれでしっかりかんがえましょう。





**Amazonでオフィスまけ作品リスト**





posted by オフィスまけ at 08:00| Comment(0) | まっさんとけいちゃんの日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: