\ ちょっとお知らせでーす /

☆絵本ライブ情報はホームページのイベントじょうほうで。
 依頼と問い合わせもオフィスまけホームページからおねがいします!
 
 みなさま、どうぞよろしく!


2019年09月23日

どっちが黄華でどっちがシャインマスカットでしょう?

オフォスまけファンクラブ長野支部のなっちゃんから、長野のぶどうがとどきました。ありがとうありがとう。

まっさんが「緑の至宝」とあがめるシャインマスカットをはじめ、いろんな品種のつめあわせ。

そのなかに、「黄華」という信州松本を中心につくられているブドウ(「JA長野県」へ)がありました。

はい。シャインマスカットとおなじく、色は緑、種なしかつ皮ごとたべられて、あまみがつよいぶどうです。

ちょっとまえに、おなじタイプのロザリオビアンコの食味レポートをおとどけしましたが、とってもめずらしい信州うまれの黄華のお味は?


mk_190919_midorino_otakara.jpg


ちなみに、どっちが黄華でどっちがシャインマスカットでしょう?

うわさの黄華は右ですが、そのお味は?

これまた、シャインマスカットと甲乙つけがたい、おいしさです。

ざっくりいうと、シャインマスカットより酸味がややつよく、あまみはややすくなめ。

マスカット特有の香りはシャインマスカットよりもひかえめで、総合的にはとても上品な味わいでした。

どちらが上かなーんて比較はできませんが、まっさん個人としては、あまみがややべたっとして、香りがつよめで庶民的なシャインマスカットのほうが好みです。

だって、庶民もろだし人間だからね〜笑

(じっさいには庶民がてがるに食べられる価格かどうかはびみょー。おそらく黄華はさらに高価です...)

というわけで、シャインマスカット伝説はまだまだつづきそうです。



posted by オフィスまけ at 08:00| Comment(0) | (ま)と(け)のふつうの生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: