\ ちょっとお知らせでーす /

☆絵本ライブ情報はホームページのイベントじょうほうで。
 依頼と問い合わせもオフィスまけホームページからおねがいします!
 
 みなさま、どうぞよろしく!


2018年06月08日

3人の絵本の文章作家のはなしをしょぼさわがきく会

きのうは第1回「3人の絵本の文章作家のはなしをしょぼさわがきく会」が開催されました。

なんのこっちゃ。

先月、林木林さんとはじめておあいするきかいがあって、絵本の文章作家ってせまーい世界でのはなしでもりあがって、

「ぜひ、またこんど〜」

ということになり、絵本の文章作家では(人数がすくないのでちっちゃいけど…)ピラミッドのてっぺんらへんにいるもとしたいづみさんもおさそいしての会。

それでは「しょぼさわ」とは?

えー、けいちゃんは、ひとのはなしをきくのがけっこう得意なのです。

とはいえ、阿川佐和子のように「聞きだす」ってより「ただ聞く」だけのタイプなので「しょぼい阿川佐和子」で「しょぼさわ」と。

おふたりのように売れているわけではないけど、いちおう絵本の文章作家であるまっさんこと平田昌広とあわせて、3人のはなしをしょぼさわこと平田景がきく会です。


mk_180608_shobosawakai2.jpg


ま、いろんなはなしをしたわけですが、オレが個人的にすごくおもったことは、絵本のテキストをかくにあたって、依頼がメインってのはうらやましいようで、けっこうたいへんなんだなあ〜と。

もとしたさんと、きりんさんのしごとは依頼がメイン。

オレはっていうと、依頼と持ち込みがざっくり「1:3」ぐらいかなあ。とにかく企画の持ち込みがメイン。

で、依頼っていうのは、「なんでもいいからかいてください!」ってことは、あんがいすくなく、なにかと制約がある。つまり、作家がたのしいこと、すきなことができるとはかぎらないのです。

でも、持ち込みのばあいは、基本的に作家がたのしいこと、すきな企画を持ち込むわけなので、思いいれがちがうんですね。

なので、3人ではなしをしていると、オレより売れているおふたりより、どうやらオレのほうがたのしんでしごとをしているような。

もちろん、おふたりがつまらないしごとをしているわけではないのですが、根本的なところがけっこうちがっていることに気がついたわけです。

というか、ほんとは、これらを「しょぼさわが聞く」のが趣旨だったのですが、しょぼさわけいちゃんは、なぜだか緊張してほとんど機能せず。


mk_180608_menu.jpg


mk_180608_food.jpg


もくもくとたべていましたよ。

いやあ、おもしろかったなあ〜しょぼさわ会。

そんなこんなで、はやくも次回の開催が決定したのでした。

もとしたさん、きりんさん、おつかれさまでした〜〜〜




posted by オフィスまけ at 08:00| Comment(0) | イベントかんけい | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: