\ ちょっとお知らせでーす /

☆絵本ライブ情報はホームページのイベントじょうほうで。
 依頼と問い合わせもオフィスまけホームページからおねがいします!
 
 みなさま、どうぞよろしく!


2017年04月24日

ウーフがいっぱい!座間市立図書館で絵本ライブ・前編

おまたせしました〜

座間市立図書館の絵本ライブレポートですよ。

4月22日。三浦海岸から横浜にでて、相鉄線に乗りかえてやってきたのは〜さがみ野駅!

とつぜんですが、じつはこの駅、平田昌広はけっこうしたしみがある駅です。

昌広さんが生まれそだったのは、この駅からバスで20分ほどいった神奈川県の綾瀬市というところ。

市内に駅がないいなか町で、さがみ野駅もよく利用していました。

なにを血まよったか、いろけづいたか高校時代。

「とこやさん」ではなく、はじめて「びよういん」にいったのも、さがみ野駅に隣接するお店でした。

いまとなっては「びよういん」どころか、かれこれ10数年はそとで髪をきったことがないんだけどね。

つーか、いまはボウズあたまだけどね。

それはさておき、そんな思い出ぶかい?さがみ野駅から、図書館スタッフさんのおむかえで、いざ図書館へ。

座間市立図書館。

はいっていくと、景さんがなにやらぼそっとつぶやきました。

「あ、ウーフ!」

そうなんです。

児童書コーナーのあっちこっちに〜

mk_170422_1450_woof_iina.jpg

mk_170422_1451_woof_bag.jpg

貸し出しバッグにも。

図書館のいたるところに、



『くまの子 ウーフ』がいるのでした。

こんかい声をかけてくださったスタッフのSさんのエプロンにも、

mk_170422_1459_woofep.jpg

ちゃーんとウーフがいるのです。

昨年おじゃました長崎県南島原市の図書館エプロンは、長谷川義史さんの絵でしたが、ウーフとはしぶいセレクトですねえ。

なにやら歴史をかんじますねえ。

それもそのはず、この絵は30年ほどまえに、いまの図書館長(上の写真の左ね)が井上洋介さんに直接おねがいして、「本をかかえているウーフ」をかきおろしてもらったそうです!

いいなあ。すごいなあ。

全国の図書館をまわっていると、あんがい司書出身の館長さんはすくないのですが、座間市立図書館長は全身まるごと図書館人。

こういうかたのはなしをツ○ヤのひとにきかせたいですねえ。

つーか、徳間書店だいじょうぶですか?

いかん。いかん。くちがすべりっぱなしだ。

というわけで、ウーフがいっぱいの図書館で絵本ライブ。

後編へつづく〜〜〜



posted by オフィスまけ at 08:00| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント・講座かんけい | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック