\ ちょっとお知らせでーす /

☆うまれかわった神保町のブックハウスで絵本ライブ決定!
 5月20日(土)11:30/15:00より Love & Peace 絵本ライブ(60分)。
 こどもの本専門店 ブックハウスカフェばんざ〜い!
 
☆絵本ライブ情報はホームページのイベントじょうほうで。
 依頼と問い合わせもオフィスまけホームページからおねがいします!
 
 みなさま、どうぞよろしく!


2017年02月20日

「かたつむり」と「とげとげボール」どっちも本気でしょう。

はい。きのうのこたえです。

うちの中学1年女子の土曜参観。美術の授業で中学生にまじってメオトでこねこねしたねんど〜

mk_170219_katatsumuri.jpg

「かたつむり」と「とげとげボール」

どっちがどっちをつくったか?

正解は、かたつむりが昌広さんで、とげとげボールが景さんでした〜!

あのね、ぱっと見では、かたつむりのほうが、ちゃんと造形できてるとおもうかもしれないけど、

いちおう、プロの絵描きさんの景さんだからね。

専門的な勉強はしてないし、絵だけを評価されることはほとんどないけど、デビューからことしで15年のプロだからね。

それで、いっしょうけんめいつくってあの「かたつむり」では残念すぎです。

景さんは、ほとんど考えることなく、直感でびびびっとねんどをこねくって、それでつくったのが「とげとげボール」です。

あれはアート作品なんですぅ〜笑

ちなみに「とげとげボール」は保育園から知っている男子のYくんが命名してくれたんだけど、じつは景さんは「ふきのとう」のつもりだったのでした〜!

Facebookで「景さんがすきなバナナ〜」なんてコメントがありましたが、ざんねーん!

バナナじゃありませーん。

昌広さんはというと、こういうときは限られた時間内(実質30分ぐらい)で、じぶんの全力がだせる最善策をかんがえます。

時間内でつくれそうで、できるだけ見栄えがよくなりそうな題材を考えて、必要な色数だけ紙ねんどを着色して、こねこね造形して合体させて30分ジャスト!

とはいえ、文章作家がやることなので、しょせんはあの程度のかたつむり。

もちろん、アートなかんじも皆無です。

そんなふたりの性格&作り手としての資質があらわれていたのが〜

mk_170220_papamama.jpg

こんなの。

みたよ〜ってひといるかな。

昨年の4月。ブックハウス神保町で『おかんとおとん』の原画展。

みにきてくれた子どもたちに「おとうさん」「おかあさん」を描いてね〜と、お手本がわりにふたりが描いた絵です。

芸術家肌で直感で描いちゃう景さんと、「いかにも小学生が描いた絵」をイメージして全力で描いた昌広さんです。

そして、原画展をしてくださったブックハウス神保町は……

きょうで閉店です。

閉店時間の19:00にあわせて、ふたりでおわかれにいきます。

さびしいね。

うん。さびしいね……



posted by オフィスまけ at 08:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 制作中のはなし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/447157861

この記事へのトラックバック