\ ちょっとお知らせでーす /

☆絵本ライブ情報はホームページのイベントじょうほうで。
 依頼と問い合わせもオフィスまけホームページからおねがいします!
 
 みなさま、どうぞよろしく!


2017年01月07日

2016年の〆は和歌山京都で絵本ライブ!の4. たいへんキップが買えません!

さてさて、レポートは12月16日のちいさな駅美術館の見学後。同美術館が併設されているJR藤並駅にて。

こんかいは、往路が羽田から関空の空路だったため、帰路の京都からの新幹線のキップはまだ発券していません。

というわけで、えきねっと(JR東日本)で予約済みのキップを発券しようと券売機へ。

いつもどおりクレジットカードをいれて、キップを指定して暗証番号をおすだけ〜のはずですが、

……なにもおきません。

駅員さんにたずねても要領がつかめずに、いあわせたみなさんがえきねっとのホームページを熟読。

そして、ようやく事態がのみこめました。

えきねっとのなかのお受取り・お支払い方法にありましたよ。

なんとまあ、キップの予約はJR東日本圏外の駅発着分でもできるのに、発券はJR東日本圏内でしかできないのです。

mk_161216_ekinet_uketori.jpg

よくみればこーんな図がありました。

それで、藤並駅の駅員さんにややキレ気味に景さんが、

「それじゃあ発券できるいちばん近くの駅はどこですか?」と、きくと、

「えー、熱海(静岡)ですねえ」と。

京都駅発のキップが和歌山から熱海までいかないと発券できないという理不尽。

これはもうキャンセルするしかありません。

しかーし、おなじようなことをするかたがおおいんでしょうね。

えきねっとでは、1度だけ無料でキャンセルができるそうです。

だって、乗車駅で発券できないキップが予約できちゃうなんて、ふつうはおもわないもんね。

まったく便利で不便なネット社会です。

そんなこんなで、1度だけできるキャンセルをして、藤並駅であらためて京都駅からのキップを購入したのでした。

mk_161216_1073x_kippu.jpg

ちいさな駅美術館には、原画展オリジナルのキップがあります。

原画展期間中だけにもらえる貴重なキップ。

こちらはネットで予約も購入もできませんので、ぜひぜひ、現地へ足をはこんでください〜笑

いやあ、チケット手配係の景さん、ひさしぶりにやってくれました。

でもまあ、時間がなかったら、帰りの京都駅まで発券しなかっただろうし。

時間ぎりぎりでこのトラブルだったら、予定の新幹線に乗れなくて、横浜あたりで終電車がおわって、うちまで帰ってこれなかったろうな。

うん。運がよかったんだな。

よかったよかった。

つづく〜〜〜


posted by オフィスまけ at 08:00| Comment(4) | TrackBack(0) | イベント・講座かんけい | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
同じケースではないけれど、かなり以前に、これに関したことで、みどりの窓口だったか、電話でだったか、問い合わせか何かした記憶がある。

JRの発券システム、ややこし過ぎる。NTTも、確か引っ越しの時に、似たような不可解な規定みたいのがあったような。困りものです。
Posted by (に) at 2017年01月07日 10:13


>(に)さん

乗車する駅で発券できないってのは
ひどすぎますよねえ。びっくりです。

Posted by オフィスまけ at 2017年01月07日 17:35
昨日は楽しい絵本ライブをありがとうございました。

乗車駅で発券できないなんて、なんとも不便な話ですねぇ。
東京〜博多間の新幹線利用に限って言えば、JR EXPRESS はオススメですよ。
JR東海とJR西日本が対象エリアで、東海道新幹線と山陽新幹線の駅なら、各停しか止まらないような駅にもちゃんと発券機があるので、どの駅でも発券できるはずです。
Posted by ゆきこ at 2017年01月10日 12:32


>ゆきこさん
>
こちらこそ
きのうはとっても楽しかったです!
JR EXPRESS〜しらべてみますね。
ありがとうございまーす!

Posted by オフィスまけ at 2017年01月10日 17:14
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック