\ ちょっとお知らせでーす /

☆絵本ライブ情報はホームページのイベントじょうほうで。
 依頼と問い合わせもオフィスまけホームページからおねがいします!
 
 みなさま、どうぞよろしく!


2016年12月23日

だんじりの町〜岸和田で絵本ライブ&ことばあそび教室/その2. 景さんあこがれの大工方になる〜の巻

えー、大阪岸和田レポートは、おなじみおさかなネタでスタート。

本編にはいらないまま、こんどは祭りネタに突入です。

12月9日。初日の懇親会で昌広さんのおさなかネタから、景さんの祭りネタにバトンタッチ。

ことしの夏より祭り再燃中の景さんが、岸和田で気になってしかたがないのは〜

はい。もちろん、だんじり祭です。

いまや全国に知られる祭りですから、あえて解説はしませんが、くわしく知りたいかたは、Wikipediaで岸和田だんじり祭をどうぞ。

というわけで、景さんはだんじりトークにめらめら燃えて、翌朝、岸和田だんじり会館の開館時間とどうじにかけこんで〜

mk_161209_1048_dankan_daikukata.jpg

こちらは、だんじり祭りの華!

大工方(だいくかた)を疑似体験中!

つづいて囃子もやってみよう〜

mk_161209_1049_dankan_ohayashi.jpg

どんどどん!

もちろん、じっさいには、大工方も囃子も、そもそも女子はだんじりに乗ることさえできないわけですが、みなさん、知ってますか?

疾走するだんじりの後方を女子や子どもたちが追いかけているってこと。

だんじりに乗れなくても、曳き綱を手にできなくても、だんじりとともに走ることで、女子も子どもも祭りに参加しているんですねえ。

「祭りは見るもんじゃねえ。参加するものだ」

って、男前な口をきく景さんですから、これはひじょーに魅力的。

本来、よそ者の景さんなので、いきなりたずねて参加することはかなわないでしょうが、だんじり祭では若頭をつとめる元魚類研究者のさかな先輩や、その上の役職(役職名は失念しましたすみません)である岸和田図書館長が口をきいてくれると約束してくださいました。

興奮絶頂の景さん。

ひょっとすると来年9月にだんじりデビューするかもしれません。

そんなこんなで、なんのブログかわからなくなってきましたが、あしたから大阪岸和田レポートは本編にはいる予定です。

つづく〜〜〜


posted by オフィスまけ at 08:00| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント・講座かんけい | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック