\ ちょっとお知らせでーす /

☆絵本ライブ情報はホームページのイベントじょうほうで。
 依頼と問い合わせもオフィスまけホームページからおねがいします!
 
 みなさま、どうぞよろしく!


2016年10月30日

三浦市立旭小学校で8年連続絵本ライブ〜12年生と56時間目編

10月27日。地元の三浦市立旭小学校は8年連続の絵本ライブ。

8年連続ですが、授業2コマ連続ははじめてです。

(いつもは1コマずつ2学年など年によってばらばら)

秋晴れできもちがいい三浦の高台の小学校

mk_161027_asahisho_kosya.jpg

海がみえる視聴覚室で、12年生を対象に90分のセットリストはこんなかんじ〜〜


1.『どんどんめんめん』
── みんなでかけ声「あさひしょうサイコー!○○○うーまい!」
── MC「話す力と聞く力」
2.『みかんのめいさんち』
── ライブお絵かき「ありがとう!きゅうしょく」
── ことばあそび「いろんなぱんつくったよ。」からの
3.『ぱんつくったよ。』
4.『おかんとおとん』


2クラスで90分。ほんとはプロジェクターで映写しないと集中力がきついんだけど、子どもたちはさいごまで元気でした。

そして、すばらしく「聞く力」のある子どもたちでした。

旭小学校は「読み聞かせにきて!」と、8年まえに市内ではじめて声をかけてくれた小学校。

そのころは「絵本ライブ」ではなくて「おはなし会」といって、かなりこじんまりとした内容だったので、ここではそのころのまま「マイク&プロジェクターなし」がふつうなのです。

市内のほかの小学校では、どちらもふつうに用意してもらっているので、こんかいは、はじめてマイクを用意してもらいましたが、来年以降はどうするかなあ。

集中力があったので、なにごともないように進行したけど、うしろのほうでは絵本が見にくかったんじゃないかなあ。

このまま機材なしなら、教室でワークショップ形式のほうがいいかなあ。

それもまたたのしいしけど要相談かなあ。

うん。来年になったらかんがえよう……

えー、あしたは、ひきつづき北海道レポートをおやすみして、2週にわたっておじゃましたNTTドコモのイベント「移動図書館」のレポートをおとどけします。

みなさま、どうぞよろしく〜〜〜


posted by オフィスまけ at 08:00| Comment(5) | TrackBack(0) | イベント・講座かんけい | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
今日は、堺市の子ども読書のイベントに、一部だけ参加してきましたよ。

講演会の講師が、杉山亮さんだったんで。終わってから、何回も同じ小話を聞かせて悪い、と言われてしまった(汗)。

でも、当たり前なんだけど、ええこと言わはるなぁ、と京都弁。
子ども司書さん達の発表が第1部だったんだけど、それより、オーサービジットで、学校を巡ることが先決だと、強調されていました。

確かに、と思えたけど、本当に物語や絵本の楽しさを伝えないといけない子は、子ども司書に手をあげないんだよね。学校に行って、皆に語らないと。だから学校が大事なんだと、仰っておりましたよ。

質疑で、図書館の司書さんから出た質問というか、困りごとというのも、締めとしてよかったなと思えます。読み聞かせに学校に行くと、先生のなかには、生徒全員に鉛筆とメモ用紙を持たせて、さあ、よみきかせをどうぞ、という先生が居られるそうで、どうしたらいいんでしょう?という、切実なお悩み。杉山さんもでしたが、ちょっと苦笑してしまいました。いろんなことがあるものなのですね。

Posted by (に) at 2016年10月30日 19:30


>(に)さん

子ども司書って存在をはじめてしりました!
じぶんたちのばあい「子どものために」ってのは建前で
あくまでも「じぶんのために」なんですが。
そもそも学校は「教わる」のが前提なので
おおくの子どもたちも教わる姿勢でのぞんでいます。
それを絵本ライブをやって(その姿勢を)ぶちこわして
「こんなのありなんだ!」って子どもたちに
ときに先生がたにも思ってもらえたらうれしいです。

Posted by オフィスまけ at 2016年10月31日 15:15
そうですね。
3年生くらい?の子が来ていましたが、子どもの特権というか、こども司書の子は、「トリックとかなぞなぞものとかしか書けないのはどうしてですか?」って堂々と質問して、シーンとした空気をつくってくれていましたよ。

平田さんだと、「だじゃれしか書けないの?」って言われてしまうんだと思いますが……。(汗)

杉山さんも、名探偵以前に、時代物とか書いてるけど、売れないんだよね、って正直におっしゃってましたが、平田さんも、感動できる絵本とか、いっぱい書いてますよね。(^^;

えんぴつとメモを持たせる先生には、ものがたり(絵本)はお勉強じゃないので、持たせないようにお願い、と、鈴をつけないといけないけど、どんな先生かがわからないので、そこは空気を見て、お願いしてください、という、お答えでしたね。

教室で絵本を、ものがたりを、伝えることは大切です、というお話でしたよ。


Posted by (に) at 2016年10月31日 17:10


>(に)さん

>平田さんだと、「だじゃれしか書けないの?」って言われてしまうんだと思いますが……。(汗)

ほかにもいろいろだしていますがあまり売れていないので
みなさんのところにとどいていないのかもしれません。
たくさんのひとに読んでいただけるような作品をめざして
これからもがんばっていきますので応援してください。

って、やっぱりストレートに売れる売れないがわかりやすくて
そういう回答になりそうです… ^ ^ ;



Posted by オフィスまけ at 2016年11月01日 17:48
まじめにご回答いただいて、かたじけない m(_ _)m

いまどきの子、というのを、生で見ることができました……。

Posted by (に) at 2016年11月01日 18:55
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック