\ ちょっとお知らせでーす /

☆絵本ライブ情報はホームページのイベントじょうほうで。
 依頼と問い合わせもオフィスまけホームページからおねがいします!
 
 みなさま、どうぞよろしく!


2016年07月02日

なんと『おかんとおとん』の裏設定をおしえちゃいます!<後編>

きのうからつづいています。

よんでいないかたは、きのうのブログをよんでからもどってきてください。

はい。ではでは、『おかんとおとん』の平田昌広ひとりよがりの裏設定です……

若かりしおとんがはまっていたシーバス(スズキ)のルアー釣り。

その日、ちょっと息ぬきのつもりでルアー釣りのかわりに、港の岸壁でシロギスをねらっていると、

mk_160701_okaton_p0607.jpg

若かりしおとんは、若かりしおかんとはじめてであったのです。

その後、ふたりは軽トラでドライブに行ったり、巨大おにぎりをたべたりするわけですが、さらに月日はすぎて、本編では描かれていない裏設定がこちら〜

 若かりしおとんは、若かりしおかんと出会ったころから、あまり釣りには行かなくなった。おかんに夢中で、釣りには気持ちが向かなかったのだ。
 やがて結婚して子どもが生まれ、少しずつ時間によゆうがでてくると、ふたたび釣りが恋しくなった。でも、若かったころにはまっていたシーバス(スズキ)のルアー釣りではなく、おかんとの出会いのきっかけとなったシロギスを本格的にねらいたくなった。
 大海原に向かって砂浜から全力でキャストする。ねらいは150メートル先。細い糸をつたって、はるかかなたからシロギスの反応を感じる。シロギスがエサを食い込むと手元にぷるぷるっと感触がある。
 そのとき、おとんはいつも思いだすのだ。おかんとのはじめてのキスを……
 そんなことを考えながら、おとんはいつも和室のちゃぶ台で仕掛けをつくっている。



mk_160701_okaton_p0405.jpg

という裏設定でした。

ほぼ釣りがすきな昌広さんの自己満足みたいなものですが、景さんのエレカシネタみたいに、かるくたのしんでいただければさいわいであります。

『おかんとおとん』

いろんな子どもたちの家庭の事情をかんがえて、読み聞かせに「つかえない」という声もきかれますが、子どもたちはみんな、

おかあさんと、おとうさんがであわなければ、うまれてこなかったのです。

そして、いま現在はどうあれ、そのときのふたりは、子どもをおもう愛とおなじぐらいでっかい愛でむすばれていたはずです。

その気持ちをうそにしないでほしいです。

というわけで、

『おかんとおとん』

みなさま、どうぞよろしく〜〜〜


posted by オフィスまけ at 08:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 作品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
それであのTシャツってわけですな?
私、個人的には、さりげなくキッチンに飾られたナズナにキュン♡です(*≧艸≦)
昌広しゃんは最近釣りしてますか?
いつか本当に雑誌に載るような大物が釣れると良いですね〜うへへ
Posted by おじぎちゃん at 2016年07月02日 09:02


>おじぎちゃんさん
>
>それであのTシャツってわけですな?

そうよん。鮨屋の湯のみみたいでしょ。

>私、個人的には、さりげなくキッチンに飾られたナズナにキュン♡です(*≧艸≦)

おお!これ、いちばん気がついてほしいやつ。
あと、おとんが釣り具いじりながら食べてる
うめぼし味のあめちゃんもね〜 ^ ^

Posted by オフィスまけ at 2016年07月03日 06:53
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック