\ ちょっとお知らせでーす /

☆絵本ライブ情報はホームページのイベントじょうほうで。
 依頼と問い合わせもオフィスまけホームページからおねがいします!
 
 みなさま、どうぞよろしく!


2016年04月30日

福井からの滋賀〜絵本ライブレポート 3. へしこの食レポの巻

はい。絵本ライブレポートは番外編のへしこの食レポです。

ライブの依頼をしてくださった福井県美浜町は「へしこ」で知られる町です。

ねんのため、しらないかたにひとことで説明すると、へしこは、「魚の糠漬け」。くわしくしりたいかたは、美浜のへしこまるわかり!をみてもらうとして。

リンクさきにもあるとおり、現代のへしこはいろいろなレシピでたべられているんですねえ。

おさかなだいすきな昌広さんですが、へしこはもうずいぶんまえに、かじったことがあるぐらいで、ほぼ初体験です。

なので、美浜町図書館のT館長のことばに興味津々で、帰宅後に何種類か料理してみましたよ。

開封してみておどろいたのは、こんなに?ってぐらいたっぷりの量の糠。

背びらきにしたサバの腹側にたーっぷりつまった糠は、そのまま捨てることがおおいようですが、あらかじめT館長にきいていたとり、炒ってふりかけに〜

mk_160430_hecko_nukafuri.jpg

サバの旨味が凝縮されていて、なんとも形容しにくい味ですが、これはくせになりそう。

はやくも朝ごはんのおともになっています。

つづいて、へしこの一般的な食べかた「糠をおとして焼く」ところですが、あらかじめかるく味見をしたところ、予想をはるかにうわまわる塩分量だったため、水であらって、10分ほど塩ぬき。

でもって焼きました。

mk_160430_hecko_yaki.jpg

このひときれで、ごはん一膳いけちゃいます。

酒呑みのひとは、ぐいぐいいっちゃうのではないでしょうか。

しょっぱいんだけど、ついついたべたくなっちゃううまさです。

つづいて、こんかいの目玉でございます。

はい。さしみでーす。

そうなんです。

火をとおさないで、生でたべるんです!

これは、レシピでは「糠をおとして水であらって」となっていましたが、うちではさらに30分ほど塩ぬきしました。

でもって酢飯をラップ+巻きすでまいて、薄切りにしたへしことミツバをのせて、もういっかいぎゅぎゅっと巻いて〜

mk_160430_hecko_sushi.jpg

押し寿司になりました!

これまた、なかなかのうまさ。

塩っけがあるので、しょうゆは不要。わさびをちょこんとのっけて口にほうりこむと…

うまーーーっ!

やっぱり、なんとも形容しにくい味なんだけど、糠と魚の旨味のバランスが絶妙です。

あとね、へしこの薄切りをだいこんの薄切りではさんでたべたんだけど、これもなかなかいけますよ。

ようは、へしこの塩っけを酢飯やだいこんで緩和させると、サバの旨味がおもてにでてくるかんじです。

ほぐした身をたっぷりの油でいためて、スパゲッティにしたところ、これまたうま〜〜でした

いやあ、たのしませていただきました。

というわけで、T館長に感謝しつつ、レポートは絵本ライブ編へ。

つづく〜〜〜


posted by オフィスまけ at 08:00| Comment(2) | TrackBack(0) | イベント・講座かんけい | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
あの、しょっぱさが、父親を除く我が家の家族には不評。
でも、母親も、焼いたへしこでお茶漬けとか、してましたけどね。

私も苦手で、塩抜きとかしてくれないし、自分でやろうとも思わないし、という感じでしたね。全然別ものながら、お茶漬けを1杯、2杯?というところでは、いぶりがっこと良い勝負です。私には。

鮒鮨のほうが、いけますね、結構、好きですよ。前も書いてたか、鯖のなれ鮨のほうも、好物です(笑)


Posted by (に) at 2016年04月30日 21:41

>(に)さん

しょっぱさは
予想をはるかにうわまわってました。
調味料的につかうと
とってもおいしいですよ。

Posted by (ま) at 2016年05月01日 06:47
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック