\ ちょっとお知らせでーす /

☆絵本ライブ情報はホームページのイベントじょうほうで。
 依頼と問い合わせもオフィスまけホームページからおねがいします!
 
 みなさま、どうぞよろしく!


2016年04月18日

『おかんとおとん』刊行記念!ブックハウス神保町原画展&絵本ライブレポート3

はい。きのうの絵本ライブ最終回。あっというまのたのしい時間でした。

お客さんもいっぱいきてくださいました。

すでにはじまっているレポートは、その8あたりで登場する予定です。

そして、本日はブックハウス神保町『おかんとおとん』刊行記念原画展最終日です。

ほんとあっというまにおわりだねえ。

さびしいねえ。

はい。気持ちをきりかえて、ブログでは、原画展&絵本ライブレポート3回めです。

原画展には、原画のほかにもいろいろ展示があって、そのなかのひとつに、こんな秘蔵品があります。

mk_160407_hizo_goods.jpg

相棒・景さんがエレファントカシマシがだいすきってことは、しっているかたもおおいでしょう。

たとえば、Googleでうちのブログのなかを「エレファントカシマシ」で検索すると、なんとまあ46件もヒットしましたよ。

というわけで、この写真で謎なのはエレカシではなく、電気グルーヴのビデオテープなんですねえ。

なぜ、ここにあるかわかる?

超絶コアなファンのかた(そんなひといないだろうけど)なら、平田昌広のデビュー作の『かあちゃんのせんたくキック』が、NHK Eテレの「てれび絵本」になったときのナレーションが電気グルーヴのピエール瀧さんだって、わかっちゃうかもしれないけど?

いやいや、それだけではありません。

そのむかし昌広さんが20代前半のころ。某レコード会社の映像部門のADをしていまして。

電気グルーヴはそのレコード会社に所属していたんですねえ。

でもって、写真の「ミノタウルス」というビデオをほーんのちょっぴりおてつだいした昌広さんが、ビデオのパッケージにクレジットされているのです。

mk_160416_hizo_video.jpg

その10年後ぐらいに、景さんとしりあって、景さんのおかげでデビューすることができた昌広さんは、『かあちゃんのせんたくキック』映像化のナレーションが、ピエール瀧さんにきまったときいて、もうびっくりですよ。

そのことを景さんにはなしたら、

「瀧さんにサインもらいにいく!」と。

「いや、もうビデオもってないし。しかも廃盤だし」と、かえすと、

「ネットで買う!」と、ネット音痴の景さんは、どこぞで中古で購入したビデオをもって収録現場へ。

宣言どおりピエール瀧さんにサインをもらってきたわけですねえ。

ついでに「平田昌広」ってクレジットにそえてある「この人は…」ってコメントも、瀧さんがかいてくださったんですねえ。

たいした人生ではありませんが、コメントどおりで、そこそこいろいろあるものです。

このネタは、いままでだれにもいっていなかったのですが、こんかいは秘蔵品として展示解説してみました。

ま、原画展はきょうでおわりだけどね〜笑

そんなこんなで、原画展&絵本ライブレポートは、あしたから本格的に?

つづく〜〜〜


posted by オフィスまけ at 08:00| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント・講座かんけい | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック