\ ちょっとお知らせでーす /

☆絵本ライブ情報はホームページのイベントじょうほうで。
 依頼と問い合わせもオフィスまけホームページからおねがいします!
 
 みなさま、どうぞよろしく!


2015年11月28日

絵本ライブレポート/やっぱり京都は熱かった〜 5. まいてまいてのセットリストの巻

きょうあしたは東京2days〜!

足立区立中央図書館、江戸川区立松江図書館で絵本ライブ。

そして、ブログは京都レポートのつづき。11月20日の京都市立光徳小学校の絵本ライブの本番中です。

持ち時間50分のセットリストはこんなかんじ〜

1.『どんどんめんめん』
── かけ声「こうとくサイコー 90しゅうねんすーごい!」
── ライブお絵かき「でっかいスプーンでたべちゃおう」からの
2.『しろがくろのパンダです。』
── ライブお絵かき「おおきなかぶ」
3.『おかん』
むりやりアンコール
   フリップネタ「こんな パンダSONG」

ですが……

きのうのブログのセリフ失態につづいて、ここでも昌広さんはやらかしてしまいました。

アンコール予定のフリップネタまでたどりつかず、

mk_151120_frpaya_kotoku_okan.jpg

『おかん』で強制終了です。

第1部の式典がおしてて、時間によゆうがなかった…

というのはいいわけで、1本めの『どんめん』が特別バージョンで、通常の倍ぐらいの時間がかかるのに、それをあたまにいれてなかったのですねえ。

さいごの1本のまえのトークのさいちゅうに、図書ボラ「わぁのなかま」代表のぱやちゃんが片手をぐるんぐるんまわして。「まいて〜」の合図に、かなりあせりましたよ〜笑

そんなわけで、子どもたちがどのぐらいたのしんでいたか。かなりビミョーとおもっていましたが、つづく給食の時間でいっしょだった3年生は、みんな目をきらきらさせていたので、おっちゃんもちょっとは役にたてたのかもしれません。

mk_151120_frpaya_kotoku_9shock.jpg

京都の給食。ひれかつ給食。

うまーい!

では、あらためまして。

京都市立光徳小学校のみなさま、90周年おめでとうございます!

さてさて、先生やPTAのみなさんにみおくられて、わぁのなかまのみなさんと、つぎの目的地へむかいます。

景さんが、ずーっといきたかったところです。

それはどこ?

つづく〜〜〜



posted by オフィスまけ at 08:00| Comment(11) | TrackBack(0) | イベントかんけい | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
自覚症状あるのですが(笑)、ライブ以前に食い物に目が行っている自分。。

へー、京都の給食って、こんなに激変してるんだぁ、ですね。

そりゃ、たしかに、×十年前と比べるな!と叱られそうですが。

流石に脱脂粉乳は知らない世代ながら、パンだけでしたし、
喧々囂々の先割れスプーンを駆使していましたし、
カネ(アルマイト?)の食器だったし、
で、
ひれかつ・・・・そんなメニュー出たら天地がひっくりかえったと思うし、、

カツといえば、鯨カツ! でも美味かったし、出たらうれしかったですよ、わらじのような鯨カツ。

と、また、食べ物ネタで、終わってしまいました(笑)。


Posted by (に) at 2015年11月28日 09:54

西山さん

これは「給食感謝の日」といって特別メニューらしいです。
学校で実施日はちがうようですが
「ヒレカツ」は京都市内の共通メニューとか。
おいしかったですよ〜〜〜


Posted by (ま) at 2015年11月29日 00:32
特別な日に行かれたのですか。
納得ですね。

でも、鯨カツは、今でも食べたくなります。
ヒレカツは、もっと食べたいけれど(笑)


Posted by (に) at 2015年11月29日 20:27

むしろ、鯨カツのほうが気になります。
いまや鯨肉は貴重品ですからねえ〜

Posted by (ま) at 2015年11月29日 21:52
こんなのが、ありました。

多分、ある年齢以上の人だけ限定で。
でも、美味しかったって意見、ありますよね。
そう思います。

http://www.freeml.com/wefree/food/whale/

Posted by (に) at 2015年11月30日 01:40

73才の母が給食に鯨ベーコンがでた〜
と、いっていた気がします。
いまや高級品の鯨ベーコン〜笑

Posted by (ま) at 2015年11月30日 16:10
さすがに、ベーコンは出なかったですね。

もっと昔(苦笑)は、もっとたくさん捕れたのでしょうね。

鯨ネタ、昌広さんは、「コロ」のことを知ってますよね。
給食ではなかったですが、子どものころ、コロは好物でした。
おでんの具としては、関西では一般的であった、コロ。
牛すじとか使ってなかったと思うので、コロがちょうどよかったのだろうと想像しますが、もう、幻の食材ですね。


Posted by (に) at 2015年12月05日 17:10

コロ。

名まえだけ
かろうじて知ってる…ぐらいです。
皮のぶぶんですよね。
時代もあると思いますが
それより地域による
食文化の差がおおきい気がします。

Posted by (ま) at 2015年12月05日 18:00
おでんの出汁を染み込ませないと、というか、出汁をとらないと、ちょっと食べれない代物ではあります。脂肪の部分で、ちゃんと黒い皮がついたのもありますからね。

ちなみに、黒いとこは、余り美味しくなかった記憶です。

身近にあるものを使うというのが、よいのだろうと思います。
でも、かなりな高値になってからでも、母親は買って、おでんに入れてくれていましたね。ありがたかったですよ。

コロは、さすがに、売ってるのも見ないですね。さえずり、とか、ベーコンとか、は見ることありますが。

なつかしい食材です。

Posted by (に) at 2015年12月05日 20:08

ということは…

けっしておいしいものではないのでしょうか。
いちどたべてみたいものです。はい。

Posted by (ま) at 2015年12月06日 06:51
くじらの脂ですからね、他のものとは違ってる、というか、
魚でもないし、獣とも違うし、という独特の感覚。

ちょっと、ゴムっぽく感じるかもしれないので、汁を染み込ませたのが、好きでしたが、煮崩れるってことはないですからね。

知らなかったのですが、手に入るらしいですね。
http://store.shopping.yahoo.co.jp/kuidaoreichiba/w-119.html?sc_e=afvc_shp_3139564

そんな高級なおでん(関東煮)って・・・

Posted by (に) at 2015年12月06日 21:40
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック