\ ちょっとお知らせでーす /

☆絵本ライブ情報はホームページのイベントじょうほうで。
 依頼と問い合わせもオフィスまけホームページからおねがいします!
 
 みなさま、どうぞよろしく!


2015年09月19日

安保法案が可決されたことについて〜オフィスまけ公式見解

平田昌広および平田景は、世界から戦争がなくなるのはすごく簡単である。武器や兵器をいっせいに破棄するだけでいい。という、お花畑主義です。

これを平和ボケとののしる人がいてもまったくかまいません。

しかし、安保法案に反対して、デモに参加した人たちをひとくくりに平和ボケとののしるのは大きな間違いです。

多くの参加者は、けっしてお花畑主義ではなく、ごく現実的に、集団的自衛権に反対しているのです。

日本国憲法に明確な記述はないものの、施行以来いちどたりとも、政府は集団的自衛権の行使を認める解釈はしていません。

年月を経てそれが確固たる事実になっていたはずですし、多くの憲法学者が安保法案が「違憲である」と宣言しています。

国連憲章でも認められている集団的自衛権ですが、憲法を盾にこれを拒み、築きあげた事実は世界に誇れるものです。

それを「国家の最高責任者」という男と取りまきが、強引に解釈をねじまげて突きつけてきた法案。

多くのデモ参加者はそれに憤り、反対しているのであって、現状をしっかり見すえています。決して平和ボケしているわけではありません。

ついでいえば、デモ参加団体の多くは、「領土等が侵害されたばあいは個別的自衛権にのっとって武力行使する」と非常に現実的な主張をかかげています。

じぶんには、安保法案に賛成する人こそ、平和ボケしているように思えてなりません。

本当に集団的自衛権が平和を維持するのに必要でしょうか?

安保法案は「戦争をふせぐための法案」なのでしょうか?

この法案がきっかけで、西アジアのどこかで、後方支援という名目で動かされる自衛隊員が攻撃の対象となったら。

この法案がきっかけで、世界の一部のひとたちとあつれきがふかまり、日本国内でテロがおきたら。

「戦争をふせぐための法案」は、「戦争をふせぐための戦争」という、おおいなる矛盾に突入するのです。

もしも、そこまで納得づくで賛成しているのであれば、安保法案反対デモで叫ばれた「戦争反対」はレッテル貼りでもなんでもありません。「戦争反対」という主張は真実そのものです。

武力に武力で対抗するための準備を整えれば、必ず武力を使うときがきます。歴史を振りかえれば、何度となく繰りかえされていることです。

戦後70年のあいだに、それを忘れてしまったとしたら、安保法案を支持する側こそ「平和ボケ」しているのではないでしょうか。

でも、だからといって、私たちは安保法案に賛成する一般市民を悪くは思っていませんし、反対する一般市民が口にする「自民党に投票したヤツは率先して戦場に行け」といったことばは、とても悲しく思います。

賛成でも反対でも、私たちとさしてかわらない普通の人々を悪くは思えません。

だからこそ、投票率52.66%の選挙において得票率が5割にも満たない人たちの、つまりは有権者の4分の1程度の支持で「選ばれたつもりでいる人たち」の強引なやりかたは許せません。

なかでも、自らを「国家の最高責任者」とのたまう安倍晋三には、怒りがこみあげてやみません。

mk_150918_0726_abedame.jpg


あべだめ!

あべだめ!

あべだめ!



本当は、政治の話などしたくありませんでした。

絵本ライブをはじめたことから、つねに「愛と平和」をうったえつづけてきましたが、政治的な発言をしようとは思いませんでした。

しかし、現政権のやりかたがあまりにもひどいので、2か月ほどまえから平田昌広と平田景の主張として、ブログやTwitter、Facebookで発信してきました。デモにいって声をあげました。

なにより阻止したかった安保法案が可決されましたが、平和をあきらめたわけではありません。

しばらくは、政治的は発言をひかえるかもしれませんが、来夏の参院選が近づいてきたら、安倍政権反対のおおきなデモがあったら、ふたたび私たちのことばで訴えます。

そのときは、みなさまそれぞれの考えのもとに、適当におつきあいください。




……いやあ、ながながかたってしまいました。

ここまで読んでくださったかた。ありがとうございます!

北海道レポートおやすみしてごめんなさい。

ブログは、あしたもあさっても、まいあさ8時にアップします。

これからも、かわらずに。

愛と平和を。未来に夢を。





posted by オフィスまけ at 08:00| Comment(0) | TrackBack(0) | (ま)と(け)のふつうの生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック