\ ちょっとお知らせでーす /

☆絵本ライブ情報はホームページのイベントじょうほうで。
 依頼と問い合わせもオフィスまけホームページからおねがいします!
 
 みなさま、どうぞよろしく!


2015年08月10日

ミルクと砂糖がはいってるのが基本形のイノダコーヒ

ことしにはいってから打ちあわせでつかうようになった喫茶店。

横浜にある「イノダコーヒ」は「コーヒー」じゃなくて「コーヒ」ってところにこだわりが?

でもって、でてくるコーヒーにもこだわりがあるようで、

mk_150806_inoda_coffee.jpg

右と左。どっちが基本形のコーヒーでしょう?

はい。

正解は右でーす。

ミルクと砂糖がはいってるのが基本形、デフォルトなんだそうだ。

京都にあるイノダコーヒの本店のメニューにも、しっかりかいてあるよ。

相棒・景さんは、基本ブラック派なので「砂糖・ミルクぬきで」といわないと、右にコーヒがでてきちゃうんですね。

ちなみに、昌広さんはコーヒーがにがてなので、打ちあわせではこんなののんだりしています。

mk_150806_inoda_resca.jpg

レモンスカッシュ!

このレモンスカッシュも、ちょいとこだわりがあるのか。グラニュー糖が下にたまってます。

うん。かきまぜないで、とけていない状態ででてくるんだな。

その心意気にのっかって、かきまぜないままでのんでいくと、だんだんねっとりあまくなってきて。それがけっこうすきだったりします。

あとね、アイスクリームにもちょいとこだわりが、

mk_150806_inoda_ice.jpg

わかる?

いや、たべなきゃわかんないだろうけど、アイスクリームは「レモン味」が基本形なんだそうで、メニューには「バニラ」がなくて、いちばん先頭がレモンアイスなのです。

だからね、コーヒーフロートやクリームソーダのアイスクリームも「レモン味」なんだって。

そんなこんなのイノダコーヒに景さんはあしたもいくそうです。

急なイラスト依頼があって打ちあわせ。

ピンしごとだからね。

スケジュール管理をしっかりおねがいします……



posted by オフィスまけ at 08:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 制作中のはなし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
すごい!

イノダコーヒ・マニアであったのですね。

そこまで、というか、あまり知らなかったのです(笑)

味はともあれ、イノダといえば、本店か三条の支店というのが定番とまでは行かないまでも、近くに行ったら、よってみよか、というお店。

お庭など見て、ボーっとしようというのが、いいかなというお店です。

ずっと昔に奈良で大阪の人に言われたって変ですが、京都には、神戸みたいに、焙煎したコーヒーの味で勝負みたいなお店がない、というのが、ずっと記憶に残っています。

確かに、神戸に仕事場があったりで、思うのは、小さなお店でも、神戸だとお店の前にいくと、焙煎の香りが漂ってくるのですよね。その辺り、文化?が違うのかなって思います。

四条河原町ちかくに、今もあるのだと思うのですが、築地というお店があって、暗い店内で、人が語り合っていたり、もう1軒、フランソワというお店も、京都らしいのか、味より雰囲気って気がします。

イノダも、レトロというか、そんな空気を味わうようなイメージですね。なので、昌広さんおススメ?のレモンスカッショも、、多分、京都では、そういうのを出す店あったように思います。

Posted by (に) at 2015年08月10日 10:14

西山さん

イノダにあついのは景さんですよ。
じぶんとしては、打ちあわせしやすい環境ってのがなによりです。
ここはお客さんの平均年齢がたかくていごこちいいです。
20〜30代女性がメインみたいなところだと
いごこちわるくて、はなしがしにくいですね……


Posted by (ま) at 2015年08月10日 17:59
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック