\ ちょっとお知らせでーす /

☆絵本ライブ情報はホームページのイベントじょうほうで。
 依頼と問い合わせもオフィスまけホームページからおねがいします!
 
 みなさま、どうぞよろしく!


2015年03月17日

先生とよばれるのはにがてだけど……

某作品の某媒体への使用許諾の書類一式。

平田昌広先生あて。

mk_150317_sensei.jpg

えっへん!

我が輩は先生であーる。

なーんてことは、ぜんぜんおもってなくて。むしろ先生ってよばれるのはにがてだけど。

あるとき、某著名作家さん(仮にAさんとして)と同席しているとき。

その場にいた編集さんが「A先生はどうなさいます〜?」「平田さんは〜?」みたいに、「先生」と「さん」をみごとにつかいわけているのです。

じぶんとしては、「先生」ってよばれるのはいやだし、「さん」大歓迎なんだけど、編集さん、なんでわざわざつかいわける?

Aさんは「わしは先生である」みたいなひとじゃなくて、その編集さんにもさいしょっから「先生はやめてください」っていってるんだよ。

なのに「A先生」と「平田さん」がえんえんつづく。

なにがなんでも、ふたりの力量の差をはっきりさせたかったのかなあ。

とはいえ、絵本ライブの現場でスタッフさんに「平田先生」っていわれて。さいしょは「先生やめてください」っていうんだけど、だんだんめんどうになって、そのまんまにしちゃうときもあるからなあ。

めんどうといえば、昌広の「広」もしょっちゅう「弘」や「宏」にまちがわれるんだけど、めんどうなのでスルーしています。

そして、景さんは気がつくと、そっと訂正しています。

迷惑かけてごめん……


posted by オフィスまけ at 08:01| Comment(2) | TrackBack(0) | メディアとか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
昌広先生!
私も先生と呼ばれるのは苦手です。
でも、呼ばれると、呼ばれる分だけそれらしい人間になるような…気もする。だから、今は、先生と呼んでくれるかたがいることを嬉しく思います^ ^
Posted by 小泉宗輝 at 2015年03月19日 00:14

こころちゃんは、茶道をおしえる教師としての先生だもん。正真正銘の先生だよ!

オレ、なーんにも教えてないからね。やっぱり先生じゃないよ。ただの絵本のおっちゃん〜笑

Posted by (ま) at 2015年03月19日 09:31
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック