\ ちょっとお知らせでーす /

☆絵本ライブ情報はホームページのイベントじょうほうで。
 依頼と問い合わせもオフィスまけホームページからおねがいします!
 
 みなさま、どうぞよろしく!


2014年09月26日

とやま絵本ランド&新潟ツアー 5.高岡の夜はやっぱり神保さんの巻

9月13日。射水市大島絵本館から富山ファボーレと、2本の絵本ライブをすませて高岡駅まえのホテルへ。

ロビーでむかえてくださったのは、やえもん文庫の神保康子さんと射水市大島絵本館の事務局長です。

神保さんには、たいへんたいへんおせわになっております。

相棒・平田景さんがひとりでイベントをまわっている時代にはじめておあいして、一昨年、メオトでやえもん文庫をたずねたときは、サプライズでこんな演出も。

mk_140913_3740_takaokanight_120502_yaemonhappy.jpg

はい。その日は平田昌広さんの誕生日だったんですね。うれしいっ!

神保さんは、まいとし上野の森・親子フェスタにもいらっしゃって、いっつもすてきなおみやげをくださいます。

懇意にしている作家さんもたくさんいるので、親子フェスタではおたがいにとってもいそがしく、ほとんどおしゃべりもできないから、高岡の夜をたのしみにしていたのです。

高岡での絵本ライブは、多忙の神保さんはこられない予定だったのでなおさらね。

読み聞かせや朗読、講演会をしている神保さんは、富山ではメオトよりもはるかに著名なかただもん。

というわけで、3人でたくさんおしゃべりする予定でしたが、その何日かまえに「13日の夜の予定はあるの?」と心配して、射水市大島絵本館の事務局長Tさんが電話をかけてくださったこともあり、メオトと神保さんと事務局長と、おふたりの共通の知りあいの小学校の先生がくわわって、高岡の夜。

mk_140913_3740_takaokanight_agetoma.jpg

ん?

トマトのコロッケです。

富山のきときと海の幸ってより、創作料理がおいしい居酒屋でした。

いやあ、たのしかったなあ。

ちなみに、翌14日と新潟で手荷物にくわわっていた「すいかバッグ」は、神保さんのおみやげです。

気がついたひといるかな。

すいかの衣装とは来夏までおわかれですが、小さくたためるすいかバッグは携帯に便利なので、遠征にもっていくかもしれません。

ありがたいことに、いつも、いっぱいいっぱいおみやげ・さしいれをいただくから。すいかバッグが活躍してくれるでしょう。

ほんとみなさんに感謝ですよ。

そんなこんなで高岡の夜はふけて。

つづく〜〜〜


posted by オフィスまけ at 08:00| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント・講座かんけい | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック