\ ちょっとお知らせでーす /

☆絵本ライブ情報はホームページのイベントじょうほうで。
 依頼と問い合わせもオフィスまけホームページからおねがいします!
 
 みなさま、どうぞよろしく!


2014年04月05日

京都府与謝野町絵本ライブからの天橋立めぐりだよ〜の8

京都府与謝野町絵本ライブからの天橋立めぐりレポート。

すっかり観光モードですが、いよいよ最終回です。絵本ブログをもとめていらっしゃったみなさま、ながながひっぱってすみません。きょうでおしまいです。

さてさて、股のしたからのぞいた天橋立は、股のしたからのぞかなくても、それはそれはすばらしい眺めでした。

mk_140322_2149_matanozoki.jpg

ところで、天橋立そのものに足をふみいれると……

mk_140322_2162_matunamiki_usirosugata.jpg

あんがい、さびしいかんじの松と砂の道がつづいておりました。

夏は海水浴場になるみたいだから、またおもむきがちがうんだろうね。

そして、TwitterFacebookではさまる親子画像をアップしてから、はやくも半月たってしまいました。

mk_140322_2173_hasamaruonna.jpg

みごとなはさまりっぷり!

かあちゃん=平田景さんのしたは、絵本ライブ遠征にはじめてついてきた娘=小学4年女子あらため小学5年女子。

さいごは、うちの小学5年女子の天橋立の最終メニューでおわかれです。

mk_140322_2171_gyonikubo.jpg

黒色魚肉棒!

はい。おしまい。

あらためて。与謝野町立図書館主催メオトよみ絵本ライブにあつまってくださったみなさま、スタッフのみなさま、こんかい声をかけてくださったSさんと図書館長にこころより感謝です。

ありがとうございました!

またあいましょう〜〜〜

posted by オフィスまけ at 08:00| Comment(3) | TrackBack(0) | イベント・講座かんけい | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
家族旅行ですね、何も知らずに写真をみたら。

先月だと、橋立もまだ観光シーズン前なのかなと思えます。私も、大人になってからは、まだ行ってないので、日本海側大回りルートで帰りがてら、立ち寄ってみたいなと思います。

ちょっと足を延ばして、伊根とかもいいですよね! 舟屋。
間人(たいざ)とか、更には城崎とか、丹後から但馬の観光地は、更に日本海沿いに続くのですが、流石に、そこまでの寄り道は無理そうで、そうなると、完全、旅行モードですね。

記憶に残る、夏の日本海の色彩が、好きなのです。昨夏は、越前海岸、蓮如ゆかりの吉崎御坊、字面で既に怖い「嫁威肉附面」(よめおどしにくづきのめん)が伝わる方面を通ってみたのでした。

「黒色魚肉棒」って文字だけだと、何か近いものありますね (^^;

Posted by (に) at 2014年04月05日 09:50
脱線しますが…

 写真を見直していて、日本人だと、「麺」と「面」は別の字ですが、中国語の簡体字では、そこにあるとおり、通用するのです(意味で見分ける)。

 ということは、私が出した、「嫁威肉附面」って、「日本には、そんな麺があるのか!」間違いなく誤解されますね。すみません、蛇足でした。自分が東洋史出身であることを、普段意識していなかった (^^; もので…。後から気づきました。
Posted by (に) at 2014年04月05日 09:55

面と麺。気がつきませんでした。

漢字を生んだ国のほうが融通がきくんですね。英語の発音だけで漢字をあててしまうとか。

一方で日本の魚編なんかは、なにかに取り憑かれたような創作性をかんじるし。おもしろいです。。。

Posted by (ま) at 2014年04月05日 21:06
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック