\ ちょっとお知らせでーす /

☆絵本ライブ情報はホームページのイベントじょうほうで。
 依頼と問い合わせもオフィスまけホームページからおねがいします!
 
 みなさま、どうぞよろしく!


2011年06月16日

絵とテキストの位置関係をかんがえる〜4

ところで、すごい作家、絵描きさんのことをたんたんと書けるのは、平田昌広が文章書きだからだろうね。いや、文章書きのすごい作家のことでも、こわいものしらずで、ふつうに書いちゃえそうだけど、それはまたいつかってことで、前回のつづきで、じゃじゃ〜ん!

mk_1106_pictxt_mtdisco.jpg
『やまのディスコ』(スズキコージ/架空社)より

あまりの熱さに、ことばがでないよ。この写真は左右をかなりトリミングしてるんだけど、この絵本の判型は、すごーい横長。その見開きの下を一直線に白できって、一直線にテキストをいれてるスズキコージさん。しかも本人の描き文字。熱いっ!

ほかのページも、だいたんなテキストのいれかたで、「絵のためのテキスト」って、かんじるひとがいるかもしれないけど、ぜんたいをとおしてみると、やっぱり絵と文が対等な絵本なんだよね。

そんなスズキコージさんの公認ホームページって、どこまで本人がかかわってるのか、びみょーではあるけど、それはさておき、つぎは、いい意味でもっともっと「ふつう」の絵本における絵とテキストの位置関係を......その5へつづく〜〜〜

posted by オフィスまけ at 08:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 絵本のなかの字のカタチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック