\ ちょっとお知らせでーす /

☆絵本ライブ情報はホームページのイベントじょうほうで。
 依頼と問い合わせもオフィスまけホームページからおねがいします!
 
 みなさま、どうぞよろしく!


2011年06月14日

絵とテキストの位置関係をかんがえる〜3

ここまで、絵とテキストを右・左で、いさぎよくわけちゃうって、はなしをしてきたけど、おおくの絵本は、絵のなかのどこかに、うまくテキストを配置してるよね。

とはいえ、色が濃いところにテキストを配置したら、とうぜん見にくくなる。そのばあい、テキストを白ふちでくくるとか、印刷行程で絵の濃度を50%ぐらいにしちゃうとか、小技をきかせることになる。濃すぎる色なら、いっそテキストを白にしちゃったり...... ま、できるだけ、そういうのはさけたいよね。

「そういうことなら、割りきっていきましょう!」って、いったかどうかはしらないけど......

mk_1106_pictxt_Oh!mathui.jpg
『ぼくんちに、マツイヒデキ!?』(作・あさのますみ/絵・飯野和好/学研教育出版)より

飯野和好さんのいさぎよさは、絵の「熱さ」とあいまって、なんかいいかんじ。テキストがはいるところは、いさぎよく真っ白! どうように「熱い画風」で、飯野和好さんとはちがう方法をとったら...... その4へつづく〜〜〜

posted by オフィスまけ at 08:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 絵本のなかの字のカタチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック