\ ちょっとお知らせでーす /

☆絵本ライブ情報はホームページのイベントじょうほうで。
 依頼と問い合わせもオフィスまけホームページからおねがいします!
 
 みなさま、どうぞよろしく!


2011年02月10日

カツ代さんの そぼろべんとう

うちの7才児がいってる小学校は、1学期に1度、「おべんとうの日」っていうのがあってね。給食がやすみなんだ。

2学期は(ま)が担当して、すずきのからあげべんとうでね。でもって、きのう、3学期の「おべんとうの日」の担当は(け)だったんだ。

mk_110210_b.jpg

じゃじゃ〜〜〜ん。

おべんとうがのっかてる小林カツ代さんの本をみて、「そぼろべんとう」をつくってみたよ。

この本はね、小学館「おひさま」の担当Iさんがおくってくれたんだ。ほかにも何冊か料理の本といっしょにね。

レシピがないと料理ができない(け)だから、とってもありがたいんだけど、どうしてIさんがおくってくれたかっていうと.....

びっくり恐怖のエピソードは、またあした〜〜〜

posted by オフィスまけ at 08:00| Comment(4) | TrackBack(0) | まっさんとけいちゃんの日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
おお! きれいなお弁当ですね。美味しそう〜。

こんにちは、armaです。先日書かれていた「1+1=1」の数式が気になって(どうして足しても増えないのか・・と)ずーっと考えていたのですが、あれは「ひとり(作家)とひとり(画家)が力を合わせて1冊の絵本を作り上げる」と読めばいいのでしょうか?
イクォールの右の1は、プラスアルファがぎゅうぎゅうに詰まった「1」なんですよね、きっと。

Posted by arma at 2011年02月10日 20:56
armaさん、こんにちは。ブルーリスのときはありがとうございました。

さてさて、和歌山静子さんのことばは、何年かまえの講談社絵本新人賞の選評にかかれていたことなので、「ひとり(作家)とひとり(画家)」にかぎらず、ひとりで作・絵のばあいも、とうぜんあてはまると思います。

とはいえ、記事にもかいたように、あまりにも抽象的な表現なので、人によって、解釈はいろいろかなあ......と。

絵本をつくる過程で、「ぼくはあかいボールをけった」というテキストがあったとします。これに絵描きさんがそのままの絵をつけたところで、作家や編集者が「あかい」は不要と判断し、テキストを「ぼくはボールをけった」に変更。

このようなやりとりがよくあります。絵と文がそれぞれ主張しすぎてはいけないので、ひじょうに感覚的なことですが、バランスをたもとうとしているわけです。絵をみれば「ボールをけった」ことまで明確であっても「あかい」だけを不要と判断するわけですから、なんでも「感覚の問題」でかたづけるのはよくないと思いつつ....すみません。

こんなかんじでいかがでしょうか。
Posted by (ま) at 2011年02月11日 15:14
「ま」さん、解説していただきありがとうございます。
つまり1+1が2のままじゃ駄目で、しっかり溶け合ってくっつきあって一体化した完璧な1になれ、ということですね。ふむふむ。
「ご飯」と「海苔」が、「ご飯と海苔」じゃなく「おにぎり」になるようなものですね!(←わかってるのかなあ?)

あのー、私も文章屋なのでたまに気になるんですけど、「絵に描いたから文は不要」って、自分で思うならともかく、他人に言われるとちょっと腹立ちません?(笑)
そこらへんの舞台裏もぜひうかがいたいです。
Posted by arma at 2011年02月11日 21:19
armaさん、同業者だったんですね。おお...... いまさらですがちょっとはずかしいです。

「絵に描いたから文は不要」って、じぶんが同感できないことをいわれたら、ふつうに腹はたちますよ。でもって、ひと呼吸おいて、できるかぎり客観的にみて、「ま、いいかな」ってときは、いうことをきいて、「やっぱ、だめでしょ」ってときは、もういちど、はなしあいます。

それこそ、絵本のテキストは1+1ってやつで、そういったやりとりが重要なので、人の意見をきけるように日々修行しております......なんて。

なので、「短い童話をかいたから、このまま絵本につかえるかな」なんて、ひとがいると、とってもむなしくなります。「短い童話は絵本につかえる」けど、つかえるようにするためには、テクニックが必要なので。

はんたいに、「絵が好きだから絵本作家になりたい」ってひとも、「どうかなあ」って。きっかけはそれでもいいけど、たんに「絵が好き」なら、絵本じゃなくて、絵をかいていればいいわけで......

う〜ん。はなしのながれがいけないかんじですね。修行がたりないなあ。あはは〜〜〜
Posted by (ま) at 2011年02月12日 10:22
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック