\ ちょっとお知らせでーす /

☆絵本ライブ情報はホームページのイベントじょうほうで。
 依頼と問い合わせもオフィスまけホームページからおねがいします!
 
 みなさま、どうぞよろしく!


2010年12月01日

『おとん』

きのう、NHK宮崎放送局からきたDVDのことをかいてて、『おとん』にリンクをはろうとして、気がついたよ。
『おとん』の記事って、まだかいてなかったんだな。



『おとん』はもちろん、『おかん』とセットなんだけど、さきに出版したのは『おとん』なんだよね。
『おとん』をつくってるときに、「『おとん』があるなら『おかん』もないとねえ〜」なんて、かるいノリでできちゃったのが『おかん』なんだけど、2冊そろうと、どーも『おかん』のほうが人気があるんだな。
うちのおはなし会でも『おかん』はトリをつとめることがおおい、鉄板の定番だし、さきにでた『おとん』のたちばが......。

『おとん』はね、「"おとん"をいろんなよびかた、おとうさん、ちちうえ、おとうさまなんかで呼んだら、あらびっくり」ってはなしなんだけどね、とちゅうで、外国語にとぶんだな。
「ばあばあ」とかね。これは中国語ね。

それでね、日本語バリエーションのときは、子どもたちの笑いがたえないんだけど、外国語にとぶと、「ん?」みたいな反応になることが多いんだな。
「それが、外国語による"おとん"の呼びかた」ってことが理解しにくいらしいのだ。
これは、作者である平田昌広の責任で、ほんとうなら「ここからは外国語になるよ」ってことをしっかりテキストにかくべきだったんだ。

だからね、読み手であるおとなと、『おとん』のはなしをするときには、すなおにそこんところをあやまって、「じぶんなりにテキストをかえちゃってください」っていってるんだ。
ほんとうにもうしわけないけど、みなさんの力にたよるしかないのだ。

で、NHK宮崎放送局の角谷アナウンサーと、収録前に電話ではなしたときにも、そのことをつたえたんだ。
そしたら、DVDでみた角谷アナウンサーは、じぶんのことばをうまくくわえて、子どもたちの反応をひきだしてたよ。

う〜ん。いろいろ勉強になります。

posted by オフィスまけ at 08:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 作品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック