\ ちょっとお知らせでーす /

☆絵本ライブ情報はホームページのイベントじょうほうで。
 依頼と問い合わせもオフィスまけホームページからおねがいします!
 
 みなさま、どうぞよろしく!


2021年11月30日

松茸ごはんの模造品をつくりましょう!!!

あしたは12月。季節は秋から冬へうつりつつあるわけですが、もういちどふりかえって秋のきぶんはいかがでしょうか。

松茸ごはんはいかがですか?


mk_211128_eringigohan.jpg


はい。松茸ごはんの模造品ですけどね〜

それっぽいキノコはエリンギです。

松茸は、かさがまるみをおびていますが、産地の道の駅なんかで比較的安価でうられているもののなかには、画像のエリンギと(炊き込んでしまえば)みわけがつかないようなものもありますよね。

ぶっちゃけ味そのものでも、鼻をつまんでたべてしまったら、なかなか、みわけがつかないのではないでしょうか。

はい。鼻をつまんでしまったらね。

松茸の香りだけは、どうにもならないので、模造品には永谷園の松茸の味お吸いものをいれるといいでしょう。

と、ここまでかいておもったのですが、松茸の食感は???

それが、まったく、おもいだせないのです。

この10年で松茸が食卓にのぼったことは何回?

いずれも、もちろんいただきものです。

そして、もう何年もたべていないので、松茸の食感がまったくおもいだせないのです。

はてさて、どんなでしたっけ?

まいとし、あきるほど松茸をたべているかた、おしえてください......




posted by オフィスまけ at 08:00| Comment(0) | まっさんとけいちゃんの日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年11月29日

20年ぶりにフォトエージェンシーで写真をえらぶ!

たびたび、おつたえしている某月刊保育絵本の食育ページの企画編集のこと。

ただいま、初の画面構成をしているのですが、写真は撮り下ろしと、借り写真をうまくつかいわけて使用します。

でもって、メディアむけに写真を貸しだしている「フォトエージェンシー」で写真の捜索中。

いやあ、20年まえの某児童書版元の編集者時代にしょっちゅういっていたフォトエージェンシーですが、いまはどの会社もあたりまえにネットで全写真を検索できるので、わざわざいく必要はないんですね〜

便利になったなあ〜なんておもいながら、担当編集さんに確認した優先順で各エージェンシーで希望の写真をさがします。

優先順というのは、質がおなじ写真なら料金がやすいほうがいいってことですね。

たとえば、優先順位ナンバー1の会社で、たとえば、オレがいちばんすきな鳥である「イソヒヨドリ」を捜索すると......


mk_211129_imagenavi.jpg
イメージナビスクリーンショット


こんなかんじで、いっぱいでてきますね〜

あ、ねんのためにいうと、食育のページなんでね、イソヒヨドリはほんのおあそびです。

写真えらび、けっこうたのしいです。

もう作家廃業して編集者になるか?

いやいやいや、それはぜったいむりですけどね。

編集ってしごとはとても専門性がたかく、一朝一夕で身につくようなものではなく、向き不向きもありますからねー

うん。不向きってことがつくづくわかって、作家になったんだもんね。

というわけで、本職の優秀な編集さんにたすけてもらいつつ、食育ページをがんばりまーす!!!




posted by オフィスまけ at 08:00| Comment(0) | 制作中のはなし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年11月28日

昆虫食が地球をすくうかもしれないのでコオロギせんべいをたべてみた!

発売からずいぶんたってしまいましたが、ようやく無印良品の「コオロギせんべい」をたべました。


mk_211127_koorogisenbe.jpg


さきに味について感想をいうと、コオロギ感ゼロでまったくものたりなかったです。

いや、コオロギ感って、コオロギたべたことがないので想像ですが、たべたことがあるイナゴのつくだに、昆虫とおなじ節足動物で昆虫の味の例えとしてあげられるエビ、どちらの風味もまったくかんじられなくて、ついでに塩分がものすごーくひかえめで、オレ個人的には、とっても残念な味なのでした。

でもね、このさき昆虫食の重要性はとてもたかいので、もっともっと普及してほしいですね。

なにが重要って、コオロギせんべいの原材料のコオロギを生産しているグリラスのHPのことばをかりると......


昆虫は他の家畜と比べ、1kgのタンパク質を生産するのに必要な餌や水の量が圧倒的に少ないため、限りある資源の有効活用が可能です。

「なぜコオロギ?|グリラス」より



そういうことなのです!

動物性タンパク質の生産においては、餌の量、水の量、温室ガス排出量、3点セットでとても優秀なんですね〜

昆虫食が荒廃していく地球をすくうかもしれないですね〜

うん。これからは虫だよ?

いや、わかんないけど......

ちなみに、ただいま12年目に突入のオフィスまけブログでも、いちどだけ昆虫食レポートがあるのです。

きょうみのあるかたは、こちら→長野で蜂の子をたべましたをチェックしてください。

以上、昆虫食が地球をすくうかもしれないのでコオロギせんべいをたべてみた〜でした!!!



posted by オフィスまけ at 08:00| Comment(0) | まっさんとけいちゃんの日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年11月27日

*ほんとのママはゴールドマリーの自己推薦書5*まずは気持ちと筋トレから〜アニキ公園でスクワット

※これは、けいちゃんが板橋雅弘さん作の『ほんとのママはゴールドマリー』の挿し絵をかくまでの笑いと涙の物語です。『ほんとのママはゴールドマリー』をチェックしてからお読みください。

(編集Hさん校閲のもと、けいちゃん本人が執筆しています。おたのしみください!)


ほんとのママはゴールドマリーの自己推薦書1プロレスウイルス第一波〜わたしはプロレスがすきだ

ほんとのママはゴールドマリーの自己推薦書2プロレスウイルス第一波〜プロレスウイルス第二波〜やっぱりプロレスの絵本がやりたい!

ほんとのママはゴールドマリーの自己推薦書3プロレスウイルス第三波〜いけばわかるさ!ほんママへの道

ほんとのママはゴールドマリーの自己推薦書4『ほんママ』が『ほんママ』になるまで




作品の中に、ママと主人公の小学2年生アイちゃんが、夏休みにトックンする場面がでてきます。
 
それは、おうちから学校とは反対の方向にある、ひょうたん山のてっぺんにある公園。
 
ラフを描くにあたって、ロケはんをしていたら、ちょうど、私のうちから近所の小学校とは反対の方向に「柿ケ作公園」というのがありました。
 
うちから走ると公園の手前でゆるゆる〜っと坂が続き、最後に急な階段をあがると公園です。 
 
さすが三浦(三浦は海と思ってるでしょ。山、めっちゃあるんです。。。)
 
やった!ぴったりじゃん!
 
ここは、通称「アニキの公園」。
 
雨がふっても大丈夫な屋根付きのベンチがあって、そこには「三浦のアニキ」と呼ばれていた男性が住んでました。いつからかアニキはいなくなってしまったのですが、、、。
 
アイちゃんは、夏休みの朝に、ラジオ体操をしてからひょうたん山公園まで走って、うでたて、はんぷくよことび、スクワット、ブリッジなどトックンをするのです。
 
4月19日にテキストをいただいて、ラフの締め切りが5月末。ちょうどアイちゃんの夏休みトックン期間とドンぴしゃ!
 
これはもう、アイちゃんのきもちになるには、おんなじことをしてみんとてするなりですよ。
 
トックン初日。
 
相棒のまっさんが、せんたくものを干し出した7時前くらい、なんとなく屈伸みたいなことをして、義理母からもらった、女性専用トレーニングジム「カーヴス」のメッシュのマスクを装着。ランをしてアニキの公園でスクワット、、、

どころか、、公園の入り口までもたどりつかず、ぜえぜえして歩いてしまう50歳女子。。
 
アイちゃんは、初日からアペアペになりながらも、スクワットまでたどりついたんだ!!

さすが小2女子!!

と、とりあえずてっぺんまでのぼり、景色をみて「やってるよアピールのため(誰にだよ!)景色ツイット」して、帰りは(も)アペアペいいながら、うちまで歩きました。。

それが、3日もたつと、トックンとまではいきませんが、公園まで走ることができて、なんとなく「はんぷくよこっとび」をすることができました。

よことびじゃないのは、元デブなので膝爆弾があって、よこっとびしたまま、戻ってこれないからです、、。
 

mk_211127_honmama.jpg


そして、梅雨入りまでのひと月後には、スクワットもできるようになりました!

50歳女子。やれば小2女子と同じことできるもんだなあ。

この筋トレが絵に生かされているかわ、、、、

きもちっすよ!きもち!

あ。ひとつあるかな。朝の太陽。
 
女優ライトぐらい顔のすべてを白くとばす光です。


 
「プロレスラーのキャラ設定〜ヒールとベイビーフェイス」
 12月4日(土)公開へつづく




posted by オフィスまけ at 08:00| Comment(0) | けいちゃんのないしょばなし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年11月26日

2年4か月ぶりの絵本ライブ遠征!北海道中標津町レポート最終回〜中標津の本屋さんでサイン本をうってるよ〜!

はい。北海道は中標津町絵本ライブレポート最終回です。

(中標津町レポその1その2その3その4その5・その6その7


というわけで絵本ライブの翌日、11月8日の朝です。

あとは帰るだけ〜というスケジュールでかなりののんびりモードですが、朝食後にひとしごと。


mk_211106_8_hotelsiginkakikaki.jpg


ありがたいことに、地元・中標津町の中尾書店さんが販売用にサイン本をおいてくださることになったのです。

これ、ものすごーくありがたいことです。

本は、一部の版元等をのぞくと基本的に返品は自由です。

つまり、サイン会の物販でたくさん仕入れていただいても、たいていは売れのこりは返品されるわけですね。

それをしっているので、オレはたいていの会場で「販売用にサイン本つくりましょうか?」と提案します。

だって、サインをしたら「返品できない」ですからね〜!

とはいえ、書店さんも商売なので、うまいこといって、とりあってもらえないのがふつうです。

ところが、中尾書店の中尾さんは、「ほんとですか?」と、社交辞令とはおもえない笑顔で3タイトル5冊ずつの計15冊のサイン本販売をひきうけてくださったのです!!!

(あれが社交辞令の笑顔だったらかなりの演技派です笑)

でもって、11月8日の朝はサイン大会からはじまて、中尾書店にサイン本をぶじにとどけて〜〜


mk_211106_8_ipponmichi1.jpg


いかにも北海道らしい道を走って、やってきたのは中標津町の名所、開陽台です。

標高270mの大パノラマ〜!!!

...のはずなのですが、あいにくの曇天で


mk_211106_8_zekkei.jpg


それでも、でっかい北海道!!!をかんじることはできました。

おまけの、ついでに〜〜


mk_211106_8_happykane.jpg


幸せの鐘を鳴らすのは、けいちゃん&まっさんではなく、けいちゃん&担当さくまっちです。

おふたり、いつまでもおしあわせに〜!!!

でもって、ふたたび北海道らしい道を走って〜〜


mk_211106_8_ipponmichi2.jpg


この道、すごいですよね。

前後をみわたしても、走行する車はまったくないので、道路に降りたって、センターライン上にすわって写真を撮ることもできるでしょうが、交通ルールを厳守して、ぜーったいにそんなことはしてません!!!

そんな写真をアップしたら炎上しかねないので、ぜーったいやってません!!!

(くりかえすところがめちゃくちゃあやしい)

そして......

あっというまに中標津空港へもどってきたのでした。

搭乗時間までだいぶあったので売店をうろうろして〜〜


mk_211106_8_kukoomiyage.jpg


諸事情により、おみやげをいっぱいゲット!!!

特筆すべきは「エゾシカ(鹿肉)ジャーキー」ですね。

これには、北海道剣淵町の道の駅のできごと、けいちゃんのわらえるエピソードがありますので、そのへんのことは、けいちゃんTwitterでかかれるかもです。

あとですね、サイコロキャラメルは、みなさん、ごぞんじとおもわれますが、なんとまあ、しってました?

現在は北海道でしか売られていないため、北海道みやげになっているんですねえ。いやあ、しらなかったなあ。

そんなことをしつつも、搭乗までに、まだまだ時間があったので〜〜


mk_211106_8_kukoice.jpg


〆のアイスをたべたりして〜〜

あっというまの2泊3日の旅は、あっというまに空の上。

さよなら、北海道〜!!!

東京湾がみえてきたころには〜〜


mk_211106_8_hikoukimado_tokyobay.jpg


夕日がかがやいていましたとさ。

というわけで、北海道中標津町レポートはおしまいです。

2年4か月ぶりのメオト遠征は、どうにかこうにか終了しました。

しかしですよ?

なにをかくそう、このさき絵本ライブの依頼が1本もないのでーす!!!

イベント主催者のみなさん、おねがいしまーす!!!

これからは、メオト絵本ライブよりも、まっさんピンの絵本ライブをおすすめしていく予定です。

ホームページから、ぜひぜひ、お問いあわせください。

おしまい。




*昨日の慶應義塾幼稚舎(慶應大学附属小学校)絵本ライブのレポは後日あらためます。

おたのしみに〜〜〜




posted by オフィスまけ at 08:00| Comment(0) | イベント・講座かんけい | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年11月25日

2年4か月ぶりの絵本ライブ遠征!北海道中標津町レポート7〜サケの○○シーンをみてしまいました〜

はい。北海道は中標津町絵本ライブレポートです。

(中標津町レポその1その2その3その4その5・その6

というわけで、11月8日の中標津町絵本ライブをおえて、佐藤さんちで、ギョウザをたらふくいただいて、とうとうやってきましたよ〜!!!

そうです。きのうのブログでむりやりぶっこんだ「これはなんのからあげでしょうか?」の正解にあいにきたのです。

やってきたのは、中標津町のおとなり標津町の標津サーモン科学館でーす!!!


mk_211106_7_iriguchikaohame.jpg


ちなみにサケに顔がはまっているのは、中標津町図書館の担当さくまっちです。

標津サーモン科学館のなにがすごいって、産卵のために川を遡上するサケ(シロザケ)を自然な状態でみられるのです!!!

そうです。サケにあいにきたのです!!!

どういうことか?

かんたんにいうとですね、標津サーモン科学館のうらをながれている標津川(こんかい宿泊したホテルの窓からみえるその4で登場した標津川の下流域にあたる)から魚道をひいて、その魚道の側面が全面ガラス張りになっているんですね〜

すごくないですか?

世界的にはわかりませんが、すくなくとも日本国内では、ここだけのはずです。

というわけで、まいとし9〜10月は遡上するサケが、そして、こんかいおとずれた11月は魚道を閉鎖して、そこに残ったサケの産卵行動をみられるようになっているのです。

とはいえ、1日に数組のサケのカップルがおこなう産卵&放精は10秒もかからないていどですから、ほんねをいえば、みられるとはおもっていませんでした。

到着したのが閉館1時間まえぐらいで、さくまっちと、けいちゃんが、ふつうに順路をすすむなか、オレはサケの魚道水槽に一直線。

うしろから、さくまっちの「まっさん、ドクターフィッシュやらないんですかねえ?」という声は完全無視。

そして、たどりついた魚道水槽まえでは、いま、まさに産卵がはじまろうとしていたのです。


mk_211106_7_sake1.jpg


全身ぼろぼろになって産卵床をつくったオスがひたすらメスがまわりをおよいでいます。

すべては、メスしだいで、一瞬の産卵のタイミングにあわせて、オスが放精します。

そして、魚道水槽まえにやってきて、わずか10分ほどでそのときがきたのです。


mk_211106_7_sake2.jpg


産卵および放精の瞬間だけ、メスとオスは同方向をむき、口をおおきくあけ、からだをふるわせます。

図鑑やドキュメンタリー番組などで、そのシーンをみたかたもすくなくないでしょう。

まさか、じっさいに、目のまえでその瞬間をみられるときがくるとは、いやあ、ほんと感動でした......


mk_211106_7_sake3.jpg


そのあと、しばらくは、卵をかくすように、産卵床のまわりで、石をまきあげたりして、命のはじまりをみまもっているのでした。

昨年、サーモン科学館のサケの産卵行動がこちらの動画でみられますので、感動をぜひぜひ〜〜





いやあ、ほんと、いってよかったなあ〜

ほかにも、みどころはいろいろあるのですが、サケの産卵にすべて脳みそがもっていかれて......


mk_211106_7_itouesayari.jpg


ほんらいなら、たのしくってしかたがないはずの、イトウ(日本最大のサケ科淡水魚)エサやり体験も、かるーくながしてしまったりして。

これまた、かなりのびっくり体験の......

こいつら、何者かわかりますか?

mk_211106_7_chozameupup.jpg


ねずみ男みたいな?

こいつらはねですね、キャビアの親?

つまり、チョウザメですね。

でもって、このチョウザメたちの口もとに〜


mk_211106_7_chozamepakupaku.jpg


ゆびをもっていくと、エサをくれるとおもって、パクパクするのです!!!

歯がないので、ケガの心配はありませんが、けっこうないきおいで、吸いこんでくるので、ちょっとひきます...笑


mk_211106_7_ninteisho.jpg


そんなこんなで証明書をもらいました〜!!!

ちなみに、サケの産卵認定は、その瞬間のみに配布されるのですが、チョウザメのパクパクは、置きっぱなしで「ご自由に〜」状態なので、パクパクされなくてももらえます。

以上、感動の標津サーモン科学館レポでした〜〜〜



(次回へつづく〜)



さてさて、本日は2021年さいごの絵本ライブ。

まっさんピンで慶應義塾幼稚舎(慶應義塾大学附属小学校)です。

がんばるぞー! おーーーっ!!!




posted by オフィスまけ at 08:00| Comment(0) | イベント・講座かんけい | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年11月24日

とつぜんですが、これはいったいなんのからあげでしょう?

はい。またしても北海道は中標津町レポートをおやすみして......

とつぜんですが問題です。

こちらは、オフィスまけのある日の晩ごはんから、まっさん特製の〜〜


mk_211124_sakekaraage.jpg


これは、いったい、なんのからあげでしょーか?

正解はね、中標津レポートのなかにキーワードがでてきますよ。

そして、あしたの中標津レポートで、こんかいの遠征のメイン〜!!!

といったら、しかられますが......

(もちろんメインは絵本ライブです!!!)

この、からあげの食材でもある、日本の食文化においてとても重要である、あいつが登場します。

おたのしみに〜〜〜





posted by オフィスまけ at 08:00| Comment(0) | まっさんとけいちゃんの日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年11月23日

2年4か月ぶりの絵本ライブ遠征!北海道中標津町レポート6〜おいしいギョウザで食いだおれ?

はい。北海道は中標津町絵本ライブレポートです。

(中標津町レポその1その2その3その4その5

というわけで、11月8日の中標津町絵本ライブは、60分の公演時間を80分ぐらいにのばしてしまった、うっかりまっさんでしたが、とってももりあがって終了。

参加人数でかんがえると、かなりの購買率だったうれしいサイン会をおえて。

書店さん、図書館スタッフのみなさんにあいさつをして、担当さくまっちとちょっとおそい昼食です。

やってきたのは、中標津町内の〜〜


mk_211106_6_gyozatatemono.jpg


佐藤さんちのぎょうざです。

はい。壁面には「ギョウザファクトリー」とありますが「佐藤さんちのぎょうざ」が正式名称のお店です。

いやあ、いろいろな創作ギョウザを中心に、つぎからつぎへとでてくるので、のこさずたべるだけで、きもちも、おなかも、いっぱいいっぱいでした......


mk_211106_6_gyoza1.jpg


mk_211106_6_gyoza2.jpg


mk_211106_6_gyoza3.jpg


mk_211106_6_gyoza4.jpg


mk_211106_6_gyoza5.jpg


mk_211106_6_gyoza6.jpg


mk_211106_6_gyoza7.jpg


mk_211106_6_gyoza8.jpg


メニュー名は失念してしまったので、気になるかたは佐藤さんちのぎょうざをのぞいて確認してくださいね。

もう、ほんと、完全なる食いだおれ状態で、たおれないであるくのだけで、せーいっぱいでした。

というわけで、けいちゃんが北海道にくるたびにたのしみにしている、こちら〜〜


mk_211106_6_keisecoma.jpg


ご当地コンビニの「セイコーマート」ですが、まいかい「1食はセコマにして!」と、けいちゃんが所望するので、はるばる北海道にきて、こんかいも1食は「コンビニ飯」となるわけですが...

こんかいは、佐藤さんちでおなかいっぱいで、セコマにはいって、けいちゃんはなやむこと30分。

うちでるすばんの高校3年女子のおみやげもふくめて......


mk_211106_6_secomabangohan.jpg


こーんなかんじ。

絵本ライブ当日の11月8日は、雑多な夕食となったのでした。




(次回へつづく〜)



posted by オフィスまけ at 08:00| Comment(0) | イベント・講座かんけい | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年11月22日

2年4か月ぶりの絵本ライブ遠征!北海道中標津町レポート5〜公演時間は60分です!!!

はい。北海道は中標津町絵本ライブレポートの再開でーす!

(中標津町レポその1その2その3その4

というわけで、ようやく絵本ライブのレポートでーす!!!

11月7日の日曜日。中標津町総合文化会館「しるべっと」にて。

いざ、会場へ〜!!!


mk_211106_5_kaijodeba_irohasu.jpg


受付でまっていたのは、担当さくまっちがつくったデバッチです。

そのよこの「いろはす」はオレがライブ中にのむのです。北海道仕様だったのでなんとなくおいてみました。

サイン会用の物販は、地元・中標津の中尾書店さんが担当してくださいました。


mk_211106_5_ehonbuppan_setawase.jpg


あらかじめ、公演内容を記載したセットリストをおおくりしているので、ライブでよむ絵本はおおめに仕入れてくださっています。

いままでの経験から、サイン会では都会よりも、ちいさな町のほうが売れるようにおもいます。とくに地元の書店さんががんばっているところはその傾向がつよいようにおもいます。

ありがたや〜〜

ではでは、11月7日の北海道中標津町の絵本ライブにあつまってくださったみなさんをご紹介〜!!!


mk_211106_5_okyaku3.jpg


ぱんツー!!!

えーと、これまで客席記念撮影をするときは、「イエ〜イ!」とかけ声をもとめたり、「1たす1は?」みたいなおきまりでシャッターをきっていましたが、こんかいは『ぱんつくったよ。2』の略称「ぱんツー」で「ツー」でピースの記念撮影です。

ところで、こんかいのライブは公演時間60分だったんですけどね......


mk_211106_5_setlit.jpg


セットリストにも、ちゃんとかいてあるのですが、その内容はもちろんオレがかんがえているのですが......

なぜか「90分」とかんちがいして、「なんかよゆうあるなあ」とMCをのばしてのばして、70分ぐらい経過したところで、まちがいに気がついたオレなのでした。

おそらく「時間だいじょうぶ?」と心配していたであろう、担当さくまっちと、けいちゃんと、ライブ後に予定があったお客さんにごめんなさい。

未就学児がおおくて、途中であきられるんじゃないかと、じゃっかん気になっていましたが、なんのことはなく、とってももりあがって、すばらしいライブになったのでした。

というわけで、図書館スタッフのみなさん、中尾書店のみなさん、そして、あつまってくださったみなさんに感謝です。

ありがとうございましたっ!!!




(次回へつづく〜)



posted by オフィスまけ at 08:00| Comment(0) | イベント・講座かんけい | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年11月21日

来年の干支はトラだからもっともっと紹介してほしい『パパトラ』です。

はい。きのうは第3土曜日。ゆうゆう絵本講座まっさんクラスでしたね。

講座生にスタッフのみんな、おつかれさまでした。

とくに指定難病97のオレ!

おつかれさまでした〜!!!

ところで、うちにおくられてきた射水市大島絵本館の定期刊行冊子「マグちゃん通信」をみていたら、いきなり目にとびこんできました。


mk_211122_maguthusin_papatora.jpg


『パパトラ』ですね〜

「絵本で活躍いろんなトラたち」「1月」というキャプションのほかに、これといった説明がないのですが、これは、あれですね。

来年2022年の干支が「寅」だからにちがいないでしょう!!!

というわけで、アリス館でも新春売り出し?をねらって、なにかしら販促をしてくれるとのこと。

もしも、おちかくの書店でみかけたときは、店員さんに撮影許可をとって、ぜひぜひ、写真をとってSNSにアップしてください。

いまから、いっても、みんなわすれちゃうとおもうので、年明けにあらためておつたえしましょう。

↑ということを、オレがまちがいなくわすれる......




posted by オフィスまけ at 08:00| Comment(0) | メディアとか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年11月20日

*ほんとのママはゴールドマリーの自己推薦書4*『ほんママ』が『ほんママ』になるまで

※これは、けいちゃんが板橋雅弘さん作の『ほんとのママはゴールドマリー』の挿し絵をかくまでの笑いと涙の物語です。『ほんとのママはゴールドマリー』をチェックしてからお読みください。

(編集Hさん校閲のもと、けいちゃん本人が執筆しています。おたのしみください!)


ほんとのママはゴールドマリーの自己推薦書1プロレスウイルス第一波〜わたしはプロレスがすきだ

ほんとのママはゴールドマリーの自己推薦書2プロレスウイルス第一波〜プロレスウイルス第二波〜やっぱりプロレスの絵本がやりたい!

ほんとのママはゴールドマリーの自己推薦書3プロレスウイルス第三波〜いけばわかるさ!ほんママへの道




2019年8月8日。

あの!板橋さんにプロレスの絵本の原稿をもらってた日。

ここからが絵本虎の穴のはじまりなのです。

「プロレスラー絵本企画」最初の原稿から、編集Hさんと板橋さんで何度もやりとりを〜

2020年6月。

「おまたせしました!原稿がまとまってきました」と連絡があり、約1年かけて、幼年童話の誕生です!

プロレスラーのママ?と小学2年生のアイちゃんとのおはなし。

うわ〜!いいわ〜!

アイちゃん!アイちゃん!アイちゃん!脳内リングサイドで応援。

立って原稿を音読しながら、イナズマドロップキックを壁に!

いや、かっこよくできないので、キックのようなものをしていました。


mk_211120_honmama.jpg


イメージカットを2点と、なぜか「豆腐ハンバーグ」のイラストレシピまで描いて、「おねがいします!」と祈りを込めてお送りしました。

ここからが、企画会議なのです。通るかどうかわからないのです。

待つ。待つ。待つ。待つ。待つ。。。。。

2020年11月9日。

「企画が無事にとおりました〜」と連絡

やったあああああああああああ〜!!

2020年11月16日。

西荻窪のこけし屋で板橋さん編集Hさんと3人でうちあわせ。

3にんとも、まさかのマスクマンになっていたのでした。

ひとり遅れてしまったわたし(なんでこんなたいせつなときに。。)

ソーシャルディスタンスな店内で、まずは

「ありがとうございます!!ありがとうございます!!!!」

と叫んでから、スケジュールの確認。原稿の最終調整。タイトル案。

2021年4月。

ほぼ最終原稿をいただく。

ラブレターを書いてからーーー2年なのです。


「まずは気持ちと筋トレから〜アニキ公園でスクワット」
 11月27日(土)公開へつづく



posted by オフィスまけ at 08:00| Comment(0) | けいちゃんのないしょばなし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年11月19日

「ぱんツー」がくわわってことばあそび絵本シリーズ累計部数は???です。

はい。北海道中標津町レポートはいったんおやすみしまして......

あしたは第3土曜日、ゆうゆう絵本講座まっさんクラスでーす!!!

先月からスタートした、まっさんクラス基本編第8期ですが、基本編の2回めの講座のスライドに登場するのが、国土社から続々刊行中の「ことばあそび絵本シリーズ」なのです。

基本編第1期から登場して、どんなことを講座生につたえるかは、いちおうないしょにしておきますが、シリーズなので新刊がくわわると、とうぜん、スライドのデータにもくわえています。

というわけで、『ぱんつくったよ。2』が刊行されたので〜〜


mk_211120_kotoasoruikei.jpg


「ぱんツー」(オフィスまけがひろめたい略称)がくわわりました〜!!!

絵本の文に特化したクラスですが、作・絵で絵本作家デビューをめざしているかたも大歓迎。

というか、たぶん、かなり役にたつ知識をおしげなく、おつたえしていますよ?

きょうみのあるかたは、ゆうゆう絵本講座の問い合わせフォームから、ぜひぜひ、なんでもきいてください。

まってるよ〜!!!




posted by オフィスまけ at 08:00| Comment(0) | イベント・講座かんけい | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年11月18日

2年4か月ぶりの絵本ライブ遠征!北海道中標津町レポート4〜コロナ禍であること

はい。北海道は中標津町絵本ライブレポートです。

(中標津町レポその1その2その3

というわけで、北海道のおいしい海の幸をたらふくいただいて、絵本ライブ当日の11月7日の朝です。

前日のチェックインのときは、すでに日没後だったので、朝、窓をあけて、はじめてみる景色〜〜


mk_211106_4_asanomado.jpg


標津川!

ま、地図をみていたので、しってはいたけど、はじめてみる標津川にわくわくです。

最低限の護岸整備だけで、自然のながれをたもっているかんじで、朝日をあびて紅葉がうつくしかったです。

いや、うつくしい景色よりもきょうみがあるのは、ここはサケが遡上する川ということ。

ちょうど産卵シーズンなので、もしかして、であえるかも?

それはもう、わくわくしながら、朝食後に確認にむかいましたが......


mk_211106_4_asanpo_shibetsugawa.jpg


残念ながら、サケのすがたは確認できず、気配すらかんじませんでした。

しかしですよ?

じつは、この中標津レポートの後半で、サケとのであいがあるのです!

というわけで、サケのはなしは、ここまでにして朝食。


mk_211106_4_asagohantebukuro.jpg


使い捨ての手袋を着用するルールでした。

コロナ対策ですね......

バイキング形式はリスクがたかいため、いま、ホテルの朝食は、各テーブルに配膳されるケースがおおいようですね。

ここでは、ごはん、みそ汁、飲み物等にかんしては、お客さんが自由にとるシステムのため、使い捨ての手袋を着用するルールなんですね。


mk_211106_4_asagohan.jpg


感染者数はすっかり減りましたが、2年4か月ぶりの遠征では、コロナ以前とは、だいぶちがう世界になっているのでした。

たとえば、中標津空港での搭乗ロビーでも......


mk_211106_4_tojoguchicolonataisakuseki.jpg


そういえば、コロナとかんけいないようですが、羽田空港の保安検査は、以前よりだいぶきびしくなっていました。

個人による無差別テロみたいな事件が増えているのも影響してるのかな。

このさき、ますますきびしくなるのかな。

なんだか複雑なきもちになるのでした。



(次回へつづく〜)




posted by オフィスまけ at 08:00| Comment(0) | イベント・講座かんけい | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年11月17日

2年4か月ぶりの絵本ライブ遠征!北海道中標津町レポート3〜北海道の海の幸はうまいっ!

はい。北海道は中標津町絵本ライブレポートです。

(中標津町レポその1その2

というわけで、絵本ライブの前日の11月6日。

会場チェックとリハーサル、感動のデバッチドーナツとの対面をはたして、図書館担当さくまっちに、宿泊先のトーヨーグランドホテルにおくっていただいてチェックイン......

だいたいね、このあと主催者のみなさんと懇親会なんかがあったりするのですが、コロナ禍ではそれもありません。

なので、けいちゃんとふたりでホテル内の居酒屋「炉ばた 開陽台」で夕食です。

たべたかったのは、もちろん北海道の海の幸〜〜


mk_211106_3_sashimori.jpg


刺しもり(1人前)。生ホンマグロ、ホタテ、ボタンエビ(またはタラバエビ科のなにか笑)、マダコ、ブリ(さいきんはサケの定置網にブリが入るんだそうです温暖化おそるべし)、サーモン。


mk_211106_3_ruibe.jpg


サケ(シロザケ)のルイベ。北海道の郷土料理で凍らせたサケの生食。けいちゃんがはげしく希望したのでけいちゃんTwitterに感想があるかも。


mk_211106_3_hokkigai.jpg


ホッキ貝。これはオレが所望。けいちゃんはすきじゃないのでひとりじめ〜うまいっ!


mk_211106_3_hokke.jpg


ホッケ焼き。もちろん北海道産のマホッケ。


mk_211106_3_shisyamo.jpg


シシャモ。もちろん北海道産で輸入のカラフトシシャモではありません。とてもおいしかったのですが6年まえの北見でたべたキュウリウオのほうがおいしかった気がします。


mk_211106_3_wakasagitenpura.jpg


ワカサギ(風蓮湖産)の天ぷら。これが予想以上においしかったです。わたがほろにがくて〜うまいっ!

ほかにも茹でシマエビ(種名不明)などをたべましたがうっかり写真がありません。

とにかく、北海道の海の幸はうまいっ!

以上、旅レポの食レポでした〜〜〜



(次回へつづく〜)





posted by オフィスまけ at 08:00| Comment(0) | イベント・講座かんけい | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年11月16日

2年4か月ぶりの絵本ライブ遠征!北海道中標津町レポート2〜シレトコドーナツがすべてのはじまり

はい。北海道は中標津町絵本ライブレポートです。

(中標津町レポその1

というわけで、中標津町図書館イベント担当のさくまっちとともに図書館へ〜


mk_211106_2_lib_tenji.jpg


絵本ライブ開催の図書館では、各館それぞれ、さまざまにくふうして、作家特集をしてくださいます。

ありがたいですね〜

そして、図書館が併設されている複合施設「しるべっと」の会場へ。


mk_211106_2_kaijo_mujin.jpg


さらっと、会場チェックとリハーサル。

そのまま、図書館の蔵書と色紙にサイン。


mk_211106_2_libyosign.jpg


つづいて、図書館事務所におじゃましたところで、感動のご対面でーす!!!


mk_211106_2_siretokodonut.jpg


シレトコドーナツの「デバッチ特別バージョン」と、まっさん&けいちゃんですね〜

ここで解説をしないといけません。

じつは、こんかいの絵本ライブは、シレトコドーナツと、当時刊行されたばかりの『ぼくたちハダカデバネズミ』の主人公デバッチと「コラボしたーい」という、けいちゃんの願望からはじまったのです。

でもって、おもいたったら直進あるのみのけいちゃんは、シレトコドーナツと、その所在地の中標津町図書館にどうじに連絡... というか営業をかけて、あーでもない、こーでもない、さらにはコロナですったもんだしたりして、ついに、この日がやってきたわけです。


mk_211106_2_siretokodonut_kei.jpg


けいちゃん、たいへんよくできました〜!!!

けっきょく、コラボといっても、デバッチの販売にはいたりませんでしたが、さくまっちが奔走して、絵本ライブのために特別バージョンをつくっていただいたわけです。


mk_211106_2_siretokodonut_deba.jpg


デバッチバージョンは、絵本ライブの参加者のみなさんに、抽選で限定10コのプレゼントになりました。

いやあ、シレトコドーナツと中標津町図書館ほか、関係者のみなさんに感謝ですね〜

あ、そうそう......


mk_211106_2_siretokodonut_masa.jpg


いちおう、まっさんもいますよ?

そんなこんなで......


(次回へつづく〜)




posted by オフィスまけ at 08:00| Comment(0) | イベント・講座かんけい | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年11月15日

2年4か月ぶりの絵本ライブ遠征!北海道中標津町レポート1〜ひさしぶりの空のうえ

はい。たいへんおまたせしました〜

11月7日の北海道は中標津町絵本ライブレポートでーす!!!

いやあ、とーってもひさしぶりの遠征でした。

2020年2月に、けいちゃんピンの岩手遠征がコロナ爆発まえのさいごの遠征でしたが、それ以降の遠征はすべてキャンセル。

ふたりそろっての絵本ライブ遠征となると、2019年6月の富山以来の2年4か月ぶり。

そして、飛行機でとんでいったのは、2019年5月の秋田以来なのでした。

というわけで、2年5か月ぶりの羽田空港!


mk_211106_1_haneda_ana.jpg


北海道中標津町絵本ライブは1本のみでしたが、中標津空港へは1日1往復のみのため、前後泊の2泊3日の旅程。

11月6日の羽田空港では〜〜


mk_211106_1_haneda_ikarikei.jpg


けいちゃんは、なんだか、むっとしています。

ま、よくあることで、遠征にけんかはつきものです!

つまり、おそらくは、2年4か月ぶりの遠征げんかだったわけですね。

よくあることなので、おたがい無言のまま搭乗。

そして、ひさしぶりの空のうえ〜〜〜


mk_211106_1_kinai_sendaitemaekaigan.jpg


ここは宮城県仙台市付近上空。

上空から、なぜ場所がわかるって?

なぜなら〜〜


mk_211106_1_kinai_sumaho.jpg


スマホでフライトマップがみられるからです!

オレはですね、遠征で飛行機にのるとき、このフライトマップと、窓からの景色をくらべながらみるのがすきなのです。

コロナ以前の遠征では、羽田ー関空、羽田ー福岡は、ANAでもJALでもなく、スターフライヤーをつかっていたのですが、その理由は各席にモニターがついていて、フライトマップがみられたからです。

いまは、ANAもJALも、各席にモニターがついている機種がふえてきたし、なによりアプリをいれれば、手持ちのスマホでフライトマップがみられるようになったので、とってもたのしい空のうえなわけです。

そんなこんなで〜〜


mk_211106_1_kinai_hokkaido_boufurin.jpg


北の大地!

眼下には北海道の広大な景色。

緑の牧草地をふちどっているのは、紅葉している防風林ですね〜 北海道ならではの風景ですね〜

そんなこんなで、中標津空港に到着。

むかえにきてくださったのは、中標津町図書館イベント担当のさくまっち!


mk_211106_2_kukokaohame.jpg


さっそく、けいちゃんと顔ハメ〜!

さくまっち、3日間よろしくおねがいします。


(次回へつづく〜)



posted by オフィスまけ at 08:00| Comment(0) | イベント・講座かんけい | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年11月14日

2020年のバックナンバーの題材と内容をエクセルで整理してみる

ぼんやり、たびたび、おつたえしている、某保育絵本の「食育ページ」を企画構成をさせていただく件。

2020年のバックナンバーを送ってもらって題材と内容をエクセルで整理してみました〜〜


mk_211114_2020nenkikaku.jpg


こうすると、なんとなく全体像がみえてきます。

なるほどね〜

というわけで、バックナンバーの整理整頓をしてところで、北海道は中標津町遠征の写真の整理もちょうどおわったので、あしたから旅レポをおとどけしましょう。

たいへんおまたせしました。

おたのしみに〜〜〜





posted by オフィスまけ at 08:00| Comment(0) | 作品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年11月13日

*ほんとのママはゴールドマリーの自己推薦書3*プロレスウイルス第三波〜いけばわかるさ!ほんママへの道

※これは、けいちゃんが板橋雅弘さん作の『ほんとのママはゴールドマリー』の挿し絵をかくまでの笑いと涙の物語です。『ほんとのママはゴールドマリー』をチェックしてからお読みください。

(編集Hさん校閲のもと、けいちゃん本人が執筆しています。おたのしみください!)

ほんとのママはゴールドマリーの自己推薦書1プロレスウイルス第一波〜わたしはプロレスがすきだ

ほんとのママはゴールドマリーの自己推薦書2プロレスウイルス第二波〜やっぱりプロレスの絵本がやりたい!



やっぱりプロレス絵本がやりたい。

でも、もう伝説のプロレス絵本は、できている。

わたしができるフィールドはないか、、と普段使わない頭部で考え、、

パパがプロレスラーだったら、、ママだったらどうだろうか。普通に現役プロレスラーでママもいるし、引退して家庭をもっているプロレスラーもたくさんいる。

ママがプロレスラーだったら、どんな感じかな。

ごはんは、なに食べるだろうか。タンパク質多めだろうか。。保育園に送る時、遅刻しそうだったら、肩にのせて走ってくれるかな。親子のお話がいいな。

そして、、

あの!板橋さんに書いてもらいたい!

と、板橋さんにラブレターを書いたのです。


mk_211113_honmama.jpg


娘のレクの直後、4月末にはもう書いてました(笑)

それを、編集Hさんに伝えたら、、

「ふんふん、、。まずは私がお預かりしましょうか。私から板橋さんにお渡ししますよ。」と。

それからは、もうドキドキの日々です。

しばらくして、板橋さんから連絡がきたと

「とりあえず、いっしょにプロレス観にいきましょうか」

2019年8月8日 横浜文化体育館での「G1クライマックス29」を観にいったのです。

待ちあわせの1時間も前から、付近をうろうろして、プロレスバスの写真とったり、、おちつかないおちつかない。。

文体の前にロングの髪をたばね、ハットをかぶり、どんな遠くからでも、ただものではないオーラをだして颯爽と現れる板橋さん。

目立つ!

一緒にG1観るって、、、、、、

ぜいたくじゃん!!もう幸せすぎるな。

いや!ここで終わってはいけない!書いてくださいっていうんだ!

試合中、矢野選手の笑いも半分に。。

そして試合後、ごはんに。
 
伝説の神レスラーの名前が列挙されるプロレス話!

きいてるだけでもう、幸せすぎるな!

いやいや、、ここでも終わってはいけない!

いつきりだそうか、、と思っているうちに宴も折り返し地点、のとき、

編集Hさんが「じつは、もう、テキストをお預かりしてるんです。」

ええええええええええええええ〜!!

もう「ありがとうございます!ありがとうございます!!」しか言えず、

嬉しすぎて、横浜で迷子になり、三浦までどうやって帰ったのかあんまり覚えてないのです。


「『ほんママ』が『ほんママ』になるまで」 11月20日(土)公開へつづく




posted by オフィスまけ at 08:00| Comment(0) | けいちゃんのないしょばなし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年11月12日

なにしろ調理師免許をもっていますので食育ページにむいているかも?

たびたびおつたえしていますが、2022年度から、某月刊保育絵本の食育ページの企画構成を担当させていただくわけです。

でもって、レイアウトデータをおくっていただいたところ......


mk_211112_shokuikuicon.jpg


アイコンがかわいかったのでかってに載せてみました〜!

ところで、なにをかくそう(かくしてないけど)オレはですね、調理師免許をもっているのです!!!

だからね、きっと食育ページにむいている... かもしれません。

料理はふつうにしますが(けいちゃんと夕食は1日交代の当番制)じまんできるほどではないです。

(けいちゃんがTwitterでオレ非公認でハッシュタグ#まっさんごはんでアップしているのきょうみのあるかたはのぞいてみてね)

というわけで、車の免許をもっていながら、運転がだめなひとを「ペーパードライバー」というように、じぶんでは「ペーパー調理師」と自称しています。

でもまあ、料理のうまさと、食育ページのおもしろさは、ほとんどかんけいないので、全力でがんばりまーす!!!







posted by オフィスまけ at 08:00| Comment(0) | 制作中のはなし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年11月11日

手がきの原稿というかメモをイラレで清書するのです。

そろそろ、北海道は中標津の遠征レポをおとどけしたいのですが、まだ、写真の整理すらしていません......

2年4か月ぶりの遠征は、2泊3日で60分のライブが1本のみと、とってもゆったりのスケジュールだったので、めずらしく、しごとをもちこみました。

これまで絵本ライブ遠征では、けいちゃんは、たいてい、なにかしら、しごとをもっていっていましたが、オレはほとんど、遠征先でしごとをすることはなかったのです。

なんかね、スイッチがはいらないんだよね。

しかーし、さいきん、オフィスまけの近所の某ファーストフード店を第二のしごと部屋として、「そとでしごとをする」ことにすっかりはまってきたオレなのでね、中標津のホテルで原稿というかメモ?


mk_211111_tegakigenko.jpg


プリントアウトしてもっていった原稿に、じぶんしか読めないきたない字(おとといのブログ参照)でいろいろかきこんで、帰宅後にイラレ(Adobeのソフト)で清書するのでした〜

10月末までに、おおくりしますと約束していた原稿は、今週中にはおくれそうです。

もちろん、編集さんには、そのむね連絡済みなので問題はありません!

オレ、旅先でもがんばって、えらいねー!



posted by オフィスまけ at 08:00| Comment(0) | 制作中のはなし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする