\ ちょっとお知らせでーす /

☆絵本ライブ情報はホームページのイベントじょうほうで。
 依頼と問い合わせもオフィスまけホームページからおねがいします!
 
 みなさま、どうぞよろしく!


2016年07月01日

なんと『おかんとおとん』の裏設定をおしえちゃいます!<前編>

えー、きのうは『おかんとおとん』をよんだ親子からのファンレターを紹介しましたが、本日は『おかんとおとん』の裏設定をおしえちゃいます。

なんで、いまごろ?

そうおもったかたもいるでしょう。

なんでって?

発売から2か月以上たつけど、新聞・雑誌に書評が1コものらなくて、ぜんぜん話題にならなくて、さびしくって泣きそうだからです!

というわけで、『おかんとおとん』の裏設定をご紹介。

これね、ブックハウス神保町の原画展でも、制作秘話として展示したので、ブックハウスにいって、ちゃんとすみずみまでみてくれたかたは、ごぞんじかと。

ではでは、まずはお手もとに『おかんとおとん』を用意してください。

え? 持ってない?

持ってないってかたは論外です。

すみません。ご退場ください〜笑

ではでは、まずはこのページ(6〜7ページ)をひらいてください。

mk_160701_okaton_p0607.jpg

はい。「おかん」と「おとん」の出会いのシーンですねえ。

ちなみに、ふたりが出会った海辺の道の、モデルになった場所がこちら〜



函館の海辺の倉庫なんですねえ。

そして、釣りをする「若かりしおとん」の裏設定がこちら〜


 若かりしおとんはシーバス(スズキ)のルアー釣りにどっぷりはまっていたが、ときどき息ぬきでもするように、エサ釣りで小物をねらってあそんだ。
 この日は釣り友に「港の倉庫裏でシロギスがでるらしいよ」と聞いて、ジャリメ(ゴカイ)を買ってやってきたのだ。もちろん専用の竿もリールもなく、ふだん使っているシーバス竿とリールの使いまわし。クラーボックスはなくバケツにウエストバッグ。小物はダイソーで買ったプラスチックケース。ジェット天秤に針1本というシンプル仕掛けで勝負だ。
 釣りはじめてから1、2時間後。なにやら竿先に魚とはちがう重みをかんじて、ゆっくりリールをまいていると、若い女性のすがたが横目にはいった。
「おっ、向こうからかわいい女子が自転車で走ってきたぞ……」
 若かりしおとんは、背すじをのばして意識した。



こういう状況だったのです!

その後、ふたりは恋におちて、結婚して、男の子がうまれるわけですねえ。

ところで、「シーバス(スズキ)のルアー釣りにどっぷりはまっていた」若かりしおとんですが、好きな釣りの種類が年とともにかわっていきます。

お手もとの絵本のまえのページをひらいてください。

なにやら釣り道具をいじってますね。

ここでの設定は……

つづく〜〜〜


posted by オフィスまけ at 08:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 作品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする