\ ちょっとお知らせでーす /

☆絵本ライブ情報はホームページのイベントじょうほうで。
 依頼と問い合わせもオフィスまけホームページからおねがいします!
 
 みなさま、どうぞよろしく!


2018年10月21日

絵本の文のクラス3コマ6時間はたのしいです!!!

はい。きのうから第2期がはじまりました〜〜

ゆうゆう絵本講座・おはなし創りクラスです。

基本編と応用編。あらたに研究編もくわわって3コマ6時間!!!

さすがにしんどいかなあ〜とおもいましたが、やってみるとそうでもないですね。

パワフルな小学生相手の絵本ライブを2時間するより、だいぶらくちんってかんじです。

きのうから、あらたに基本編を受講してくださるかたが5名。

ちょっとさびしいですが講座生的には講評等が濃くなるはずなのでいい時間になるようにがんばります。


mk_181020_etsuyosisense.jpg


教室にぶらさがっているのは、絵本講座をきむらゆういちさんとたちあげた宮本えつよしさんの講座でつくったとおもわれるハロウィン人形???

えつよしさんのあそびごころは、絵本作家のなかでも断トツ(まっさん個人の感想です笑)なので講座でえられるものは無限でしょう。

そのてんオレは、きっちりした講座をしたいタイプなので(とはいえ脱線トークもかなりおおい...)だいぶ雰囲気がちがうとおもわれます。

なので、そのうちえつよし講座を勉強しにいこうかな〜と。

そうそう。ぜんぜんかんけいありませんが、午前の1コマをおえて、用意してくださったお昼ごはん。


mk_181020_lunch.jpg


けいちゃんがだいずきな焼きさばだったので画像をおくると、予想どおりうらやましくなったようで、キーーーッってな返事がきましたよ。

ゆうゆう絵本講座・おはなし創りクラス

つぎの募集は来年4月ですが、興味のあるかたは、ぜひぜひ見学にきてください。

どうぞよろしく〜〜〜





posted by オフィスまけ at 08:00| Comment(0) | イベントかんけい | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月20日

おくとパスで合格祈願なの??

きのうは、うちの中学3年女子の学校の文化祭でした。

合唱祭でもあるため、午後の3年生の合唱にあわせていったのですが、午前の部活紹介で美術部長の中3女子は、とちゅうでことばがつまって、

「なんだっけ?」

と、つぶやいてしまったそうです。

それをしっかりマイクがひろっていたそうです。

親ゆずりのあほっぷりでわらってしまいます。

美術部の展示では、こんな焼き物が......


mk_181019_okutopass.jpg


タコ。

オクトパス。

おくとパス......

えーと、受験生が机に「おく」と受験に「パス」するんだそうです。

なんてたって中3だからね。

これがうちの中3女子のオリジナルの発想なら、グッズをつくって、商標登録をして、がっぽりもうけたいところ。

でもね、 Googleで「置くとパス」と画像検索すると、でてくるでてくる「おくとパス」

うーん。残念。

ちなみに、ほかの作品も......


mk_181019_Qaricord.jpg


Qアーリコード。

って、やっぱりダジャレかーい!

こちらは、オリジナルのようですが、これでいいのか美術部長。

なにはともあれ、ぶじに文化祭がおわって、中3女子はいよいよ受験モードへ。

おくとパスを机において。

がんばれがんばれ〜〜〜!!!

(ちなみに作品は卒業まで学校に保管となっているようです。なので中3女子の「おくとパス」は同級生全員のために活躍してくれるでしょう。)

さてさて、本日はゆうゆう絵本講座・おはなし創りクラスです。

こんかいから講座は3コマ(1コマ2時間)ですが、わたくしは体力がもつのでしょうか?

ではでは、がんばっていってきまーす!!!



posted by オフィスまけ at 08:00| Comment(0) | (ま)と(け)のふつうの生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月19日

平和をねがって名がついた平和島です。

10月13日の美奈見ここわ保育園絵本ライブ&ワークショップ。

JR大森駅にむかう帰り道で巨大なニセゴイシウツボに遭遇したわけですが、行きは京浜急行の平和島駅からタクシーでした。

ところで、帰宅後にちょっと気になったのは「平和島」という地名の由来。

競艇場があることで、東京と近郊にすんでいるかたなら、どこかで耳にしたことがある地名だとおもわれます。

でも、その名の由来をしるかたは、あんがいすくないのではないでしょうか?

わたくしが、みなさんにおおしえしましょう!!!

(なぜか上から目線)


mk_181016_heiwajima.jpg


東京は大田区の平和島。

いまは地つづきになっていますが、もともとは戦前に埋め立てがはじまった人工の島なんだそうです。

つまり、古くからの地名ではないわけですが、なぜ「平和」と?

戦前に埋め立てがはじまった人工の島。

戦時中は捕虜を収容所があったそうです。

そして、戦後は戦犯の収容所にもなっていたことから、二度と戦争がないように祈りを込めて「平和島」とよばれるようになったそうです。

そんな歴史があったとは。

平和島。

かなしくもすてきな地名なのでした......



posted by オフィスまけ at 08:00| Comment(0) | (ま)のひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月18日

いつのまにかテレビ局の下にいた国土社でした。

きのうはメオト上京日。

まずは松屋銀座の猫のダヤン35周年原画展へ。

まっさんもけいちゃんも、じつはダヤンについてはほとんど知識がないのですが、作者の池田あきこさんがだいすきなので、ちょこっとあいにいってきたのです。

初日とはいえ平日だからか、会場内はあんがいすいていて、繊細な原画をゆっくりみて。

唯一撮影がOKのところでも、

mk_181017_dayan_phspot.jpg

ひとだらけってこともなく。

なんでかねえ〜なんておもいつつ会場をでると、その理由が判明するのでした。

なんとまあグッズ売り場は大混雑。

レジ待ち&池田あきこさんのサイン待ちの長蛇の列。

ダヤンファンのみなさんは、展示はあとまわしに、お気にいりのグッズをもとめて殺到していたのでした。

そんなこんなで、パワフルにサインをしているあきこさんのとなりのスタッフさんにおみやげをわたして、あきこさんにひとことあいさつをして退場。

すごいなあ。

キャラクターが売れるっていうのは、ああいうことをいうんだなあ。

というか、気さくなあきこさんなので、これまでふつうにせっしていましたが、「めちゃくちゃすごいひとなんじゃん!」と認識しなおすのでした。

つづく予定は銀座で諸国漫遊の旅。

こちらは、またそのうちブログにアップするとして、銀座から地下鉄丸ノ内線で御茶ノ水へ。

やってきたのは国土社です。


mk_181017_kokudoBS11kanban.jpg


いつのまにか親会社がテレビ局(BS11)になっていた国土社。

オフィスまけとは縁がないけれど理論社もおなじくBS11の子会社で、国土社とおなじフロアで本をつくっていましたよ。

国土社近況をきいたら、ことばあそび絵本シリーズの新作の打ちあわせ。

体制がかわったため、シリーズとはいえ企画をとおすのがたいへんそうでしたが、たぶん来年夏には出版できるでしょう。

どんなことばあそびかは、まだまだナイショです。

おたのしみに〜〜〜



posted by オフィスまけ at 08:00| Comment(0) | 制作中のはなし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月17日

三浦市立南下浦小学校で絵本ライブはさくらの紙芝居もね〜〜

はい。きのうは地元、三浦市立南下浦小学校で絵本ライブでした〜!

けいちゃんがだいすきな、こやま校長先生がいるのでまっさん的にはたいへんありがたいです。

(おえかき担当のけいちゃんは気分屋さんなので....)

でもって、けいちゃんはこやま先生とばかりおしゃべりしているので、昨年につづき図書ボランティア「さくらんぼ」さんと交流する場面がまるでなく、すみませんです。

こんかい担当してくださったT先生は、うちの中学3年女子が小学4年生だったときに担任だった(娘の母校から異動してきた)こともあり、まっさんも先生とばかりおしゃべりして、とても失礼なメオトですみませんです。

と、ひととおり、いいわけをしつつ。

南下浦小学校の絵本ライブは、体育館にて全校対象、5校時の45分。

セットリストはこんなかんじ〜〜


1.『ぱんつくったよ。』
2.『かいていとっきゅう しんかいせん』
── ライブおえかき「これはだれのおうちかな」
── けいちゃんのライブペイント「さくらさくら」
3.紙芝居『みうらのさくらのものがたり』


mk_181016_nansho.jpg
△PCオペレーターは昨年とおなじくF先生


「これはだれのおうちかな」は、おうち絵本感想画コンテスト絵本ライブのためにかきおろしたネタ。

『みうらのさくらのものがたり』は、8月の(まっさん的に)伝説となった地元で初の一般公開ありの絵本ライブでおひろめしたオリジナル紙芝居。

といったぐあいに通常よりややマニアックなセットリストになっております。

子どもたちは、とてもおちついた反応で、ひじょうにやりやすく、体力の消耗がすくなかったです。

(小学校でのライブはときに動物園状態となりはげしく体力を消耗する)

もちろん「おちつかない状態」がわるいという意味でもなく、それぞれの小学校でまいかいたのしませてもらっています。

南下浦小学校。

来年もあるかな?

校長先生がかわらなければ、来年もあるだろうね。

(地元では授業時間をさいてもらう前提で依頼をひきうけているので校長先生のひと声でほぼ決定する)

そして、こやま先生がだいすきなけいちゃんは、終始にこやかでいることでしょう。

めでたしめでたし。なんのこっちゃ。

そんなこんなで、南下浦小学校のげんきな子どもたち、図書ボラさくらんぼのみなさん、こやま校長先生ほか、先生がたに感謝です。

ありがとうございましたっ!!!

さてさて、本日はメオト上京日。

ダヤンの池田あきこさんにあいに銀座にいってから、またまた引っ越した(オフィスまけがおつきあいさせてもらうようになって3回目)国土社へ、例のシリーズの新作の打ちあわせにいってきます。

がんばるぞー!

おーーーっ!!!



posted by オフィスまけ at 08:00| Comment(0) | イベントかんけい | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月16日

でっかいおえかき「しんかいせんと うみの(なかの)まち」はすばらしかったです!!!

はい。きのうからつづいています。

東京は大田区の美奈見ここわ保育園。10月13日の絵本ライブ&ワークショップレポートでーす!

45分の絵本ライブ終了後は、10分ほど休けいをはさんでワークショップ。

とつぜんですが、オフィスまけはワークショップはあまり得意ではありません。

昨年は絶賛売り出し中だった『いぶくろちゃん』の「いぶくろちゃんをつくろう」ワークショップを何回かやりましたが、そのほかは「ことばあそび教室」「8ページえほんづくり」「でっかいおえかきたいかい」のどれか。

それも、たいていは絵本ライブとセットで「ワークショップのみ」で依頼をひきうけることは、ほぼありません。

そんなこんなで、ちょっと自信がないワークショップですが、美奈見ここわ保育園の「でかいおえかきたいかい」はなかなかの完成度でした〜!!!

ライブのさいごの『かいていとっきゅう しんかいせん』からの〜


mk_181013_kokowa_sinkaisen1.jpg


模造紙をはりあわせたでっかい紙に、こーんなかんじのコンテをもとに、けいちゃんが墨でささーっと下絵をかいて。

タイトル「しんかいせんと うみの なかの まち」が「しんかいせんと うみの まち」に。

「ここわほいくえん」が「ここわようちえん」になってしまったのは、けいちゃんのおとぼけとして。

墨の下絵に、子どもたちや先生、保護者のみなさんもいっしょに、自由に絵をくわえていきます。


mk_181013_kokowa_sinkaisen2.jpg


でもって、約1時間でしあがった、みんなでつくった作品はこちら〜〜


mk_181013_kokowa_sinkaisen3.jpg


どうよ?

なかなかの完成度でしょ?

ぶっちゃけアートより絵本作家のワークショップでは、作品もアートよりで「子どもらしさ」がかけていることがおおい気がします。

もちろん「そこがいい!」という意見もあるとおもいますが、まっさんとけいちゃんは「子どもがかいた子どもの絵」がだいすきです。

ま、アートによせようとしても、アート要素が皆無のふたりなので、どうにもならないってのもありますが、こんかいはとってもいい作品になったとおもっています。

でもって〜〜


mk_181013_kokowa_sinkaisen4.jpg


やのっち園長がすぐに玄関の壁にはってくれました〜!!!

わーい!

わーい!


mk_181013_kokowa_sinkaisen5.jpg


どうよ?

なかなかいいでしょ?

「でっかいおえかきたいかい」は、けいちゃんピンでの依頼もひきうけています。

ぜひぜひ、おきがるにホームページから問いあわせください。

以上でレポートはおしまい。

美奈見ここわ保育園のげんきいっぱいの子どもたち、保護者のみなさん、先生がた、そして古いつきあいのやのっち園長に感謝です。

ありがとうございましたっ!!!

また、あそぼうね〜〜〜

そして、本日は地元、三浦市立南下浦小学校で全校対象の絵本ライブです。

がんばるぞー!

おーーーっ!!!




posted by オフィスまけ at 08:00| Comment(0) | イベントかんけい | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月15日

美奈見ここわ保育園のやのっち園長とはじつに6年のおつきあい。

はい。10月13日の絵本ライブ&ワークショップレポートでーす!

おじゃましたのは、東京は大田区の美奈見ここわ保育園

園長先生のやのっちとは、じつに6年のおつきあい。

6年まえに飛騨古川の絵本ライブのいちスタッフだったやのっちは、いつのまにか東京にでてきて、いつのまにか園長先生になっていました。

名古屋メルヘンハウスからの飛騨古川長編レポートはこちら

「ファンです」なんて、いってくれるかたはけっこういますが、継続して絵本ライブやサイン会に足をはこんで、ながーいおつきあいにいたるひとは残念ながら少数です。

そんななかで、やのっちはずーっとつながっていてくれて、であって6年で主催者となってよんでもらって、いやあ、ありがたいですねえ。

まえおきは、このぐらいにして120分の絵本ライブ&ワークショップ。

まずは第1部の絵本ライブ。45分のセットリストはこんなかんじ〜


1.『どんどんめんめん』
── フリップネタ「どんぶりたべよう○○どん」
2.『みかんのめいさんち』
── うた「みかんのめいさんち」
── ライブお絵かき「みかんのかんかんクイズ」
3.『かいていとっきゅう しんかいせん』



mk_181013_kokowa_livesinkaisen.jpg



『しんかいせん』でおわるとは、ちょっとかわったセットリスト。

なぜなら、ワークショップの「でっかいおえかき」につづくからで、でっかいおえかきのタイトルは「しんかいせんと うみの なかの まち」なのです!!!

あしたへつづく〜〜〜



posted by オフィスまけ at 08:00| Comment(0) | イベントかんけい | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月14日

けいちゃんの頭よりぶっといニセゴイシウツボがいるのはどこでしょう?

とつぜんですが、ここはいったいどこでしょう?

商店街をあるいていると、とつじょあらわれたニセゴイシウツボ。

水族館でよくみかける、けっしてめずらしいおさかなではありませんが、こんなにでっかいのは記憶にありません。

あまり巨大なので「それがニセゴイシウツボであること」を理解できなくて、いっしゅん「なにこれ?」となった自称さかなクソのまっさんです。

けいちゃんの頭よりぶっといニセゴイシウツボ。


mk_181013_kei514utsubo.jpg


こいつがいるのはどこでしょう?

ここは、きのう絵本ライブ&ワークショップでおじゃました東京は大田区の美奈見ここわ保育園から、JR大森駅へむかう商店街の途中。

MEGAドン・キホーテ大森山王店の店頭です。

客よせ用の水槽なのかなあ。

魅力的なおさかなはいろいろいますが、巨大なニセゴイシウツボをメインにもってくるセンスがじつにドン・キホーテらしいです。

なーんて、ドン・キホーテで買いものなんて、かれこれ10年ぐらいはしていないし、そのセンスなんて知るよしもありませんが、びっくりニセゴイシウツボでした。


mk_181013_donki_514utsubo.jpg


ドン・キホーテのキャラクター「ドンペン」も同居していて、違和感ありまくりでおかしかったです。

そんなこんなのたのしい1日。

美奈見ここわ保育園のレポートはあしたおとどけします。

おたのしみに〜〜〜



posted by オフィスまけ at 08:00| Comment(0) | イベントかんけい | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月13日

でっかいおえかきは「しんかいせんと うみの なかの まち」だよ〜!!!

本日はひさしぶりの絵本ライブとワークショップ。

東京は大田区の美奈見ここわ保育園におじゃまします。

ワークショップは『かいていとっきゅう しんかいせん』からのでっかいお絵かき。

模造紙をはりあわせたでっかい紙。

縦2m60cm×横2m90cmに子どもたちとお絵かきをしますよ。

まずはけいちゃんが〜


mk_181013_sinkaisen_umitown.jpg


まっさんコンテをもとに墨でさささ〜〜っと下絵をかいて。

子どもたちがそれに絵をくわえていきます。

ワークショップはあまり得意じゃないオフィスまけですが、けいちゃんのでっかいお絵かきは、けっこうもりあがりますよ。

『しんかいせん』ネタは、8月にけいちゃんピンではじめてやってからの2回め。

まっさんははじめてなので、とってもたのしみです。

ではでは、いってきまーーす!!!



posted by オフィスまけ at 08:00| Comment(0) | イベントかんけい | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月12日

キミは少年写真新聞社をしっているかい?

たびたびおつたえしている少年写真新聞社より11月中旬刊行の絵本。

タイトルは『さかなちゃん』です!

ところで、みなさん、少年写真新聞社ってしってましたか?

児童書出版社としては、けっしてメジャーではない版元ですが(すごいしつれいだなあオレ....)、じつは、おおくのかたが、その「しんぶん」をみたことがあるはずです。

小学校の職員室や保健室のまえあたりにはってある壁新聞。

児童の手作りのじゃないよ?

カラーで写真がいっぱいの「しんぶん」をみたことありませんか?

こんなのだよ......


mk_181012_shonennews.jpg
(画像は少年写真新聞社HPより)


ね!

みたことあるでしょ。

そうなのです。

少年写真新聞社は、全国の小学校や幼稚園・保育園などに掲示用の新聞を刊行しているのです。

まっさんも、けいちゃんも、小学校のころにみた記憶がありますよ。

けいちゃんはかなり熱心な読者だったようで、いろんな記事をおぼえいていました! すごい!

その記憶力をほかにつかえってかんじですが、むかしから子どもの記憶にのこるすてきな紙面をつくりつづけているってことだね。

そんな出版社としごとができてうれしいぜ〜〜!!!

『さかなちゃん』をどうぞよろしく〜〜〜




posted by オフィスまけ at 08:00| Comment(0) | 制作中のはなし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする